いつでも視聴できる

オンデマンド配信

そのマーケティング施策がどのくらい
会社の利益に貢献しているか説明できますか?

マーケターのためのファイナンス基礎講座

成果を出すマーケターは、
「費用」だけではなく、「投資」の視点も併せ持つ

短期の結果ばかり見ずに、長期での大きな利益を考えるには、マーケターにファイナンスの知識が求められます。ある施策単体では赤字であっても、施策全体として利益をあげられる、ということを説明できれば、戦略の幅は広がります。施策において費用対効果を求めることは必要ですが、それだけでは限られた打ち手ばかりになり効果が頭打ちになっていきます。本講座では、マーケターが知っておくべきファイナンスの基礎、マネジメント、戦略について学びます。

この講座で得られるもの

  • 苦手意識の高い、財務3表に対しての知識が得られる

  • 経営陣が販促費をどのようにとらえているかなど、基本的なポイントが学べる

  • 利益につなげるファイナンスという切り口を知ることができる

  • DXにおける顧客起点戦略が理解できる

  • マーケティングの立場に立ったファイナンス思考が身に付く

このような方に最適な講座です

成果を出すマーケターが知っている、
コスト・リターンについての知識、考え方とは?

理解の手順

マーケターに必要な施策に対する「費用対効果」と「投資対効果」
の違いから短期のキャンペーンだけではなく全体として勝つための視点を学ぶ。

本講座ではどのような施策で、どのような効果があるかを、経営陣との共通言語であるファイナンスで説明できるようになります。その結果、効果が分かりやすい施策だけに予算を集中させるのではなく、より大きなリターンを考えた施策を行うことができるようになります。自分の担当しているブランドや事業でどのようなお金の流れが起こっているのか、ビジネスの流れを因数分解して、力の入れどころが見えることで、高い視座からマーケティング活動が行える基礎を作ります。

講義のポイント

  • 長期の視点で「投資対効果」を考えた施策を実行できる

    効果が分かりやすい施策だけに予算を集中させるのではなく、より大きなリターンを考えた施策を行うことができるようになります。

  • ブランド・事業の「勝ち筋」を理解できる

    自分の担当しているブランドや事業でどのようなお金の流れが起こっているのか、ビジネスの流れを因数分解して、力の入れどころが見えるようになります。

  • マーケティング効果の「説明責任」を果たせる

    どのような施策で、どのような効果があるか、ということを語れる視点を得られます。経営陣との共通言語であるファイナンスで説明できるようになります。

現場で実践する力を習得する!

講座で学ぶこと

  • 01

    これだけは押さえておきたいマーケターのための会計知識

    マーケターに会計・財務の知識が備わっていることで、成果を導く施策を考えられます。過去の記録である「会計」と、未来の予定である「財務」の違いを理解することで、事業を俯瞰することができます。その結果、場当たり的な施策立案や、目先の利益による判断を避け、オーナーシップを持ったマーケティング活動が可能となります。
    本講座では、マーケティング活動に必要な知識のみをピックアップしますので、資金を調達し、投資を行い、利益を上げる事業活動の中で、使える基礎知識を押さえます。

  • 02

    ビジネスを因数分解し、マーケティングプロセスの最適化をする

    マーケティング活動の性質上、部門を横断した取り組みも多くあります。マーケティング部門と、セールス部門のベクトルの違いなど、管理体制の2重構造も企業によっては問題となります。
    マーケターは、社内のコネクターとしての役割も果たすことができる立場です。マーケティング部門内における目先の施策に対する説明だけでなく、他部門も含めた、マーケティングプロセス全体に則ったレポーティング能力があれば、より円滑な施策の実施が可能となります。その際に意識すべき財務諸表のポイントをお伝えします。

  • 03

    ここで勝負が分かれる費用対効果と投資対効果の考え方

    マーケティングコストのマネジメントを考えます。顧客との接点がマスメディア、Web、メールなど複雑化している中で、購買までの経路をたどり、どの施策にどれ程の効果があったのか、費用対効果を測ることは困難です。その環境下で、どのチャネルに投資を行うかの判断を下すことは、マーケターの悩みどころの一つかもしれません。刈り取り施策や、認知を取る施策のどちらかに、資源が偏りすぎることもよくありません。
    事業を回していくための施策を行いつつ、次の顧客を育てる投資も必要であるマーケティング活動において、そのバランスを実務者と共に考えます。

講師紹介

  • 逸見 光次郎氏
    逸見 光次郎氏
    オムニチャネルコンサルタント

    70年生まれ。三省堂書店(店舗勤務)を経てイー・ショッピング・ブックス(現セブンネットショッピング)の立ち上げに関わる。その後、AmazonにてブックスMD、イオンにてネットスーパー立ち上げとデジタルビジネス戦略立案に関わり、カメラのキタムラにて店舗とECを融合したオムニチャネル化を推進。現在は独立し、プリズマティクス社アドバイザー、GMOメイクショップオムニチャネルスーパーバイザー等を兼務し、流通・小売業各社のコンサルティングを行う。手法は、全体最適に基づくビジネスフロー/KPIツリー/課題管理表/LTVの"見える化"をクライアントとともに行い、改善する。

    さらに表示

  • 小栁 肇氏
    小栁 肇氏
    合同会社実相舎 代表社員

    電通にて31年間勤務、BPRおよび、RPA・AI・SAAS・BPO等による業務革新(7年)、経営企画・予算・決算・経営管理・リスクマネジメント(10年)、広告セールス・ブランディングコンサルタント(14年)を経験。うち4年間、グループ内最大子会社のひとつである株式会社サイバー・コミュニケーションズに出向。従業員1,000人規模の会社で代表取締役副社長CFOとして勤務。直近の2年間は、電通の「労働環境改革推進」を主導。エグゼクティブ・トランスフォーメーション・ディレクターとして業務革新に取り組む。米国デラウエア州公認会計士(CPA)、米国管理会計士(CMA)、日本商工会議所簿記1級の資格取得。

    さらに表示

現場で実践する力を習得する!

受講生の声

  • 受講生の実績

    マーケティングを実践されている視点での講義内容により、現場をイメージしながら理解しやすい内容でした。

  • 受講生の実績

    ファイナンスからのマーケティング発想がよくわかりました。BSの説明からマーケティングに繋がるのが良かったです。

  • 受講生の実績

    財務諸表について、マーケターが知るべきポイントを的確に教えていただき、大変助かりました。

  • さらに表示

  • 受講生の実績

    マーケティングにおいては感性を優先しがちではありますが、ファイナンス思考というものがどういうものか、短時間で非常に分かりやすく説明していただきました。

  • 受講生の実績

    ファイナンスの知識が皆無でしたが、そんなレベルでも理解ができより興味が持てる内容でした。解説も分かりやすく、受講して良かったです。

  • 受講生の実績

    直近で取り組み始めたことに直結する有益な学びが得られました。

カリキュラム

カリキュラム
時間 講義内容
約85分 マーケターが知っておくべきファイナンスの知識
  • ・ファイナンスは投資決定や資金調達/分配のための意思決定ツール
  • ・PL(損益計算書)とBS(貸借対照表)
  • ・代表的な投資判断の指標
  • ・ポートフォリオの基礎理論
  • ・ファイナンスはリスクとリターンからなる
約85分 ファイナンス思考で行うマーケティング・マネジメント
  • ・ファイナンス思考とオペレーション思考
  • ・ファイナンス思考(1)リスクとリターン
  • ・ファイナンス思考(2)オプション(プランB)
約80分 マーケティングコストのマネジメント
  • ・マーケターが考えるべき企業の存在意義
  • ・オーナーシップ
  • ・ROI
  • ・費用対効果と投資対効果
  • ・原資の捻出
  • ・チャネル別のコストアロケーション
  • ・KGI/KPI

概要

概要
受講形態 宣伝会議オンライン内でオンデマンド配信
お申込み日から7日間視聴可能。
視聴期間内であれば、ご自身の自由なタイミングで視聴できます。

受講のご案内 【実施上の注意】
本講義は、オンライン配信講義となりますご受講はお申込み者限りとしており、複数名での受講の場合、人数分のお申込みが必要です。お申込者には、宣伝会議IDを通じて視聴環境をご提供しております。同一IDでの複数人での視聴・社内上映などは固くお断りしております。

【受講上のご案内】
・講義は宣伝会議オンライン上でご視聴いただきます。該当期間内に宣伝会議マイページの「オンライン講座を見る」に進み、動画をご視聴ください。
・視聴の際は、申込者ではなく実際に受講される方のマイページ登録が必須となります。
・本講義には質疑応答はございません。

【レジュメについて】
講義資料はご視聴頂くマイページからPDF形式でダウンロードしていただきます。
受講料金 1名受講
オンデマンド講座
49,000円(税込 53,900円)
申込金5,000円(税込 5,500円)含む
人数無制限
オンデマンド研修
500,000円(税込 550,000円)
例)60名受講で1名8,333円に
人数無制限について
  • ・(受講手順)申込後、全受講者の視聴開始まで、最短で3営業日ほど要します。申込後に、事務局から別途、視聴開始日や受講者を指定するためのご案内をお送りします。
  • ・(視聴開始日)視聴開始日は、数日~数カ月先の指定も可能です。受講者への事前連絡も想定し、余裕をもった申込みをお勧めします。
  • ・(視聴期間)視聴期間は7日間で、延長キャンペーン対象外です。
  • ・(対象)人数無制限の対象は、同一の企業・団体の従業員の方です。親会社・子会社・関連会社の従業員の方は対象外となります。
    ※お申込に進む際「ご自身が受講する」「ご自身以外が受講する」との選択肢が出てまいります。こちらは1名受講に関する選択肢となりますため、人数無制限プランの場合はいったん「ご自身が受講する」を選択ください。その場合も、ご自身以外の複数名で受講いただけますのでご安心ください。
  • ・(年間割引)人数無制限で6講座以上をまとめて申込みをすると、年間割引の対象となり、全講座の視聴期間3倍(21日間)、カリキュラム編成ご支援等、様々な特典が受けられます。
年間割引プランの設定方法
割引チケットについて 法人割引窓口の設定方法

※この講座は、法人窓口の設定により1講座あたりの受講料金が約7割引におさえられる「スタンダードトレーニング」対象です。

資料パンフレット
注意事項 受講は申込者本人に限ります。他人に貸与・譲渡することはできません。
お申込み後のキャンセルは原則承っておりません。
教室・オンラインライブ講座は、個人申込の場合、受講料について開講前のご入金を原則とさせていただいております。 オンデマンド講座は、お申し込み後すぐに受講案内メールをお送りしており、メール受信後、ご視聴いただけます。 そのため、視聴の有無に関わらず、お申し込み後のキャンセルは一切、承っておりません。 詳しくは、特定商取引法に基づく表示をご覧ください。
  • ・1名単位でのご受講は「1名受講」
  • ・部門や全社でまとめて受講される場合は「人数無制限」
  • ・体系的な研修企画には「部門研修を計画する」が役立ちます。

お申し込み