いつでも視聴できる

オンデマンド配信

【人気セミナー研修】
企画書・プレゼン講座

次元が違う、プロの企画書

どんなに良い企画でも、
セオリー通りの横並びの企画書・プレゼンでは、通らない!

世の中に溢れる書籍は、セオリーを教え、テンプレートやフォーマットを推奨しています。その結果生まれる綺麗な企画書、セオリー通りのプレゼンでは、忙しい決裁者には同じにしか見えず採用されません。必要なのは、それ自体が「広告」のように決裁者から注目を浴びる企画書です。広告手法の本質的な所を知る広告会社の企画書やプレゼンが注目されるのもそのためです。
そこで、本講座では企画書・プレゼンのセオリーを学びながら、セオリーを破り、ライバルの企画と差をつける企画書とプレゼンのテクニックを学びます。

この講座で得られるもの

  • 提案者の手を離れ「一人歩き」をしても通用する企画書の作り方を学ぶことができる

  • 短時間でもすぐに伝わる企画書の作り方を知ることができる

  • 相手の心を動かすインセンティブのある企画書づくりを学ぶことができる

  • 単調なプレゼンから脱し、決済者の気持ちを揺るがすプレゼンの構成が見えてくる

  • 広告業界のプレゼンスキルからセオリーを知ることができる

このような方に最適な講座です

  • 競合やライバルに
    負けない企画にしたいが、
    何をどう変えれば・・・

  • 人前で話すことも苦手で、
    せっかくの企画が活きない

  • 魅力を詰め込んだつもりが、
    単なる”まとまらない企画”に
    なってしまう

  • 担当者は満足しているが、
    その後の決裁者承認が
    いつも降りない・・・

  • スライドづくりがいつも
    勘や経験、インスピレーション
    頼りになっている

  • 「本当にこれで良いのか…?」と
    内心怯えながらプレゼンをしている

必要なのは、セオリーを学び、セオリーを破り、
ライバルと差をつける企画書・プレゼンの技術

理解の手順

突破の鍵は、相手の心を動かす企画書作りとプレゼンスキルを基礎から学ぶこと

  • 相手の心を動かすことが目的

    企画書やプレゼンスキルを説いた書籍やコンテンツでは、さまざまなテクニックが紹介されています。それらは形式的な要素が多く、成功の法則を紹介しながらテンプレートやフォーマットの活用を推奨するものが目立ちます。
    しかし、いくら丁寧にまとめられた資料を見せ、テクニック通りのトークを披露しても、相手に「面白そうだ」「ぜひやってみよう」と思わせられなければ、失敗に終わります。相手の心を動かすインセンティブは何でしょうか?それはアイデアの良し悪しだけでなく、それぞれのアイデアに違った形で存在する「ストーリー」です。その企画が必要だと感じさせるストーリーを、企画の前提から相手と共有することが大切です。特に企画書に関しては、作成時間の7割を伝えたいメッセージの作成とそのストーリー化にあてるのが良いでしょう。

    広告業界のプレゼンスキルとは?

    説得力のあるストーリーでプレゼンすることに長けているのは、広告業界です。1枚の広告で消費者の心を動かし、購買意欲を引き出す広告会社は、人々の耳目を惹きつける多くの手法を研究しています。企画書の作成やプレゼンは広告業界に学びましょう。
    例えば、秀逸な広告のように、忙しい人でもそれを見たり聞いたりしたときに、つい足を止めてしまうような内容にすることが理想的です。それを可能にするのがストーリーです。プレゼン上手な人は、ストーリーをどのように組み立てれば、人々を振り向かせて足を止めさせられるのかというセオリーを熟知しています。

    さらに表示

講義のポイント

  • 企画書編

    提案の手を離れ、「一人歩き」をしても通る強い企画書の作り方を教えます。
    習得するスキル
    □ 短くても効く企画書の構成力
    □ 短時間ですぐに伝わる企画書の力

  • プレゼン編

    単調なプレゼンでは、企画の魅力が半減します。決定権者の気持ちを乗せる「サプライズ」こそが、企画を通す秘訣です。
    習得するスキル
    □プレゼンに「サプライズ」を織り込む方法
    □プレゼンの力を増幅させる「転機」の作り方

現場で実践する力を習得する!

講座で学ぶこと

  • 01

    企画書作成の「すべき」と「すべからず」

    企画書は、言いたいことを伝えようとすればするほど冗長になってしまいます。そして教科書通りの型に当てはめようとすればするほど、いきなりスライドの作成を始めてしまいがちです。「辻褄合わせ」の、どこにでもある企画書とならないために重要なのは、まず伝えたいメッセージを書きだし、それらがすんなりと頭に入るストーリーにまとめることです。そして文章を変えようがない、となった段階で一つ一つのメッセージをスライドに落としていくことで、ライバルと差がつく企画書に仕上がります。本講座では、社内で「一人歩き」する企画書を作成するためのノウハウを学びます。

  • 02

    テンプレートやフォーマットに縛られた企画書は通らない

    企画書作成に関連する参考書籍は世の中に溢れていますが、ただテンプレートやフォーマットに当てはめても、通る企画書はできません。プレゼンで相手に伝えなければならないメッセージと情報は、実はいくつかの種類しかありません。想定される相手の反応に合わせてストーリーを組み立てることが重要です。講義では、通る企画書に必要な最低限の要素を体系的に理解し、ワークショップを通して実践的に身に付けます。また、具体的な事例を通じて、「短時間で明確に伝わる8のテクニック」を、提案のプロが伝授します。

  • 03

    流れの中に「サプライズ」をつくるために
    まずはプレゼンテーションの基本ロジックを身に付ける

    プレゼンの中にサプライズをつくるためには、まず、プレゼンテーションを構成する要素を知り、基本ロジックを知る必要があります。そして構成要素を繋ぎあわせるブリッジを用いて、全体に1本の筋を通していきます。そのうえで本講座では、プレゼンの文脈のどこにサプライズを仕掛けるのかを学びます。いわゆる「起承転結」だけではなく、結論を最初に述べたり、一見関係ない話題から企画の肝に斬り込んだり、あえて企画の弱点をさらしたりするなど手法はいくつもあります。本講座では、プレゼンにおける常套手段を知り、型を破っていく方法を学びます。

  • 04

    重要な点だけを強調すればよいとは限らない

    プレゼンテーションは一つのストーリーです。単によどみなく話すだけでは、その内容は印象に残りません。話には抑揚やリズムが不可欠で、重要な点を強調することで、より深く聞き手の心に届くプレゼンテーションになります。しかし、重要ポイントだけを強調すれば良いとも限りません。むしろ、重要ポイントを際立たせるために、その他の部分で聞き手の注意を引きつけるテクニックがあるのです。例えば、身振りと声の連動、効果的な問いかけの仕方、目線の使い方などです。本講座では、退屈で一本調子なプレゼンテーションにならないために、聞き手の心を掴むためのテクニックを学びます。

講師紹介

  • 清水 久三子氏
    清水 久三子氏
    株式会社AND CREATE 代表

    大手アパレル企業を経て、1998年にプライスウォーターハウスクーパースコンサルタント入社後、企業変革戦略コンサルティングチームのリーダーとして、新規事業戦略立案・展開支援、コンサルタント育成強化、プロフェッショナル人材制度設計・導入、人材開発戦略・実行支援などのプロジェクトをリード。 2005年より、コンサルティングサービス&SI事業部門の人材開発部門リーダーとして5000人のコンサルタント・SEの人材育成リーダーを担い、2013年独立。

    講師からのメッセージ

    企画書を何のために作成するのかという目的設定から始まり、相手の期待を把握するプロファイリングをした上で、メッセージとストーリーを構成し、スライドを作成するところまで一連の企画書作成の流れを習得できます。

    スライドは改善前・改善後のスライドをかなりたくさんお見せします!これによって分かりやすい資料とそうでない資料の特徴をしっかりとつかむことができます。感覚に頼りがちな図解も理論を知ることで迷わずに作成することができるようになります。受講後に資料が変わったと言われる受講生多数の実践的な講座です。

    さらに表示

  • 田中 淳氏
    田中 淳氏
    Bistro JUN 代表

    2020年3月まで在籍した博報堂DYグループで、メディアプランナー・メディアマーケターとして数多くのプレゼンに参画。 社内/社外、単独/チーム、応接室レベルから大ホールレベルまで、多様な状況に対応したプレゼンスキルを蓄積。テレビのプレゼン対決番組で優勝するなどユニークな経歴も持つ。豊富な知見を活かした講義は、ストーリー構築から細部のテクニックまで幅広くカバー。時代の変化に合わせて常に内容をブラッシュアップしている。社会人になった頃は人前で話すのが苦手だったという経験から、講義では精神論も重視。「日常にも応用できる」プレゼンスキルを伝授する。

    講師からのメッセージ

    プレゼンテーションを成功させるための「心構え」「セオリー」「技術」をわかりやすく伝授いたします。すぐに業務に活かせるコツが満載の講座です。
    講師を務める私田中淳は、2020年まで在籍した大手広告代理店でプランナー・プロデューサーとして数多くの企画提案に携わってきましたが、業務遂行において「プレゼン力」は私の絶対的なストロングポイントでした。しかしそんな私も、入社当時は口下手であがり症。多くの先輩方からの励ましやアドバイスによって自信を持つことができました。私の講座が、「プレゼンが苦手」と感じている方の背中を押す力になれたら嬉しいです。
    料理、ドライブ、交響曲、スワローズ、猫。

    さらに表示

現場で実践する力を習得する!

受講生の声

  • 受講生の実績

    今回、ターゲットの期待と理解を明確にしておかないと、結果として自分の考えを十分伝えることはできないと学びました。これまでプレゼンを行う際に良い部分だけを前面にアピールして、聞かれたくない部分を隠すまたは触れずにいました。それは相手に自分がプレゼンしたものに対して良いイメージだけを抱いてもらいたかったからで、でもそれではターゲットの期待と理解にはこたえられていなかったと再認識しました。(食品メーカー)

  • 受講生の実績

    何となく業務で資料を作っていたが、この講習を聞いて具体的にロジカルに資料作りをレクチャー頂き、非常に今後の業務に役立つ内容となりました。(総合ゲームメーカー)

  • 受講生の実績

    スライドのBefore・Afterがとても役立った。(インフラ系会社)

  • さらに表示

  • 受講生の実績

    資料デザインのビフォーアフターの例がたくさんあり、とても分かりやすかったです。(広告会社)

  • 受講生の実績

    仕事で役に立ちそうなことばかりでした。(食品メーカー)

  • 受講生の実績

    アクションプランに落とし込みやすい講義ですぐ業務に活かせそう。外資コンサル等ではおそらく当たり前のように教育されているような内容でも、知らないまま進めていて当たり前のように生産性と質を落としていたなと思う。(システム会社)

  • 受講生の実績

    大変勉強になった。1つ1つ丁寧に整理していくことが大切だと改めて感じた。(システム会社)

  • 受講生の実績

    伝えたいことが何か、をまず明確にすることが重要だと思いました。組み立てやどのグラフを使うか、の過程で悩むことなく進められる。(ソリューション開発)

  • 受講生の実績

    そこまで深堀して考えたことはなかったなと思うことがたくさんあり、日ごろから、身に着けていく必要があるなと感じた。(化学樹脂メーカー)

  • 受講生の実績

    企画書の作成におけるテクニックだけでなく、考え方の部分に重点を置いて説明されていたのが非常に良かった。(イベント・広告)

  • 受講生の実績

    什器製作や動画制作の企画提案においてストーリー展開の参考にしたい。(SP会社)

  • 受講生の実績

    企画書を検討する際に、基本的な事項を学べて非常に勉強になりました。スライドを作成する際の留意事項が明確になりました。(外資系広告会社)

カリキュラム

カリキュラム
時間 講義内容
約220分 企画書作成編
  • 他の企画書に差をつける!人を動かす企画書の流儀
  • ・目的、ゴール設定
  • ・相手を分析プロファイリング
  • ・主張と根拠をメッセージに組み立てる
  • ・相手が理解、納得しやすいストーリーを構成する
  • ・スライドの構成
  • 資料作成スキル大幅アップ!スライドBefore ・After
  • ・資料のノイズカットとフォーカス
  • ・文字、文章
  • ・表の作り方
  • ・グラフの作り方
  • ・図解のテクニック
  • ・カラーリングとイラスト
  • ・Before ・After によるスライド改善テクニック紹介
約210分 プレゼンテーション編
  • プレゼンは誰でも上手くなる!予定調和に陥らないためのプレゼンの技
  • ・眼に見えない“商品”を売る広告界のプレゼンテーションスキル
  • ・プレゼンでの声の使い方
  • ・プレゼンでのボディランゲージを知る
  • ・“肝”の部分以外での盛り上がりの作り方
  • 印象に残るプレゼンには、サプライズがあるプレゼン実践演習
  • ・プレゼンテーションの起承転結を作る
  • ・プレゼンテーションにおける“驚き”とは
  • ・ロジカルさとドラマティックさのバランスを作る

実際の講義を無料で体験する

概要

概要
受講形態 宣伝会議オンライン内でオンデマンド配信
お申込み日から7日間視聴可能。
視聴期間内であれば、ご自身の自由なタイミングで視聴できます。

受講のご案内 【実施上の注意】
本講義は、オンライン配信講義となりますご受講はお申込み者限りとしており、複数名での受講の場合、人数分のお申込みが必要です。お申込者には、宣伝会議IDを通じて視聴環境をご提供しております。同一IDでの複数人での視聴・社内上映などは固くお断りしております。

【受講上のご案内】
・講義は宣伝会議オンライン上でご視聴いただきます。該当期間内に宣伝会議マイページの「オンライン講座を見る」に進み、動画をご視聴ください。
・視聴の際は、申込者ではなく実際に受講される方のマイページ登録が必須となります。
・本講義には質疑応答はございません。

【レジュメについて】
講義資料はご視聴頂くマイページからPDF形式でダウンロードしていただきます。
受講料金 1名受講
オンデマンド講座
49,000円(税込 53,900円)
申込金5,000円(税込 5,500円)含む
人数無制限
オンデマンド研修
500,000円(税込 550,000円)
例)60名受講で1名8,333円に
人数無制限について
  • ・(受講手順)申込後、全受講者の視聴開始まで、最短で3営業日ほど要します。申込後に、事務局から別途、視聴開始日や受講者を指定するためのご案内をお送りします。
  • ・(視聴開始日)視聴開始日は、数日~数カ月先の指定も可能です。受講者への事前連絡も想定し、余裕をもった申込みをお勧めします。
  • ・(視聴期間)視聴期間は7日間で、延長キャンペーン対象外です。
  • ・(対象)人数無制限の対象は、同一の企業・団体の従業員の方です。親会社・子会社・関連会社の従業員の方は対象外となります。
    ※お申込に進む際「ご自身が受講する」「ご自身以外が受講する」との選択肢が出てまいります。こちらは1名受講に関する選択肢となりますため、人数無制限プランの場合はいったん「ご自身が受講する」を選択ください。その場合も、ご自身以外の複数名で受講いただけますのでご安心ください。
  • ・(年間割引)人数無制限で6講座以上をまとめて申込みをすると、年間割引の対象となり、全講座の視聴期間3倍(21日間)、カリキュラム編成ご支援等、様々な特典が受けられます。
年間割引プランの設定方法
割引チケットについて 法人割引窓口の設定方法

※この講座は、法人窓口の設定により1講座あたりの受講料金が約7割引におさえられる「スタンダードトレーニング」対象です。

受講対象 Webサイトを管理するWeb・広報担当の方、デジタルメディアに出稿する宣伝・マーケティング担当の方、Webを発注する制作会社との窓口担当の方など
資料パンフレット
注意事項 受講は申込者本人に限ります。他人に貸与・譲渡することはできません。
お申込み後のキャンセルは原則承っておりません。
教室・オンラインライブ講座は、個人申込の場合、受講料について開講前のご入金を原則とさせていただいております。 オンデマンド講座は、お申し込み後すぐに受講案内メールをお送りしており、メール受信後、ご視聴いただけます。 そのため、視聴の有無に関わらず、お申し込み後のキャンセルは一切、承っておりません。 詳しくは、特定商取引法に基づく表示をご覧ください。
  • ・1名単位でのご受講は「1名受講」
  • ・部門や全社でまとめて受講される場合は「人数無制限」
  • ・体系的な研修企画には「部門研修を計画する」が役立ちます。

お申し込み