いつでも視聴できる

オンデマンド配信

リアルタイムで質問ができる

ライブ配信配信

Webで情報発信をするすべての担当者のための

校正・校閲力養成講座
【Webサイト・SNS専門コース】

視聴期間3倍拡大!! 21日間視聴可能

Web上の情報量は増加する一方。「初心者だから」では済まされない。

情報が波及しやすいWebサイトには、誤った情報で関係先に迷惑をかけたり、思わぬことがネット炎上につながったりとさまざまなリスクが潜んでいます。一方でWebは予算がかけられないために、初心者が担当に抜擢されることもあります。また「2人以上の目を通したから大丈夫」「他部署からもらった資料だから責任を負う必要はない」などと、綱渡り状態のリスクマネジメントをしていると、突然信用を失う事態に陥る可能性もあります。そこで、本講座では基礎知識のインプットと社内のリスクマネジメント体制の構築によって、ブランドを守る方法を学びます。

この講座で得られるもの

  • Web記事を投稿する前にチェックするべき項目を知ることができる

  • 「この文章は法的に怪しいかもしれない」と事前に注意点が分かるようになる

  • 業務時間を短縮する効率的な校正テクニックを身に付けられる

  • 投稿後であったとしても、すぐリスクに「気付ける」知識が得られる

  • 組織として事前にトラブルを防げる体制が作れるようになる

このような方に最適な講座です

そもそも「知らないもの」には対処のしようがない。
知るべきは、Web・SNS独自のリスク把握とその対処法。

理解の手順

Webサイト、SNSに潜むあらゆるリスクの管理方法を学びます

  • Web用の文章を作成・編集するうえで必要不可欠な校正・校閲のスキルとリスクを避けるために身に付けておきたいスキルや法律の知識を学ぶ

講義のポイント

  • Web文書ならではの校正・校閲

    Webに掲載した文章は、どこで誰が閲覧するか分かりません。誤字脱字や表記の不揃いに加え、PC上の操作ミスなども思わぬところで問題発生につながります。Webならではの校正・校閲方法やマニュアル作成のノウハウを身に付けることで、リスクに備えます。

  • 著作権、肖像権、薬事法などWebにまつわる法律

    Webページを作る際には他ページや紙媒体からの文章や情報の引用、写真や画像の使用・転載も当たり前。社会的、金銭的ダメージを受けないために、著作権・肖像権、薬事法など、Webにまつわる法律を学びます。

  • リスクを管理するためのWeb編集体制

    WebサイトやSNSの担当者には、「編集者」という肩書を持つ人はほとんどいません。しかし、Webであっても責任の所在やスケジュール管理など編集体制を整えることは重要です。リスクを防ぎ信頼を構築するための管理体制を学びます。

現場で実践する力を習得する!

講座で学ぶこと

  • 01

    Web校正・校閲 Webはリスクの大海。
    その校正・校閲で本当に大丈夫ですか?

    WebサイトやSNSに掲載する文章の校正・校閲は、信用の構築やコスト削減などにつながる大切な作業です。まずは企画から校了までのWeb校正校閲の流れを把握し、実際に原稿などをチェックする際の具体的な作業内容も学びます。また、Web校正・校閲で役立つ表記統一マニュアルや文章の執筆要綱の作成方法、パソコン上での校正・校閲方法も身に付けます。さらに、ネット上だからこそ避けるべき差別用語・不快用語や気を付けたい話題についても紹介します。

  • 02

    Webにまつわる法律
    「知らなかった」では済まされません。

    WebサイトやSNSに掲載する文中には、新聞記事や書籍などからの情報の引用があったり、Webサイトのリンクの貼り付けやSNSとの連携があったりと、自社サイトで完結しないことがほとんどです。また、イベント写真やイメージ画像、動画などの著作物を使用することも多々あります。知らぬ間に法に抵触し、「修正」「お詫び掲載」だけにとどまらず、金銭問題や訴訟に発展するケースもあります。本講座では、著作権、肖像権など「権利に関する法律」と薬事法、消費者法など「掲載内容に関する法律」などのWebにまつわる法律を、Web担当者が知っておくべきポイントに絞って分かりやすく解説。医療系メディアの実例なども交えながらリスクマネジメント方法を学びます。

  • 03

    編集体制
    事例をもとに自社のリスクマネジメントを見直す。

    WebページやSNSの制作・運営は文章の初心者が担当したり、校正・校閲体制が整っていなかったりと、「編集部」のあるメディアとは環境が異なります。本講座では、少ない人数や予算でWebに掲載する文章のリスクを管理するための方法を、実例をもとに学び、自社でも実践できるようイメージすることが重要です。責任の所在など社内体制からスケジュールの組み方、編集者、書き手、校正・校閲者が複数人いる場合や一人で担う場合のディレクション方法などを、実例をもとに学びます

講師紹介

  • 宍戸 哲也氏
    宍戸 哲也氏
    株式会社大伸社ディライト
    コミュニケーションデザイン部
    校正グループ マネージャー

    株式会社大伸社で1991年よりコピーライター、プランナーとして数々の制作現場に携わる。 2013年より校正チームに所属し、2015年に管理者となり現在に至る。 2015年より、講師として校正・校閲セミナーを定期的に開催し、また個別のプライベートセミナーを随時開催。 大伸社ディライト校正チームのノウハウを通して、様々な職種の方への校正技術の普及にも努める。

    講師からのメッセージ

    私自身が決して校正力があった方ではなく、だからこそ、校正の世界に受け継がれる様々な技術やノウハウに接して、大変感銘を受けたことを覚えています。
    これらは、校正者だけではなく、様々な職種で生かせるものです。
    また、全ての人が情報発信者となった今、校正の重要性はさらに増していくでしょう。

    本講座では、実際の演習課題を通して、校正者の方法をご案内しながら、web・SNSにおける校正・校閲の技術を学んでいただきます。
    皆様の情報発信の質向上に、是非ご活用ください。

    さらに表示

  • 木下 彰二氏
    木下 彰二氏
    有限会社共同制作社
    代表取締役社長

    出版社や編集プロダクションの勤務を経て、1995年にフリー校正者として共同制作社に登録。 1998年に編集者として同社入社後、校正部を経て2012年より現職。 校正者・編集者・制作ディレクターのそれぞれの立場から、単行本をはじめ、 雑誌、PR誌、カタログ、チラシ、広告などに携わる。 現在、校正・校閲に関する執筆や解説をはじめ、セミナー・企業研修などの講師として 東京、名古屋、京都、大阪、福岡などで活動中。 校正ミスをリスクマネジメント、ヒューマンエラー、 ヒューマンファクターという観点から分析し、対策の提案をしている。

    講師からのメッセージ

    ペーパーレスで校正する機会が急速に増えていますが、紙の校正と比べて見落としが多くなったという声も増えています。この講座では、ペーパーレスの現場で文書ミスの予防に役立つ情報をわかりやすく解説します。

    ・WEBコンテンツの校正・校閲ポイントとは?
    ・PDF校正で注意すべき点は?
    ・紙やパソコン、タブレットの違いが校正に与える影響とは?
    ・デジタル校正の種類と注意点は?

    講義を通して、校正の基礎知識からデジタル校正を学び、校正ミスに対する実用的な注意点について掘り下げます。
    品質管理のための「気づき」を増やし、日常業務で校正の重要性とミス予防の意識改革を目指します。

    さらに表示

  • 亀松 太郎氏
    亀松 太郎氏
    弁護士ドットコム顧問(前編集長)

    静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、朝日新聞記者になるが、3年で退社。その後、法律事務所リサーチャーやJ-CASTニュース記者などを経て、ニコニコ動画を運営するドワンゴに転職。ニコニコニュース編集長としてニュースサイトの運営や報道・言論番組の制作を統括した。 2013年から弁護士ドットコムニュースの編集長として、時事的な話題を法律的な切り口で紹介する新しいタイプのニュースコンテンツを制作し、Yahoo!ニュースなどに配信し、反響を呼んだ。現在は弁護士ドットコムの顧問としてニュース編集部のアドバイザーを務める一方、早稲田大学大学院ジャーナリズムコースの非常勤講師として講座を担当している。

    さらに表示

現場で実践する力を習得する!

カリキュラム

カリキュラム
時間 講義内容
約115分 Web文書の校正・校閲
  • ・Web校正/校閲はなぜ大事なのか
  • ・校正/校閲の流れ
  • ・校正作業の実際
  • ・Wordを使った校正/校閲
  • ・校正/校閲のための道具
  • ・校正ミスとPDCA
約150分 Web文章にまつわる法的トラブル
  • ・Webで注意すべき「著作権」
  • ・健康記事で注意すべき「薬機法」
  • ・その他の注意すべき法的問題
  • ・差別的なメッセージ
  • ・SNSでのバイトテロ
  • ・Web上のトラブルへの法的対応
約95分 デジタル校正で注意する点とは?
  • ・「校正と制作」の違い
  • ・校正方法
  • ・Webコンテンツの校正/校閲のポイント
  • ・表示媒体別のデジタル校正

概要

概要
受講形態 宣伝会議オンライン内でオンデマンド配信
通常7日間 (土・日含む)視聴可能のところ、
8月31日(水)までのお申込みで、21日間視聴可能になります。
受講のご案内 【実施上の注意】
本講義は、オンライン配信講義となりますご受講はお申込み者限りとしており、複数名での受講の場合、人数分のお申込みが必要です。お申込者には、宣伝会議IDを通じて視聴環境をご提供しております。同一IDでの複数人での視聴・社内上映などは固くお断りしております。

【受講上のご案内】
・講義は宣伝会議オンライン上でご視聴いただきます。該当期間内に宣伝会議マイページの「オンライン講座を見る」に進み、動画をご視聴ください。
・視聴の際は、申込者ではなく実際に受講される方のマイページ登録が必須となります。
・本講義には質疑応答はございません。

【レジュメについて】
講義資料はご視聴頂くマイページからPDF形式でダウンロードしていただきます。
受講料金 視聴期間
7日間
49,000円(税込 53,900円)
申込金5,000円(税込 5,500円)含む
視聴期間
6ヶ月
79,000円(税込 86,900円)
申込金5,000円(税込 5,500円)含む
補足 法人割引窓口の設定方法

※この講座は、法人窓口の設定により1講座あたりの受講料金が約7割引におさえられる「スタンダードトレーニング」対象です。

受講対象 若者を動かしたいマーケティング、ブランドマネージャー、販促などの担当者、これらの企業に提案を行う広告関連会社
資料パンフレット
注意事項 受講は申込者本人に限ります。他人に貸与・譲渡することはできません。
お申込み後のキャンセルは原則承っておりません。
教室・オンラインライブ講座は、個人申込の場合、受講料について開講前のご入金を原則とさせていただいております。 オンデマンド講座は、お申し込み後すぐに受講案内メールをお送りしており、メール受信後、ご視聴いただけます。 そのため、視聴の有無に関わらず、お申し込み後のキャンセルは一切、承っておりません。 詳しくは、特定商取引法に基づく表示をご覧ください。

現場で実践する力を習得する!

法人のお客さまに
ピッタリなサービス

スタンダードトレーニング
最大80%OFFで受講できるお得なチケットセットです。複数の講座をまとめて申し込むことで、予算削減・管理コスト削減につながります。

スタンダードトレーニングの詳細

法人研修
300以上の講座から、研修をカスタマイズしてご提供。研修後の知識定着までサポートすることで、成果の出る人材育成に繋がります。

法人研修の詳細

お申し込み