月刊広報会議 2012年3月号

¥ 1,234(税込)

アマゾンで買う

月刊広報会議 2012年3月号

※ すでに定期購読中の方がデジタル版をご利用いただくには、利用申請が必要です。
こちらの案内に従い、お手続きください。

企業210社に独自リサーチ 成長企業の広報戦略


 ※画像をクリックすると拡大表示されます。

2011年は多くの企業にとって、いろいろな意味で変化の年だった。そして、人々や社会の価値観や考えが変わった現在、“これまで通り"の活動では立ち行かなくなることもあるだろう。

広報部門はこれから自社の活動、そして戦略をどのように考えていけばよいのか。本特集では、企業210社に独自リサーチ。活動の現状、そして課題をあぶり出した。各社各様の活動を俯瞰することで、あらためて自社の広報はどうあるべきか、新たな戦略策定に向けて考えるきっかけにしていただきたい。

この特集の目次

  • 広報部門の組織:人数、男女比、最長経験年数、組織改革の内容など
  • 広報部門の活動内容、業務内容
  • メディアリレーション:メディア向け活動内容の内訳、年間メディア掲載数、年間のリリース本数、年間の記者発表開催件数など
  • PR業務の外部委託状況:予算と委託内容
  • 広報部門の社内情報共有:経営トップとの打ち合わせ回数、他部門との情報共有方法、リスク発生時の対応など
  • ウェブ対応:専任担当の有無、ウェブリニューアル予算とリニューアル検討時期
  • ソーシャルメディア:運用するアカウント、ソーシャルメディアポリシーやガイドラインの有無、活用課題など
  • 広報ツール:制作物の内訳、広報誌の発行サイクルと読者対象
  • 社内広報:活動内容、目的と課題など
  • 広報効果測定:効果測定の実施有無、測定方法、課題など
  • リスク管理:メディアトレーニングやリスク管理研修の実施有無など
TOPICS
  • ソーシャルメディア活用効果最大化のキーパーソン  CUUSOO SYSTEM、KDDI、世界銀行東京事務所、ソフトバンクモバイル、DELL、日本IBM、日本オラクル、フィリップエレクトロニクス ジャパン、マイクロソフト(米国本社)
  • いま、インナーコミュニケーションが重要視される理由  佐藤尚之(ツナグ)、木村伸幸(デロイト トーマツ)、八木祥和(博報堂)
調査概要
  • 調査方法:郵送、メール、ファックス
  • 調査期間:2011年12月~2012年1月
  • 有効回答数:210社(旭化成、江崎グリコ、エステー、キヤノンマーケティングジャパン、九州旅客鉄道、キリンビール、クレディセゾン、小林製薬、西友、東レ、日清オイリオグループ、日清食品ホールディングス、日本生命保険相互会社、日本電気(NEC)、日本マイクロソフト、ハウス食品、パナソニック、日立製作所、ファンケル、本田技研工業、ミクシィ、ヤクルト本社、ヤフー、ヤマトホールディングス、ライオン、リクルートほか)
  ※調査は、広報会議編集部の独自リサーチです。

経営視点で考える 広報部長60人の方針 注力テーマは、ステークホルダー・インナー・グローバル


 ※画像をクリックすると拡大表示されます。

大手企業を中心に、コミュニケーション活動に力を入れる60社の広報責任者が語る2012年の方針。経営参謀である広報が、今年注力するテーマから企業の成長戦略がうかがえる。

広報部長 登場企業

アイ・エム・ジェイ、アウディジャパン、旭化成、アサヒグループホールディングス、アフラック、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc、江崎グリコ、エステー、NTTデータ、沖電気工業、学研ホールディングス、ガリバーインターナショナル、キーコーヒー、クボタ、クラレ、グリー、京王電鉄、コーセー、サイバーエージェント、サッポロホールディングス、ジェイアイエヌ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、大和ハウス工業、タカラトミー、宝島社、タニタ、ディー・エヌ・エー(DeNA)、東京急行電鉄、TOTO、東レ、ドクターシーラボ、西日本鉄道、日本オラクル、日本生命保険相互会社、日本電気、日本ヒューレット・パッカード、日本マイクロソフト、ニューバランス ジャパン、野村総合研究所、パイオニア、ハウス食品、パナソニック、日立製作所、ファンケル、富士ゼロックス、富士ソフト、富士フイルムホールディングス、不二家、プランタン銀座、ベネッセホールディングス、三菱地所、村田製作所、森ビル、安川電機、ヤフー、ヤマトホールディングス、ライオン、リクルート、リコー、リンガーハット

  • 「なぜ富士フイルムが?」の疑問を信頼に変える 富士フイルム
  • 正しく思いを伝えるためにトップが自らメディアで発信 ヤマトホールディングス
  • 実名で発信することで得られた顧客からの共感 日本航空
  • 震災の現場で学んだマスコミ対応と情報発信の覚悟 石巻赤十字病院

青山広報会議 : 企業・自治体が一緒につくる 「住みたくなる街」のブランド


 ※画像をクリックすると拡大表示されます。

新興住宅地の販売合戦や新たに敷設した鉄道の沿線の宣伝、さらにはかつて賑わいのあった地域の再開発まで、「生活の場」としての街の魅力を高めるために多種多彩な組織が関わっている。そこで今回は、街のPRに携わる行政、デベロッパー、研究者が集まり、観光集客とは異なる"住みたくなる街"をどう伝えるかについて語り合った。

  • 伊藤香織  東京理科大学 理工学部建築学科 准教授
  • 河尻和佳子 流山市役所 総合政策部マーケティング課 シティセールス推進室 報道官
  • 白鳥奈緒美 東京急行電鉄 都市生活創造本部 事業統括部 企画開発部 企画担当 主査

特集 : 企業210社に独自リサーチ 成長企業の広報戦略

  • 広報部門の組織:人数、男女比、最長経験年数、組織改革の内容など
  • 広報部門の活動内容、業務内容
  • メディアリレーション:メディア向け活動内容の内訳、年間メディア掲載数、年間のリリース本数、年間の記者発表開催件数など
  • PR業務の外部委託状況:予算と委託内容
  • 広報部門の社内情報共有:経営トップとの打ち合わせ回数、他部門との情報共有方法、リスク発生時の対応など
  • ウェブ対応:専任担当の有無、ウェブリニューアル予算とリニューアル検討時期
  • ソーシャルメディア:運用するアカウント、ソーシャルメディアポリシーやガイドラインの有無、活用課題など
  • 広報ツール:制作物の内訳、広報誌の発行サイクルと読者対象
  • 社内広報:活動内容、目的と課題など
  • 広報効果測定:効果測定の実施有無、測定方法、課題など
  • リスク管理:メディアトレーニングやリスク管理研修の実施有無など

経営視点で考える 広報部長60人の方針 注力テーマは、ステークホルダー・インナー・グローバル

登場企業

アイ・エム・ジェイ、アウディジャパン、旭化成、アサヒグループホールディングス、アフラック、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc、江崎グリコ、エステー、NTTデータ、沖電気工業、学研ホールディングス、ガリバーインターナショナル、キーコーヒー、クボタ、クラレ、グリー、京王電鉄、コーセー、サイバーエージェント、サッポロホールディングス、ジェイアイエヌ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、大和ハウス工業、タカラトミー、宝島社、タニタ、ディー・エヌ・エー(DeNA)、東京急行電鉄、TOTO、東レ、ドクターシーラボ、西日本鉄道、日本オラクル、日本生命保険相互会社、日本電気、日本ヒューレット・パッカード、日本マイクロソフト、ニューバランス ジャパン、野村総合研究所、パイオニア、ハウス食品、パナソニック、日立製作所、ファンケル、富士ゼロックス、富士ソフト、富士フイルムホールディングス、不二家、プランタン銀座、ベネッセホールディングス、三菱地所、村田製作所、森ビル、安川電機、ヤフー、ヤマトホールディングス、ライオン、リクルート、リコー、リンガーハット

  • 「なぜ富士フイルムが?」の疑問を信頼に変える 富士フイルム
  • 正しく思いを伝えるためにトップが自らメディアで発信 ヤマトホールディングス
  • 実名で発信することで得られた顧客からの共感 日本航空
  • 震災の現場で学んだマスコミ対応と情報発信の覚悟 石巻赤十字病院

青山広報会議 : 企業・自治体が一緒につくる 「住みたくなる街」のブランド

  • 伊藤香織  東京理科大学 理工学部建築学科 准教授
  • 河尻和佳子 流山市役所 総合政策部マーケティング課 シティセールス推進室 報道官
  • 白鳥奈緒美 東京急行電鉄 都市生活創造本部 事業統括部 企画開発部 企画担当 主査

特別レポート

企業タイプ別に見る ウェブ広報 効果的な実践法
PR TIMES/大和ハウス工業/シンクランチ

レポート 未曾有の震災、その時、広報は役に立ったのか

電通パブリックリレーションズ+立教大学

連載

【メディア】

  • [広報コミュニケーションパートナー一覧]
  • [テレビ・雑誌の人気コーナーの裏側]
    メディア・シェイカーズ『R25』「ヒットの舞台ウラ」
  • [コーポレートサイト運用白書]
    JX日鉱日石エネルギー

【PR】

  • [PRジャーナル]
  • 広報界の才媛
     エアーエンタテインメント 鶴田実知代
  • 広報 "私" 流
     農家・野菜ソムリエ 藤田浩志
  • [PRイベント]
  • [ 経営を変える広報]
     ウィラーアライアンス 村瀬茂高
  • [小さなお店を流行らせる広報術]吉野信吾
     ベタこそ本当の意味での口コミ
  • [地域における広報の重要性]河井孝仁
  • ポータルガバメントという発想
  • 広報最前線  経済広報センター/日本広報学会
  • [47都道府県NEWS] 福岡市
  • [PRキャラクターファイル] うながっぱ
  • [ 広報部をつくろう!
     静岡県東京観光案内所リニューアル]
  • [ 新任広報のためのプレスリリース道場]井上岳久
  • [ 実例編]キャラクター・コラボレーションのリリース
     ハウス食品
  • [ソーシャルメディアの身につけ方]熊村剛輔
  • 「話す」ために考えること―「発信側のペルソナ」作り
  • [嶋浩一郎のいじられ力養成講座] 
     ネットニュース
  • [OFFICE INNOVATION] 
     竹中工務店

【リスク】

  • [ 社員教育に役立つ法律講座] TIM総合法律事務所 中村勝彦
     発展するデジタル技術やニュービジネスこそ
     「著作権」に注意すべし
  • [ 失敗実例・不祥事の想定被害]白井邦芳
     隣国での有事発生!
     宣戦布告を目前に旅行会社は何ができるのか?
  • [ 謝罪会見の手際]川野憲一
     事例にみる「想定外を想定」した対応 
     これぞ不祥事報道の二次被害を防ぐ「原則」
  • [デジタルコンテンツの著作権Q&A]
     著作権者の確認なしで掲載可能であるネット掲載も
     事前の基準確認は必須
  • [デジタルコンテンツの著作権Q&A]
     著作権者の確認なしで掲載可能であるネット掲載も
     事前の基準確認は必須

【IR】

  • [ 海外のIR最新事情]米山徹幸
    株式取引に規制強化を求め、投資家マーケティングに走る
  • [ 谷本有香キャスターのIR観]谷本有香
    「飛ばし」は結果的に大きな痛みにつながる

【Column】

  • Books
  • Information
  • [ 広報はじめて物語]井出留美

登録情報

出版社:
ISBN/JANコード:
発売日: 2012/02/01
商品の寸法:

月刊広報会議 2012年3月号

¥ 1,234(税込)

月刊広報会議 2012年3月号

クチコミ・コメント

宣伝会議