いつでも視聴できる

オンデマンド配信

コロナでますます難しくなった顧客の行動をデザインし、
来店・申込・売上を高めるための

行動デザイン実践講座

視聴期間3倍拡大!! 21日間視聴可能

人を動かすには、その行動を主体に設計すればいい

新型コロナウイルスの影響により、生活者の行動は大きく変化しました。当初に比べ混乱は収束してきたものの、生活者の行動はコロナ以前のように戻ることはないといわれています。コロナ禍以降の社会では、オンライン経由でのコミュニケーションがより一層、便利になっています。しかし一方で、リアルでの接触が減少し、その分、企業が販売する商品の売上や成果は、目減りしてしまっている場合も多いと思われます。そのため、オンライン上のコミュニケーションにおいて、直接商品を見たことがない場合でも販売・申込まで持ち込むようなテクニックが重要視されています。

つまりオンラインではますますコンバージョン・売上につながる設計の向上が求められている一方で、オフラインにおいては、従来通りの設計のみでは売上が落ちてしまうケースが頻発しているのです。

そこで本講座では、顧客と直接の接触ができない今だからこそ必要な「行動を促すコミュニケーション」を、オンライン・オフラインいずれにおいても考え、実行するノウハウを習得します。

この講座で得られるもの

  • デジタル・リアル店舗の垣根を越えて、人を動かすことができる考え方が身につく

  • 無理なく人の行動を促す環境の作り方がわかる

  • 説得力のある企画・キャンペーンを提案できるようになる

  • モノのスペックを変えるのではなく、同じモノに新たな価値を見出すことができる

  • 具体的事例を通して、行動デザインとは何かが理解できる

このような方に最適な講座です

消費者が自社の商品を手に取っている
具体的なイメージを持てていますか?

理解の手順

「行動デザイン」発想という新たな武器を手に、
「人を動かす」企画の考案から仕組みをつくるまでのセオリーを学ぶ

  • 従来のマーケティング発想は、実は市場が伸びていることを前提にしています。脱・「モノ発想」で、行動の観点からプロモーションを再構築します。

講義のポイント

  • モノ発想から脱却した「行動デザイン発想」へと思考を切り替える

    消費者が今、「どのような行動をとっているのか」「何を基準に購買をしているのか」を理解し、消費者行動の分析することで法則性を見出します。
    自社の商品と消費者の行動をつなぎ合わせる考え方を学びます。

  • 人が動くプロモーションを立てるための考え方の筋道を身に付ける

    企画の大前提として「自分が思っているほど」人は動かないという考え方が重要になってきます。人は容易に動かず、また、リスク感・金銭・肉体・時間的なコストを感じるとますます行動から遠ざかります。
    消費者にとって違和感・抵抗感のないアプローチ(筋道)を身に付けましょう。

  • 販売促進や認知拡大など自社の目的に適した施策へと落とし込む

    趣味嗜好が多様化した今、従来の年齢や収入、地域などの定量的な情報を基にしたセグメントは通用しなくなってきています。
    そこで本講座では実際の行動からターゲットを見つけ出すセオリーを学びます。

現場で実践する力を習得する!

講座で学ぶこと

  • 01

    自社商品と消費者を結びつけるために消費者の行動を分析し、法則性を見出す

    モノ発想の企画では消費者が動いてくれない今、生活者の視点からマーケティング戦略を見直す必要が出てきています。そのためにはまず消費者が今、どのような行動をとっているのか、何を基準に購買をしているのかを理解する必要があります。
    そこで本講座では、豊富なデータや成功事例から消費者行動の分析を進め法則性を見出し、自社の商品と消費者の行動をつなぎ合わせる「行動チャンス」の見つけ方を学びます。

  • 02

    カスタマージャーニーに沿って、行動を具体的に変える仕掛けをつくる

    「人を動かす」企画を考える際に、持っておくべき重要な認識として「自分が思っているほど」人は動かないという前提があります。リスク感であったり、金銭・肉体・時間的なコストを感じると人は容易に動かないという選択肢を取ります。そのため消費者にとって違和感・抵抗感のないアプローチが必要になります。
    そこで本講座では、消費者との各接点における最適なアプローチの手法と役割を明確にします。

  • 03

    適切な効果指標の設定、顧客獲得・育成2つの視点で継続的な仕組みを構築する

    データが取得できる・できないの問題もあり、企業にとって適切な効果指標を設定することは非常に難しいのが現状です。ゴールに設定をした行動から逆算をする、新たな効果指標設定のノウハウを学びます。また、一時的に予算を投下するなどして、プロモーションで効果を上げたとしても、短期の施策に終わっては、継続的な成長は望めません。
    そこで本講座では行動(購買)前の獲得から、その後の育成までを含めた長期的に売上を高める仕組みのつくり方を学びます。

講師紹介

  • 國田 圭作氏
    國田 圭作氏
    博報堂行動デザイン研究所フェロー(名誉所長)
    嘉悦大学経営経済学部教授
    セカンドクリエーション代表

    1982年博報堂入社。以来、一貫してプロモーション及びリテール/ショッパーマーケティングの実務と研究に従事。2013年4月より現職。顧客のリアルな行動をつくり出す「行動デザイン」をキーワードに、大手ビールメーカー、大手自動車メーカーをはじめ、食品、飲料、化粧品、家電などのブランドマーケティング、商品開発、流通開発などのプロジェクトを多数手掛ける。 2006年カンヌ広告祭プロモ部門審査員。著書に『幸せの新しいものさし』(PHP研究所)。『人を動かすマーケティングの新戦略「行動デザイン」の教科書』(すばる舎)。

    さらに表示

  • 倉林 武也氏
    倉林 武也氏
    株式会社リテイルインサイト 代表取締役 アカウント・プランナー

    デジタルの普及から、広告やセールス・プロモーションの在り方について変化する中、リアル店舗やオンラインリテイル、そこに取り組む事業会社の視点から課題を捉える。 インサイト(ショッパー、リテイル、メディア)からテーマ開発、その解決につなげるための仕組みづくりをファシリテーションにより追求。2010年から2018年 国内外のプロモーションを分析、メソッド化。学習院マネジメント・スクール研究員。

    さらに表示

現場で実践する力を習得する!

受講生の声

  • 受講生の実績

    モノのスペックを変えるのではなく、少しの考え方の変化で同じモノに新たな価値を見出すことができるという考え方をどんどん取り入れていきたいと思います。

  • 受講生の実績

    商品を選べないまま欲求が消える、好きだけど止めるなど、振り返ると納得でした。行動を読みデザインすることをもっと取り入れたいと思います。

  • 受講生の実績

    行動デザインの概要が分かりやすくまとめられていて、今までとは違う視点でプランニングしないと人には伝わらないことがよく分かりました。

  • さらに表示

  • 受講生の実績

    プロダクトそのものだけでは訴求に限界があり、周辺の行動をリデザインすることで、新たなる魅力を引き出せることに気づけました。

  • 受講生の実績

    基本的な考え方や用語に関して、初学者にもわかりやすい解説でした。

  • 受講生の実績

    得意先へ提案の考え方を説明する際にエッセンスとして入れられるのではないかと思います。

カリキュラム

カリキュラム
時間 講義内容
第1部
約130分
    人を動かす行動デザイン発想
  • ・モノ発想の限界
  • ・新たな市場概念を見つけ出す
  • ・人と対象(モノ)は行動でつながっている
  • ・人を動かす「行動デザイン」発想
  • ・消費者の行動分析
  • ・リスク感とコスト意識への対策
  • ・行動チャンスの見つけ方
第2部
約90分
    行動デザインのつくり方の6ステップ
  • ・マーケティングの全てを動詞に置き換える
  • ・行動ゴールの設定
  • ・ターゲット顧客の特定
  • ・行動をつくりだす仕掛けの設計
  • ・全体シナリオの構築
  • ・顧客獲得・顧客育成の2つの視点
  • ・PDCAサイクルの回し方

概要

概要
受講形態 宣伝会議オンライン内でオンデマンド配信
通常7日間 (土・日含む)視聴可能のところ、
1月31日(火)までのお申込みで、21日間視聴可能になります。
受講のご案内 【実施上の注意】
本講義は、オンライン配信講義となりますご受講はお申込み者限りとしており、複数名での受講の場合、人数分のお申込みが必要です。お申込者には、宣伝会議IDを通じて視聴環境をご提供しております。同一IDでの複数人での視聴・社内上映などは固くお断りしております。

【受講上のご案内】
・講義は宣伝会議オンライン上でご視聴いただきます。該当期間内に宣伝会議マイページの「オンライン講座を見る」に進み、動画をご視聴ください。
・視聴の際は、申込者ではなく実際に受講される方のマイページ登録が必須となります。
・本講義には質疑応答はございません。

【レジュメについて】
講義資料はご視聴頂くマイページからPDF形式でダウンロードしていただきます。
受講料金 1名受講
オンデマンド講座
49,000円(税込 53,900円)
申込金5,000円(税込 5,500円)含む
人数無制限
オンデマンド研修
500,000円(税込 550,000円)
例)60名受講で1名8,333円に
人数無制限について
  • ・(受講手順)申込後、全受講者の視聴開始まで、最短で3営業日ほど要します。申込後に、事務局から別途、視聴開始日や受講者を指定するためのご案内をお送りします。
  • ・(視聴開始日)視聴開始日は、数日~数カ月先の指定も可能です。受講者への事前連絡も想定し、余裕をもった申込みをお勧めします。
  • ・(視聴期間)視聴期間は7日間で、延長キャンペーン対象外です。
  • ・(対象)人数無制限の対象は、同一の企業・団体の従業員の方です。親会社・子会社・関連会社の従業員の方は対象外となります。
    ※お申込に進む際「ご自身が受講する」「ご自身以外が受講する」との選択肢が出てまいります。こちらは1名受講に関する選択肢となりますため、人数無制限プランの場合はいったん「ご自身が受講する」を選択ください。その場合も、ご自身以外の複数名で受講いただけますのでご安心ください。
  • ・(年間割引)人数無制限で6講座以上をまとめて申込みをすると、年間割引の対象となり、全講座の視聴期間3倍(21日間)、カリキュラム編成ご支援等、様々な特典が受けられます。
年間割引プランの設定方法
割引チケットについて 法人割引窓口の設定方法

※この講座は、法人窓口の設定により1講座あたりの受講料金が約7割引におさえられる「スタンダードトレーニング」対象です。

受講対象 商品・サービスを売りたい企業の担当者、広告業界のプランナー、ディレクター、営業の方など
資料パンフレット
注意事項 受講は申込者本人に限ります。他人に貸与・譲渡することはできません。
お申込み後のキャンセルは原則承っておりません。
教室・オンラインライブ講座は、個人申込の場合、受講料について開講前のご入金を原則とさせていただいております。 オンデマンド講座は、お申し込み後すぐに受講案内メールをお送りしており、メール受信後、ご視聴いただけます。 そのため、視聴の有無に関わらず、お申し込み後のキャンセルは一切、承っておりません。 詳しくは、特定商取引法に基づく表示をご覧ください。
  • ・1名単位でのご受講は「1名受講」
  • ・部門や全社でまとめて受講される場合は「人数無制限」
  • ・体系的な研修企画には「部門研修を計画する」が役立ちます。

お申し込み