いつでも視聴できる

オンデマンド配信

社外での社員の発言まで注視され、炎上する今「社内の当たり前は社外の非常識」は大きなリスクに

企業のためのジェンダー論基礎講座

個人の努力では気付けない、無意識の思い込みを認識し、
人の心に届く、社会に受け入れられるコミュニケーションを学ぶ

昨今、企業の広告・広報活動におけるジェンダー炎上が後を絶ちません。企業側に差別の意図が全く無くても、情報の受け手である生活者は自分自身の思ったように感じ、その怒りや悲しみの感情をSNS上で発信します。しかしながら、ジェンダー炎上に気を使いすぎると、今度は逆に何も言えなくなってしまい、商品やサービスの魅力を世の中に広めていくことはできません。では、いったいどのように考え、何に気を付けて広告制作や情報発信をすればよいのでしょうか。今、企業は社会が抱える偏見や無意識の思い込みに気付き、生活者の真のインサイトを捉えなおす時期に来ています。

この講座で得られるもの

  • SNSの発信などをする時、ジェンダー観点で炎上危険性のある投稿について「何が危険であるのか」が理解できる

  • 実際の事例を見ることで、自分が業務に携わる際に意識できるようになる

  • プロジェクト推進や方向性のための「FEMINISM4.5」についてのまとめやASAの定義「ジェンダーステレオタイプ」など有用な情報を得られる

  • 広告炎上を防ぐ観点や万が一、炎上してしまった場合の対応ができるようになる

このような方に最適な講座です

個人の自己判断、各部署の判断、幹部の良識に委ねて
目に見えるリスクを放置していませんか

理解の手順

ジェンダー炎上の事例から、社会や価値観の変化を読み解き、
社会に受け入れられる企業コミュニケーションを再定義する。

  • 選ばれ続けるブランドになるには、生活者はもちろん、株主や従業員、就職・転職市場、取引先など、あらゆるステークホルダーへの配慮が欠かせません。そのような社会環境下で一度対応を誤ってしまうと、メディアやSNSなどで徹底的に企業姿勢や責任を追及され、炎上してしまうリスクも高まっています。ジェンダーへの理解を深め、新しい時代に適した企業コミュニケーションを学びます。

講義のポイント

  • ジェンダー炎上の事例から対策と注意ポイントを学ぶ

    なぜ広告が炎上してしまうのか。万が一炎上してしまったらどう対応するか。事例をもとに炎上を防ぐためのポイントを学ぶ。

  • 海外の先端事例に見る共感される広告・PR

    最先端の海外事例から、多様化する社会で共感される広告・PR に共通する考え方を学ぶ。

現場で実践する力を習得する!

講座で学ぶこと

  • 01

    ジェンダー炎上が起こる原因と対策のポイントを学ぶ

    ジェンダー炎上は企業に悪意が無くても起こりうるということが、その他の炎上と大きく異なる点です。「自分は大丈夫だろう」という考えにリスクが潜んでいます。対策としては下図にある通り、炎上につながる要因のセルフチェックなど、無意識の思い込みに気が付くことが必要です。炎上してしまった企業広告の事例についても、「なぜ」炎上してしまったのか言語化することが非常に重要です。そこから、多様な人々の価値観や生い立ちを深く理解することで、本当の意味で心に届く情報発信の方法が見えてきます。講義では情報発信者が無意識に陥りがちなステレオタイプのパターンを理解し、自社がそこに陥っていないかをチェックすることで炎上を未然に防ぐノウハウと、万が一炎上してしまった場合の対処法について学びます。

  • 02

    世界の広告クリエイティブから企業とジェンダーの関係性を学ぶ

    世界の広告クリエイティブにも成功例、失敗例がともに見られます。その中から成功事例に共通するポイントは「共感」+「少し先の未来」です。非現実的な理想論を掲げても生活者はウソの言葉に冷めてしまいます。かといって現実の問題にばかりフォーカスしても明るい未来は描けません。この絶妙な表現のバランス感覚が今、企業コミュニケーションの担当者に求められています。講義では様々な調査データから見えてくるジェンダー理解の現実と生活者インサイト、そして広告クリエイティブに落とし込む際の注意点とポイントについて学びます。

講師紹介

  • 稲澤 裕子氏
    昭和女子大学特命教授広報担当参事

    早稲田大学政治経済学部、社会情報大学院大学(現・社会構想大学院大学)卒。広報・情報学修士(専門職)。読売新聞東京本社編集局社会部、生活部、経済部記者、メディア局パソコン誌編集長、女性向けサイト「大手小町」編集長、調査研究本部主任研究員を経て、2018年から昭和女子大学全学共通教育センター特命教授広報担当参事。実務家教員としてメディア論とキャリア基礎科目を担当。13年、公益財団法人日本ラグビーフットボール協会初の女性理事に就任。21年から同協会評議員、一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン理事。共著に『昭和時代』(中央公論新社)、『企業力を高める―女性の活躍推進と働き方改革』(経団連出版)など。

  • 大橋 久美子氏
    ブランドストラテジスト
    Office Story Branding(ストーリーブランディング)代表

    博報堂、J.Walter Thompson(JWT)、LIFULLを経て、ブランド戦略立案を行うブランドストラテジストとして独立。 その間、日本企業のグローバルブランディングや外資系企業の日本でのブランド・マーケティングの経験多数。JWT時代には外資系企業のブランディングウェイを日本企業に導入するためのブランディングモデル"Brand Nurturing"を開発、多くの日本企業のブランド戦略構築に導入。現在は、ブラッシュアップした"Brand Light House"モデルにより、消費者インサイトと未来創造をつなぎ企業価値を上げるためのブランディングモデルを開発・実践を行っている。女性エンパワーへの活動により、2019年campaign Asia誌 Women leading change Vision leader部門のシルバーを獲得。文教大学非常勤講師(ブランド論)。

  • Ju Yoo氏
    Droga5 Tokyo  シニアストラテジスト

    2016年J. Walter Thompsonで戦略プランナーとしてキャリアスタート。数々の日系企業・外資系企業の企画戦略とブランディングに携わる。2019年には、ビジネス成長を促すマーケティング・キャンペーン戦略に与えられる「Tangrams Strategy & Effectiveness」でブランズを2つ受賞。2021年よりDroga5 Tokyoに参画 。 JWT時代には、大橋・Yooで、ELLEオンラインで、ダイバーシティの観点からのブランドの活動について取り上げた記事を共同執筆。

現場で実践する力を習得する!

受講生の声

  • 受講生の実績

    自分のバイアス・他者のバイアスを理解する大事さや、組織の中でいろんな背景の人が意見を言えるようにすることの重要性を意識できるようになりました。

  • 受講生の実績

    無意識のうちにコンテンツ制作でジェンダーに偏った表現にならないようにしたいと思います。

  • 受講生の実績

    ジェンダーバイアスは自分自身にもあることに気が付きました。男だから、女だからという性で考えるのではなく、個人の違いを尊重していきたいと思います。多様な価値観や経験を持った人たちのことを考えた広告制作をしていきたいです。

  • さらに表示

  • 受講生の実績

    広告などを作る際にも、女性がメンバーにいれば炎上が起きないかというと、実際にはそうではないことがわかりました。

  • 受講生の実績

    自分でも気が付かないジェンダーステレオタイプがあることがさまざまな広告を見て分かりました。広告を打つことによって誰かを傷つけていることがないように気を付けていきたいです。

  • 受講生の実績

    感覚的に「ん?この表現、変だな…」と感じたことについて、具体的な言葉にして伝えられるため、企画立案者や関係者を説得しやすいと感じました。

カリキュラム

カリキュラム
時間 講義内容
第1部
約120分
    ジェンダー炎上の原因と対策
  • ・「ジェンダー」って何?
  • ・ジェンダーバイアスをチェック
  • ・男性像、女性像の変化
  • ・ジェンダー炎上の歴史
  • ・炎上の原因を探る
  • ・炎上事例に学ぶ
  • ・失敗しないためのジェンダー表現
  • ・それでも炎上してしまったら
  • ・成功のポイント
第2部
約80分
    広告表現におけるステレオタイプの向こう側へ
  • ・最近の炎上の傾向
  • ・日本で炎上が起きる背景
  • ・ASA基準
  • ・世界の潮流:Lookism, Ageism, Empowermentに至る流れ
  • ・共感・サポーターの重要性

概要

概要
受講形態 宣伝会議オンライン内でオンデマンド配信
通常7日間 (土・日含む)視聴可能のところ、
5月31日(金)までのお申込みで、21日間視聴可能になります。
受講のご案内 【実施上の注意】
本講義は、オンライン配信講義となりますご受講はお申込み者限りとしており、複数名での受講の場合、人数分のお申込みが必要です。お申込者には、宣伝会議IDを通じて視聴環境をご提供しております。同一IDでの複数人での視聴・社内上映などは固くお断りしております。

【受講上のご案内】
・講義は宣伝会議オンライン上でご視聴いただきます。該当期間内に宣伝会議マイページの「オンライン講座を見る」に進み、動画をご視聴ください。
・視聴の際は、申込者ではなく実際に受講される方のマイページ登録が必須となります。
・本講義には質疑応答はございません。

【レジュメについて】
講義資料はご視聴頂くマイページからPDF形式でダウンロードしていただきます。
受講料金 1名受講
オンデマンド講座
49,000円(税込 53,900円)
申込金5,000円(税込 5,500円)含む
人数無制限
オンデマンド研修
500,000円(税込 550,000円)
例)60名受講で1名8,333円に
人数無制限について
  • ・(受講手順)申込後、全受講者の視聴開始まで、最短で3営業日ほど要します。申込後に、事務局から別途、視聴開始日や受講者を指定するためのご案内をお送りします。
  • ・(視聴開始日)視聴開始日は、数日~数カ月先の指定も可能です。受講者への事前連絡も想定し、余裕をもった申込みをお勧めします。
  • ・(視聴期間)視聴期間は7日間で、延長キャンペーン対象外です。
  • ・(対象)人数無制限の対象は、同一の企業・団体の従業員の方です。親会社・子会社・関連会社の従業員の方は対象外となります。
    ※お申込に進む際「ご自身が受講する」「ご自身以外が受講する」との選択肢が出てまいります。こちらは1名受講に関する選択肢となりますため、人数無制限プランの場合はいったん「ご自身が受講する」を選択ください。その場合も、ご自身以外の複数名で受講いただけますのでご安心ください。
  • ・(年間割引)人数無制限で6講座以上をまとめて申込みをすると、年間割引の対象となり、全講座の視聴期間3倍(21日間)、カリキュラム編成ご支援等、様々な特典が受けられます。
年間割引プランの設定方法
割引チケットについて 法人割引窓口の設定方法

※この講座は、法人窓口の設定により1講座あたりの受講料金が約7割引におさえられる「スタンダードトレーニング」対象です。

資料パンフレット
注意事項 受講は申込者本人に限ります。他人に貸与・譲渡することはできません。
お申込み後のキャンセルは原則承っておりません。
教室・オンラインライブ講座は、個人申込の場合、受講料について開講前のご入金を原則とさせていただいております。 オンデマンド講座は、お申し込み後すぐに受講案内メールをお送りしており、メール受信後、ご視聴いただけます。 そのため、視聴の有無に関わらず、お申し込み後のキャンセルは一切、承っておりません。 詳しくは、特定商取引法に基づく表示をご覧ください。
  • ・1名単位でのご受講は「1名受講」
  • ・部門や全社でまとめて受講される場合は「人数無制限」
  • ・体系的な研修企画には「部門研修を計画する」が役立ちます。

お申し込み