ホーム > 雑誌・書籍を読む > 広告・メディア > 広告コピーってこう書くんだ!読本

広告コピーってこう書くんだ!読本

コピーの考え方がぎゅっと詰まった237ページ

¥ 1,980(税込)

カートに入れる アマゾンで買う

広告コピーってこう書くんだ!読本

商品の説明

新潮文庫「Yonda?」、「日テレ営業中」などの名コピーを生み出した、コピーライター・谷山雅計。20年以上実践してきた”発想体質”になるための31のトレーニング方法を紹介。宣伝会議のロングセラー。

目次

序章 はじめに「発想法ではなく、発想体質を」。

・「なんかいいよね」禁止。

第1章 生きたコピーの書き方。

・なぜ「たくさん」書かなければいけないか。
・一晩で100本コピーを書く方法。
・ボディコピーの書き方(超カンタン版)。
・なぜ「短く」書かなければいけないか。
・「描写」じゃない。「解決」なんだ。
・人はコピーでウソをつく。
・「アイラブ東日本」のウソ。
・書き手のヨロコビ、受け手のヨロコビ(二毛作ジェルのワナ)。
・葉っぱから森をつくろう。
・おじいちゃんにプレゼントを選ぼう。

第2章 もっと伝えるために。

・「原稿用紙」から世の中へ。
・みんなが言いたいことを言わせてあげる。
・オールブラックス115-0日本代表
・スキがあるほうが、よくモテる。
・カタチだけの納得。ホントウの納得。
・ポジティブでなければ、ネガティブアプローチじゃない。
・いいメチャクチャ、悪いメチャクチャ。
・ダメ出しを制約と思うか、ヒントと思うか。
・本当にすごいアイデアって(小さな工夫)。

第3章 コピーを超えるコピー。

・正論こそサービス精神をもって語ろう。
・「1対1」と「1対100万」の違い。
・企画書だけうまくなってはいけない。
・そりゃそうだ。そういえばそうだね。そんなのわかんない。
・「好きだから、あげる。」は、なぜ名コピーなのか?
・80年代は納得の時代、90年代以降は空気の時代。
・剣豪コピーと将軍コピー。
・言葉はキャラクターである。
・平凡と非凡。平凡と普遍。

第4章 広告的「アタマのよさ」。

・「くり返すことができる」が、プロ。
・エンジンとガソリン。

登録情報

単行本: 256ページ
出版社: 宣伝会議
ISBN/JANコード: 978-4-88335-179-4
発売日: 2007/05/15
商品の寸法: 四六版上製

広告コピーってこう書くんだ!読本

コピーの考え方がぎゅっと詰まった237ページ

¥ 1,980(税込)

カートに入れる アマゾンで買う
広告コピーってこう書くんだ!読本

クチコミ・コメント

宣伝会議