いつでも視聴できる

オンデマンド配信

仮説設計からデータの収集・分析、レポーティングまで。
「改善」が前提のマーケティングを続ける土台をつくる

マーケターのためのPDCA実践講座

「責任の追及」から「施策の改善」へと転換をはかり、毎年着実に成長を重ねる

ビジネスマンの基本スキルとして、知っている方は多い「PDCA」。急速に変化する市場・顧客についていけている企業は、PDCAを速く・多く・継続的に回すことができています。しかし、知っているだけでは回せないのがPDCA。陥りがちなのは、「C:Check」で結果の振り返りしかしないことです。これでは毎回同じところでつまずき、成長が停滞してしまいます。「A:Action」に繋げるには、何が結果に結びついたのか等、プロセスを振り返ることが重要です。次に繋がる振り返りができるようになるよう、本講座を開講いたします。

このような方に最適な講座です

過去の失敗を忘れて、毎回ゼロベースになっていませんか?
成長し続けるためには、結果だけでなく「プロセス」そのものが重要に

理解の手順

多様化する顧客に寄り添うことが求められる時代に
勘と経験に頼らないビジネス思考を実務に落とし込む

  • 嗜好が多様化する顧客への寄り添いが求められる時代に、当たり前のように勝ち続けるには?
    成果を上げるために必要な土台となるビジネススキル「PDCA」をマーケティング実務に落とし込むための1日集中講座です。仮説設計力、データの収集・分析、レポーティングまで学び、PDCA思考を身につけます。

講義のポイント

PDCA は全てのマーケティングプロセスに存在する

  • 仮説設定力

    PDCAは仮説検証のサイクルです。仮説が無ければPDCAは回り始めず、途中で目標を見失うため、その全体設計を学びます。

  • 分析力

    仮説との差異の要因を分析する力を身につけることで、解決策を見出すことができ、改善に落とし込めます。

  • 説得力

    PDCA を回して得られたことをまた次の仮説の根拠とすることで、PDCA の精度・成果が高まります。

現場で実践する力を習得する!

講座で学ぶこと

  • 01

    基礎編:市場の変化に対応するための PDCA 思考を身につける

    市場も顧客も非常に早いスピードで変化している昨今においては、市場を大きく捉えることは難しく、大雑把に顧客を分類し、大きな戦略で商品やサービスを提供してもなかなかうまくいきません。顧客の心をつかむためには、行動特性や心理特性などの目に見えにくい特性や、顧客の状況変化を把握した動きが必要になります。講義では、顧客の動向をPDCAでどのように察知するのかを学びます。

  • 02

    戦略編:マーケティングプロセスにおける PDCA を理解する

    PDCAで成果が出るか否かは、C(評価)とA(改善)のスピードとレベルで大きな差が出ます。C(評価)の、例えば、広告効果測定では、繰り返し測定を行うことで施策のレベル向上を図ります。インターネットの接触が増え、若者がテレビをあまり見なくなったと言われる中、データを取りやすいWeb広告は商品・サービスだけでなく、企業ブランドにも影響するようになっています。リサーチをやりっぱなしにせず、A(改善)につなげるためのマネジメント力を身につけます。

  • 03

    実践編:大小 2 つの PDCA サイクルを自身のマーケティング業務に落とし込む

    PDCAを回す対象は、プロジェクトや課題の大小を問いません。また、複数のPDCAを同時に回すことも可能です。マーケティングにおいては、上流から下流までの大きなPDCAと、各プロセスでの小さなPDCAがあります。大きなPDCAはプロジェクト全体の売上や目標達成、小さなPDCAは各部署やマーケター個人の業務・進行にあたります。マネジメントの立場として、また、担当者としてどのようにPDCAを回すべきかを学びます。

講師紹介

  • 藤原 毅芳氏
    経営コンサルタント
    一般社団法人暮らし振興支援機構理事

    【この世に残るべき企業を支援する】を理念にfjコンサルタンツを主宰する。60以上の業種でコンサルを行い、現在は社外取締役として数社の経営の現場にも直接携わる。「人を成長させながら、組織生産性を向上させる組織戦略」については群を抜いて高い評価を得ている。「結果にコミットした」コンサルで歴史あるクライアントにおいても過去最高の実績を実現している。「図解でわかる!利益を出す生産性」他著書多数。

  • 田中 宏昌氏
    株式会社インテージ
    生活者研究センター センター長

    1992年、電通リサーチ入社。1994年より電通の生活者インサイトのためのデータベース(d-camp)の立ち上げに参画。その後、電通において広告コミュニケーション戦略立案支援と広告効果検証領域に渡るデータ収集から分析・活用に従事。あわせて社会潮流や生活者研究をベースとして新商品・サービス開発を多数経験。2013年、楽天を経て、2014年、インテージへ。シングルソースパネルによる広告効果計測サービス(i-SSP)の開発などを経て、現職。

  • 林 智彦氏
    Accenture Song/Accenture ventures Principal Director

    国内外企業の先進サービス開発とコミュニケーションを数多く担当。デジタルクリエイティブエージェンシー「nuuo」、ロボットスタートアップ「nubot」を起業し、博報堂に復帰。米Creativity誌の「知っておくべきクリエイター」選出、米SXSW Interactive Awardのファイナリスト、文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門大賞などの受賞歴。カンヌライオンズ2019モバイル部門、Oneshow2019クリエイティブデータ/インタラクティブ/デジタルクラフト部門の審査員なども務める。慶応大学環境情報学部卒

現場で実践する力を習得する!

受講生の声

  • 受講生の実績

    投稿テキストの内容・写真の撮り方等、投稿する際に気を付けるべきポイントをしっかりおさえ、投稿内容会議・素材集め・投稿反応確認・反省とPDCAサイクルをうまくまわしていきたい。(大学)

  • 受講生の実績

    Twitter運用についてKGI及びKPIの立て方や投稿コンテンツ作成方法など根本的な運用の基礎が学べた。(広告会社)

  • 受講生の実績

    自治体のSNS運用をしているのですが、結局フォロワーからの興味を引く仕組みは同じだと感じた。今後のネタ探しに活かせる気がします。(小売)

カリキュラム

カリキュラム
時間 講義内容
第1部
約150分
    基礎編
  • ・ビジネススキルとしてのPDCA
  • ・マーケターにとってのPDCA
  • ・今PDCAが求められる理由
  • ・KPI/KGIの設定
  • ・仮説設定力
  • ・PDCAを回すための各フェーズのポイント
第2部
約150分
    戦略編
  • ・マーケティングプロセスの全体最適
  • ・大きなPDCAと小さなPDCA
  • ・データの扱い方とリサーチマネジメント
  • ・PDCAの成功事例
第3部
約90分
    デジタル施策の中で回すPDCA
  • ・デジタル統合コミュニケーションの最新状況
  • ・デジタル中心のコンセプト設計/ジャーニー設計
  • ・PDCAを回す体制づくり/仮説設定と評価指標

概要

概要
受講形態 宣伝会議オンライン内でオンデマンド配信
通常7日間 (土・日含む)視聴可能のところ、
2月29日(木)までのお申込みで、31日間視聴可能になります。
受講のご案内 【実施上の注意】
本講義は、オンライン配信講義となりますご受講はお申込み者限りとしており、複数名での受講の場合、人数分のお申込みが必要です。お申込者には、宣伝会議IDを通じて視聴環境をご提供しております。同一IDでの複数人での視聴・社内上映などは固くお断りしております。

【受講上のご案内】
・講義は宣伝会議オンライン上でご視聴いただきます。該当期間内に宣伝会議マイページの「オンライン講座を見る」に進み、動画をご視聴ください。
・視聴の際は、申込者ではなく実際に受講される方のマイページ登録が必須となります。
・本講義には質疑応答はございません。

【レジュメについて】
講義資料はご視聴頂くマイページからPDF形式でダウンロードしていただきます。
受講料金 1名受講
オンデマンド講座
49,000円(税込 53,900円)
申込金5,000円(税込 5,500円)含む
人数無制限
オンデマンド研修
500,000円(税込 550,000円)
例)60名受講で1名8,333円に
人数無制限について
  • ・(受講手順)申込後、全受講者の視聴開始まで、最短で3営業日ほど要します。申込後に、事務局から別途、視聴開始日や受講者を指定するためのご案内をお送りします。
  • ・(視聴開始日)視聴開始日は、数日~数カ月先の指定も可能です。受講者への事前連絡も想定し、余裕をもった申込みをお勧めします。
  • ・(視聴期間)視聴期間は7日間で、延長キャンペーン対象外です。
  • ・(対象)人数無制限の対象は、同一の企業・団体の従業員の方です。親会社・子会社・関連会社の従業員の方は対象外となります。
    ※お申込に進む際「ご自身が受講する」「ご自身以外が受講する」との選択肢が出てまいります。こちらは1名受講に関する選択肢となりますため、人数無制限プランの場合はいったん「ご自身が受講する」を選択ください。その場合も、ご自身以外の複数名で受講いただけますのでご安心ください。
  • ・(年間割引)人数無制限で6講座以上をまとめて申込みをすると、年間割引の対象となり、全講座の視聴期間3倍(21日間)、カリキュラム編成ご支援等、様々な特典が受けられます。
年間割引プランの設定方法
割引チケットについて 法人割引窓口の設定方法

※この講座は、法人窓口の設定により1講座あたりの受講料金が約7割引におさえられる「スタンダードトレーニング」対象です。

受講対象 企業のマーケティング・宣伝・販促部門の責任者、担当者
資料パンフレット
注意事項 受講は申込者本人に限ります。他人に貸与・譲渡することはできません。
お申込み後のキャンセルは原則承っておりません。
教室・オンラインライブ講座は、個人申込の場合、受講料について開講前のご入金を原則とさせていただいております。 オンデマンド講座は、お申し込み後すぐに受講案内メールをお送りしており、メール受信後、ご視聴いただけます。 そのため、視聴の有無に関わらず、お申し込み後のキャンセルは一切、承っておりません。 詳しくは、特定商取引法に基づく表示をご覧ください。
  • ・1名単位でのご受講は「1名受講」
  • ・部門や全社でまとめて受講される場合は「人数無制限」
  • ・体系的な研修企画には「部門研修を計画する」が役立ちます。

お申し込み