月刊広報会議2020年12月号

「理念」転換期を乗り越えるコミュニケーション

¥ 1,300(税込)

カートに入れる アマゾンで買う

月刊広報会議2020年12月号

※ すでに定期購読中の方がデジタル版をご利用いただくには、利用申請が必要です。
こちらの案内に従い、お手続きください。

【巻頭特集】
社会の評価を社員の元気に
「理念」転換期を乗り越える
コミュニケーション

  • GUIDE
    ミッション策定、浸透に必要なことは
    コロナ禍の“今”こそ原点に立ち戻ろう
    岩田松雄(リーダーシップ コンサルティング代表)
  • CASE(1)小松製作所(コマツ)
    企業DNAを「コマツウェイ」で継承
    社員の実態に沿う「事例」が浸透の要
  • CASE(2)住友商事
    住友商事グループのDNAを言語化
    3年かけ編み出したコーポレートメッセージ
  • 対談
    コロナ禍は存在意義を再確認するチャンス
    理念を可視化させ、“バトン”つなぐ
    マザーハウス×坂ノ途中
  • CASE(3)イノセントジャパン
    イノセントらしさが生まれる方法
    日常的な思考の根底に「理念」を
  • CASE(4)オールバーズ
    CO2排出量を商品別に公開
    サステナブルを軸としたシューズ、著名人も支持
  • 対談
    飲食店、非常事態下の即対応
    その背景にあった、企業の志とカルチャー
    スープストックトーキョー×トリドールホールディングス

【特集2】
建学の精神が浸透する
大学広報ケーススタディ

  • 対談
    大勢の関係者に理念を浸透させるには
    宣言、そして巻き込む仕組みが鍵
    法政大学×セブン&アイHD
  • GUIDE
    コロナで崩された「ノーマル」
    今こそ「理念」に立ち返る企業と大学
    石川淳(電通)
  • CASE(1)神奈川大学
    創立当初からの「教育は人を造るにあり」
    “想い”はダイバーシティ宣言で結実する
  • CASE(2)長野県立大学
    グローバルで活躍する人材育成目指し
    起業を促す空気をまち全体で醸成する
  • CASE(3)京都大学
    新スローガン「京大力、新輝点。」通じ
    「自由の学風」その浸透をもう一度
  • メディア研究室 特別編
    近畿大学 総合社会学部 金井啓子 ゼミ
  • COLUMN
    三重大学の忍者研究
    地域社会に貢献する知の拠点に
    山田雄司(三重大学 教授)

【特集3】
従業員の一体感を高める
理念浸透のステップ

  • GUIDE
    ブランドステートメントを「パーパス化」して
    劇的に社内浸透させてみませんか?
    神谷準一(神谷製作所 代表取締役)
  • OPINION
    社員をひとつにする「企業ステートメント」
    手紙のように思いを込めて紡がれた言葉
    岡本欣也(コピーライター・クリエイティブディレクター)
  • ニューノーマルでも一体感を!
    理念を社員が意識できる工夫とは?
    西友/ヤマトグループ

【PR JOURNAL】

  • 社員を巻き込む 社内報のつくり方
    中部電力
  • 周年イヤーの迎え方
    明星食品
  • 大学広報ゼミナール
    追手門学院大学
  • 疫病と広報史
    国枝智樹(上智大学 准教授)
  • 企業倫理から考える広報
    杉本俊介(大阪経済大学 准教授)
  • 社会の空気分析と広報
    佐野幸恵(筑波大学 助教)
  • 広報メディア温故知新
    飯田豊(立命館大学 准教授)

【記者の本音からリリース術まで
MEDIA TOPICS】

  • メディアの現場から
    ・ハースト婦人画報社『婦人画報』
    ・文化放送『村上信五くんと経済クン』
  • 記者の行動原理を読む広報術
    松林 薫(ジャーナリスト)
  • 実践!プレスリリース道場
    エクサウィザーズ
    井上岳久
  • 元ディレクターが教える
    テレビ番組制作者の本音
    下矢一良(PRコンサルタント)

【新たな情報流通とコンテンツ
DIGITAL TOPICS】

  • オウンドメディアの現場から
    ソニー・ミュージックエンタテインメント
    「Cocotama」
  • データで見るPR動画の効果
    江崎グリコ/京都府福知山市/日清食品 ほか
  • ウェブリスク24時
    SNS上の誹謗中傷への組織的声明
    鶴野充茂(ビーンスター)

【広報担当者が知っておきたい
RISK MANAGEMENT】

  • 危機管理に詳しい弁護士が解説
    リスク広報最前線
    浅見隆行(弁護士)
  • 小説で学ぶクライシス対応
    「広報担当者の事件簿」
    佐々木政幸(アズソリューションズ)

【企業に求められるサステナビリティ
IR・CSR TOPICS】

  • ある日、IR担当者になったら…
    IRの学校SEASON2
    大森慎一(バンカーズ)
  • 担当者が語るIRの現場
    東京応化工業
  • SDGs実践ノート
    auじぶん銀行

【地域を変える発想とは
地方創生とPR】

  • 地域メディアの現場から
    さくらんぼテレビジョン
    『昼ドキ!TV やまがたチョイす』
  • 地域活性のプロが指南
    鳥巣智行(電通Bチーム 長崎市広報戦略アドバイザー)

【NEWS&DATA】

  • 広報会議 パートナー一覧
  • 広報担当者のための企画書のつくり方入門
    コロナ禍で重視される採用PRの
    企画書を書きたい!ポイントは?
    片岡英彦
  • 広報最前線
    ・経済広報センター
    ・日本広報学会
    ・日本パブリックリレーションズ協会
  • PRイベントの効果
    日本コカ・コーラ/東洋水産/明治 ほか
  • 映画で学ぶ広報術
    『SCOOP!』
    野呂エイシロウ(放送作家・PRコンサルタント)
  • BOOKS

【TOPICS】

  • 理念浸透のニューノーマル
    「オンライン社員総会」で行動変容を起こす
    タノシナル
  • 質が問われる
    オンライン社内イベント
    ブライトコーブ
  • 広報業務が変わる!
    PRのデジタルトランスフォーメーション
    プラップノード
  • データで読み解く企業ブランディング
    企業広報戦略研究所
  • 次世代の“広報の仕掛人”に聞く
    プラップジャパン
  • 社会情報大学院大学
    理念と行動を社会と共有し、
    組織を導く広報・情報人材(修士)を育成

登録情報

雑誌: 144ページ
出版社: 宣伝会議
ISBN/JANコード: 4910137931206
発売日: 2020/10/30
商品の寸法: A4変型判

月刊広報会議2020年12月号

「理念」転換期を乗り越えるコミュニケーション

¥ 1,300(税込)

月刊広報会議2020年12月号

クチコミ・コメント

宣伝会議