いつでも視聴できる

オンデマンド配信

スマートフォンで完結!
社内外で使える
動画撮影編集・発信講座

スマートフォンだけを使って動画発信が
手軽に行えるスキルを身に付ける

動画のスキルがないからと、
発信すること自体も諦めていませんか?

コロナ禍を経て、あらゆる業態で対面をベースにした販促手法が見直されている中、一際存在感を示しているのが「動画」を活用したマーケティング手法。短時間で魅力を端的に伝えることのできる動画は、認知から、興味関心フェーズまで幅広く活用されています。実際に、小売りやアパレルの現場では、販売員に動画を使ったコミュニケーションを活用させることで、売上を大幅に上げた事例も数多く存在しています。また新しいセグメント攻略にも有効です。若い世代へアプローチ手法として動画を活用する企業も増加傾向にあります。さらに、広報分野では社内外に向けた発信として「動画」は王道コンテンツに。文字では読まれない内容が動画化することで、社内を駆け巡るコンテンツへと変化します。

このように動画活用は大きな可能性を示しています。しかし、動画が身近になった一方で、動画を「視聴する」ではなく「作成し発信できる人」は、数が少なく貴重な人材です。これは社内で動画作成の方法をレクチャーしてくれる人がいないために、自然には育たないことが原因です。

そこで宣伝会議では、スマートフォンのみを用い動画を「撮る、編集する、発信する」の3要素をバランスよく学べる動画初心者向けの講座を開講します。勿論、プロフェッショナル向けの高額のソフトは不要です。

この講座で得られるもの

  • 専門機材を購入する必要がなく、スマートフォンのみで完結できる動画技術を身に付けることができる

  • 映像編集の専門知識がなくても、講義後もまず1本動画を作ることができる

  • 「施設」「もの」「ひと」など、様々なシーンを動画化できる

  • 作るだけではなく「飽きさせない動画」に必要な編成ポイントも知ることができる

  • 社内向けの情報発信で動画デビューを果たすことができる

このような方に最適な講座です

最初の一歩の乗り越え方さえ分かれば、動画は量産できる。
そこでまずは1本、動画を作り発信できるスキルを身に付ける。

理解の手順

社内に聞ける人がいなくても大丈夫!
まず自ら動画を1本作る体験を通じて、次の動画へと発展させる。

  • 最大の障壁は、社内に頼れる人がいない為に、手探りで動画編集の技術を学ばなければならないことです。しかし、何を撮って、どう編集すれば、単なる映像が動画に変わっていくのか、普段の業務とは全く異な領域であるために、そのポイントを体得するのは難しいものがあります。そこで本講座では、まずは1本、自分自身で撮影をし、編集をして発信をするための基本的な技術を学びます。

講義のポイント

  • 高額な初期費用が発生しない

    動画編集のための本格的なソフトの操作画面を観ると、複雑なコマンドが多く並び、それらを短時間で理解し、使いこなす技術を身に付けることは、本業との関係で難しいものがあります。しかし、本講座ではスマートフォンを使って編集方法を学びますので、高額な初期費用の投資を回避することができます。

  • 人・モノ・道順

    動画は撮る対象によって、構成が大きく変わります。特に人を撮る場合と、モノを撮る場合は根本的に異なります。どうすればそれぞれをより魅力的に、しかも飽きられずに観てもらえるかは、重要なテーマです。そこで本講座ではそれぞれをテーマに分け解説を行っていきます。

  • 編成

    現代人は相当な量の動画を浴びるように観ています。そのため、動画編集の技術はどんどん上昇し、動画を観る人の目は肥えています。このため「下手な動画は表に出せない」と二の足を踏むことにもなります。しかし、ビジネスの動画で大事なのは“映画”のような動画を作ることではなく、時間として短くとも着実に狙った効果を生み出す編成の技術なのです。

現場で実践する力を習得する!

講座で学ぶこと

  • 01

    動画の編集技術を「道順」動画で学ぶ。

    動画の編集は、一体どこから手をつけたら良いのでしょうか?しかも仕事で使うとなると、最初の一歩は踏み出しづらいものです。そこで最適なのが、「道順」解説動画です。これは素材の用意の簡便さに加え、編集の過程で動画編集の基本となる、動画の読み込み、動画カットと接続、速度調整、フィルター、コメントなどの一連を効率よく学ぶことができます。作った動画は、会社のリクルートサイトや、お客様向けの店舗への道順案内としてさっそく使えます。まずこの第1部から動画制作の基本を学び、まずは1本動画を作れる技術を学びましょう。

  • 02

    「物」をテーマに動画の作り方・構成を学ぶ。

    動画撮影には大きく、「物」と撮る場合と、「人」を撮る場合があります。そして第2部では「物」をテーマに講義します。しかし、その際に重要となるのが単に「物」を撮るだけで動画になる訳ではないということです。自社の商品をただ見せるのではなく、動画視聴後にどのような印象をもってもらう必要があるのか、から逆算して動画の構成を考えることが第1歩となります。講義では、対象者の状態に応じた動画の種類の考え方、そして構成の方法を学びます。※第2部で紹介する動画には数多くの事例から構成を知って頂くために、スマートフォンで撮った動画以外も含めています。

  • 03

    社内を活性化する動画の作り方・構成を学ぶ。

    現在、動画はプロモーションだけではなく、社内の活性化でも多く利用されています。しかし、その担い手である人材は、業務の延長にこの動画制作ではなく、社内で教えてくれる人材もいないため、「やりたくても出来ない」状態にあります。さらに、社内を活性化する動画となるとさらにハードルはあがります。そこで、どのようなコンテンツを作ることが社員に必要であるのか、また1つの動画制作はどのように行われているのか、それを知り、自社で応用できるコンテンツづくりを目指します。

講師紹介

  • 本田 裕太郎氏
    本田 裕太郎氏
    スリーダブリュー 代表取締役 CEO クリエイティブディレクター

    福岡県生まれ。在学中に200本を超える作品を手掛け、映像制作会社立ち上げメンバーとして参加。現在は、株式会社スリーダブリュー代表取締役。 2022年3月、東京表参道に自社スタジオを設立。クリエイティブディレクターとしてTVCM、動画制作のみならずライブ配信やベトナム人アイドルプロデュースなど総合エンターテイメントを中心としたクリエイティブを手掛ける。主な代表作は「東京ガールズコレクション」「サイバーエージェント」「LINE」「SNOW」「TikTok」「テンセント」「LDH JAPAN」「日本経済新聞社」などジャンル問わず幅広く作品を手掛ける。

    ワクワクする面白いことを!
    ビジネスだってエンターテインメント!
    ほんの調味料を加えるだけ。

  • 鈴木 大輝氏
    鈴木 大輝氏
    株式会社I-ne・合同会社Endian
    動画ディレクター/コミュニケーションディレクター

    ボタニカルライフスタイルブランド「BOTANIST」やミニマル美容家電ブランド「SALONIA」、リラクゼーションドリンクブランド「CHILLOUT」などのブランドの動画制作を数多く手がけている。機能的価値、情緒的価値をブランドに合わせていかに醸成するかを設計した表現を得意とする。

  • 清水 朋之氏
    清水 朋之氏
    エン・ジャパン ブランド企画室広報

    2014年に新卒でエン・ジャパンに入社。企業の中途採用支援を4年間行ない、2018年に広報へ異動。現在は自社の各サービスのPRのほか、採用広報、Web社内報「エンソク」の編集・執筆を行なう。2019年に新たな社内報としてYouTubeチャンネル「しみねーのWelcomeエン・ジャパン」を立ち上げ。メインMCを担当している。

現場で実践する力を習得する!

受講生の声

  • 受講生の実績

    社内報の動画制作がスマホで手軽に制作できることがわかった。機会を作りトライしてみたい。(システムインテグレーター)

  • 受講生の実績

    実際に動画作成にチャレンジして、SNSに投稿(商工会議所)

  • 受講生の実績

    閲覧者目線での編集ポイントに関心しました。徒歩アクセス動画を制作し、ホームページに掲載する為に役立てます。(機構職員)

  • さらに表示

  • 受講生の実績

    一から丁寧に説明してくださったのでとても助かった。(広告会社)

  • 受講生の実績

    動画コンテンツの制作を考えているクライアントへの働きかけのため、サンプル動画制作に使おうと思います。(印刷)

  • 受講生の実績

    動画制作用の器材購入の予定は今のところないので、スマホだけで様々な編集方法ほ教えていただけたのは良かったと思います。(Webデザイン制作)

カリキュラム

カリキュラム
時間 講義内容
第一部
約80分
  • 基本な技術編
  • ・動画の読み込み⽅
  • ・カット・編集
  • ・動画の繋ぎ合わせ
  • ・トランジション
  • ・テロップ/テキスト
  • ・速度調整
  • ・フィルター
  • ・フェードイン/フェードアウト
  • ・使⽤できる⾳
  • ・BGMに合わせて動画を繋ぎ合わせる
  • ・書き出し

  • 応⽤編
  • ・テロップの作り⽅のタイプ
  • ・フレームレートについて(カクツキ)
  • ・サムネイル画像
第二部
約50分
  • ・商品説明動画に必要な視点
  • ・15秒動画の構成について
  • ・絵コンテの考え方
  • ・動画制作での実例解説
第三部
約40分
  • 動画制作に必要な要素と実践
  • ・動画制作における目的の明確化の重要性
  • ・「なぜ?(WHY)」とは?
  • ・「どのように?(HOW)」とは?
  • ・共感や好感を生み出すために忘れてはならない要素とは?
  • ・構成を考え、コンテを作る
  • ・縦型動画の構図の考え方
  • ・縦型動画の撮影方法の例
  • ・撮影したものを編集する
  • ・投稿、発信し反応を分析して次の投稿に生かす
  • ※第3~4部ではスマホを使っての動画編集は行いません。
第四部
約60分
  • 事業解説編
  • ・なぜWeb社内報とは別の動画社内報が必要だったのか?
  • ・媒体とターゲットの選定
  • ・反響の大きいコンテンツとそうでないコンテンツ
  • ・外部へ配信するメリット

  • 動画制作編
  • ・動画のコンセプト設計
  • ・人にフォーカスする際に気を付けるべきこと
  • ・トークスクリプトの構成
  • ・撮影と編集にかける時間と準備
  • ・魅力的に見せるための編集テクニック
  • ※第3~4部ではスマホを使っての動画編集は行いません。

実際の講義を無料で体験する

概要

概要
受講形態 宣伝会議オンライン内でオンデマンド配信
通常7日間 (土・日含む)視聴可能のところ、
5月31日(金)までのお申込みで、21日間視聴可能になります。
受講のご案内 【実施上の注意】
本講義は、オンライン配信講義となりますご受講はお申込み者限りとしており、複数名での受講の場合、人数分のお申込みが必要です。お申込者には、宣伝会議IDを通じて視聴環境をご提供しております。同一IDでの複数人での視聴・社内上映などは固くお断りしております。

【受講上のご案内】
・講義は宣伝会議オンライン上でご視聴いただきます。該当期間内に宣伝会議マイページの「オンライン講座を見る」に進み、動画をご視聴ください。
・視聴の際は、申込者ではなく実際に受講される方のマイページ登録が必須となります。
・本講義には質疑応答はございません。

【レジュメについて】
講義資料はご視聴頂くマイページからPDF形式でダウンロードしていただきます。
受講料金 1名受講
オンデマンド講座
49,000円(税込 53,900円)
申込金5,000円(税込 5,500円)含む
人数無制限
オンデマンド研修
500,000円(税込 550,000円)
例)60名受講で1名8,333円に
人数無制限について
  • ・(受講手順)申込後、全受講者の視聴開始まで、最短で3営業日ほど要します。申込後に、事務局から別途、視聴開始日や受講者を指定するためのご案内をお送りします。
  • ・(視聴開始日)視聴開始日は、数日~数カ月先の指定も可能です。受講者への事前連絡も想定し、余裕をもった申込みをお勧めします。
  • ・(視聴期間)視聴期間は7日間で、延長キャンペーン対象外です。
  • ・(対象)人数無制限の対象は、同一の企業・団体の従業員の方です。親会社・子会社・関連会社の従業員の方は対象外となります。
    ※お申込に進む際「ご自身が受講する」「ご自身以外が受講する」との選択肢が出てまいります。こちらは1名受講に関する選択肢となりますため、人数無制限プランの場合はいったん「ご自身が受講する」を選択ください。その場合も、ご自身以外の複数名で受講いただけますのでご安心ください。
  • ・(年間割引)人数無制限で6講座以上をまとめて申込みをすると、年間割引の対象となり、全講座の視聴期間3倍(21日間)、カリキュラム編成ご支援等、様々な特典が受けられます。
年間割引プランの設定方法
割引チケットについて 法人割引窓口の設定方法

※この講座は、法人窓口の設定により1講座あたりの受講料金が約7割引におさえられる「スタンダードトレーニング」対象です。

受講対象 若者を動かしたいマーケティング、ブランドマネージャー、販促などの担当者、これらの企業に提案を行う広告関連会社
資料パンフレット
注意事項 受講は申込者本人に限ります。他人に貸与・譲渡することはできません。
お申込み後のキャンセルは原則承っておりません。
教室・オンラインライブ講座は、個人申込の場合、受講料について開講前のご入金を原則とさせていただいております。 オンデマンド講座は、お申し込み後すぐに受講案内メールをお送りしており、メール受信後、ご視聴いただけます。 そのため、視聴の有無に関わらず、お申し込み後のキャンセルは一切、承っておりません。 詳しくは、特定商取引法に基づく表示をご覧ください。
  • ・1名単位でのご受講は「1名受講」
  • ・部門や全社でまとめて受講される場合は「人数無制限」
  • ・体系的な研修企画には「部門研修を計画する」が役立ちます。

お申し込み