Corporate Branding Conference ~オウンドメディア&SNS編~

Corporate Branding Conference ~オウンドメディア&SNS編~

Corporate Branding Conference ~オウンドメディア&SNS編~

セミナー主旨

2020年にオリンピックを迎え、さらにそれ以降の企業成長のために、 数多の企業がコーポレートブランドを強化しようとしています。しかし、急速に変化する社会や生活者の価値観に対して、 何を自社の価値としてとらえ、それをどう伝えるのかを戦略立てて実行することに、多くの企業は課題に感じています。 時にコーポレートブランド強化には欠かせないオウンドメディアを強化する企業は増えていますが、ゴール設定・体制・予算・運営など、成果を上げるために日々苦労をされている企業の悩みを多く聞きます。
本カンファレンスでは、オウンドメディアの立ち上げや運用で陥りやすい失敗の要因を見つけ、 成功するためのノウハウや企業事例をご紹介します。企業ブランディングとして機能するオウンドメディア構築・運用のヒントをご提供します。

開催概要

開催日 2020年2月4日(火) 10:30~14:50(開場:10:00)
会場 宣伝会議セミナールーム
東京都港区南青山3-11-13 新青山東急ビル8F (表参道駅より徒歩3分)
定員 約300名※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
対象 メーカー、サービス業の広報部門 コーポレートコミュニケーション部門 経営企画部門 マーケティング担当者
参加費 無料 (※事前登録制)
主催 株式会社宣伝会議
お問い合わせ 宣伝会議 セミナー事務局
TEL:03-3475-7666
Mail:event@sdkg-info.com
受付時間:平日10:00~18:00(土日祝日は除く)

プログラム

参加希望のセミナーにチェックのうえ、「チェックを付けたセミナーに申し込む」よりお申し込み画面にお進みください。
※ 同じ時間帯のセミナーは選択できません。

本イベントへのお申し込みには、 「宣伝会議ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。

満席【オープニング】10:30 ~ 11:20

「企業の姿勢を伝えていく BAKE のオウンドメディア活用」

【講演者】
株式会社BAKE
広報室 室長
北村 萌 氏

セミナー詳細

北村 萌 氏

  • 【講演者】
    株式会社BAKE
    広報室 室長
    北村 萌 氏

海外発のスイーツブランドの広報や事業会社のマーケティング等を経て、2016年3月にBAKE Inc.に入社。広報室を立ち上げる。「PRESS BUTTER SAND」や「BAKE CHEESE TART」などBAKE Inc.が運営する7ブランドの国内外PRと新ブランドローンチに関するPR活動全般を担当。またオウンドメディアを含む企業全体の情報発信とコーポレートブランディングを担っている。

閉じる

満席 【A1】11:30 ~ 12:10

「オウンドメディア起点のマルチチャネル戦略と体験価値向上」

【講演者】
株式会社電通デジタル
オウンドメディアプランニング事業部 コンサルタント
藤井 貴章 氏

株式会社電通デジタル
オウンドメディアクリエーティブ事業部 マーケティングプランナー
兵頭 憲太 氏

セミナー詳細

オウンドメディアを核としたマーケティングでは、「誰に?」「何を?」を定めた上で戦略策定を行い、各チャネルの役割や環境に応じて丁寧にコミュニケーション設計をすることがポイントです。
本講演では、各ユーザーの状況やモーメントに合わせた「おもてなし」をすることで、コンバージョンや顧客満足度を高めること、さらには長期にわたった関係構築をしていくために、顧客データやツールを駆使して、どのように顧客パーソナライズ施策を行っているのか、実際にどう仕組み化しているのかなど、事例に基づいてご紹介します。

藤井 貴章 氏

  • 【講演者】
    株式会社電通デジタル
    オウンドメディアプランニング事業部 コンサルタント
    藤井 貴章 氏

電通デジタル前身の電通イーマーケティングワンに2014年入社。輸入車メーカー、通信会社、大手金融等のCRM・デジタルマーケティング業務に従事。顧客データを活用したプランニング・分析が得意領域とし「パーソナライズ施策実行支援」「MAを活用したナーチャリング~成約促進シナリオ策定」等を担当。

兵頭 憲太 氏

  • 株式会社電通デジタル
    オウンドメディアクリエーティブ事業部 マーケティングプランナー
    兵頭 憲太 氏

2017年 電通デジタルに入社。輸入車メーカーおよび自動車販売会社のサイト企画・運用/リードジェネレーション関連業務を担当。「リードジェネレーションキャンペーン企画/運用」「ブランドサイト設計/構築」「販売店のデジタルマーケティング支援業務」など輸入車クライアントを中心に幅広く業務を担当。

閉じる

満席【ランチ交流会】12:15 ~ 13:15

※立食形式・参加無料を予定しています。参加者、登壇者の皆様との交流の場としてご参加ください。

満席 【A2】13:20 ~ 14:00

「下着の脳内シェアを高める「WACOAL BODY BOOK」運用のポイント」

【講演者】
株式会社ワコール
総合企画室 広報・宣伝部 WEB・CRM企画課
西島 いくこ 氏

セミナー詳細

インナーウェアは購入頻度が少ないだけでなく、ふだんの生活でもあまり意識されることがありません。だからこそ、下着の“脳内シェア”を、いかに上げていくかが課題となっています。日常の生活で「からだの大切さ」「美しさ」「下着の楽しさ」を意識してもらうための情報サイト「WACOAL BODY BOOK」の取り組みをご紹介します。

西島 いくこ 氏

  • 【講演者】
    株式会社ワコール
    総合企画室 広報・宣伝部 WEB・CRM企画課
    西島 いくこ 氏

WEB制作・通販会社を経て、2014年株式会社ワコール入社。サイト運営・プロモーション・SEOなどWebに関する業務に携わり、現在はオウンドメディア「ワコールボディブック」の運営を中心に、SNS、メルマガ配信、イベントの企画運営などを担当。

閉じる

満席 【A3】14:10 ~ 14:50

「GMOあおぞらネット銀行様事例を通して知る、デジタル時代のマーケティングコミュニケーション」

【講演者】
GMOあおぞらネット銀行
ビジネスソリューショングループ
マーケティングチーム
福井 広樹 氏

株式会社電通デジタル
ビジネスディベロップメント事業部
コミュニケーションマネジャー
宮下 敬志 氏

株式会社電通デジタル
エクスペリエンス部門ソーシャルメディア事業部
クリエイティブプランナー
江草 香苗 氏

セミナー詳細

GMOあおぞらネット銀行様は、オウンドメディアを核としながら、ターゲット見込層に加えてインナー(自社やグループ会社社員)への認知やイメージアップも狙い、エクスペリエンス観点でのマーケティング展開を実施しました。
当日は、GMOあおぞらネット銀行のご担当者様をゲストにお迎えし、具体的事例のご紹介に加え、事業会社内での施策の通し方やKPIの考え方、キャンペーンの実業貢献度合いなどのマーケティングの可視化についてお伝えします。

福井 広樹 氏

  • 【講演者】
    GMOあおぞらネット銀行
    ビジネスソリューショングループ
    マーケティングチーム
    福井 広樹 氏

クレジットカード会社、ネット銀行、通信キャリアを経て、現職に。主に会員向け利用促進の立案・実行・推進に携わる。現在は、認知拡大のための広告宣伝・自社SNS運用の企画、口座保有者向けのCRM企画を担当。

宮下 敬志 氏

  • 株式会社電通デジタル
    ビジネスディベロップメント事業部
    コミュニケーションマネジャー
    宮下 敬志 氏

大手食品メーカーの販売促進会社、外資系広告代理店、大手損害保険会社を経て2016年9月に電通デジタルに入社。事業会社と支援会社の双方を通じてマーケティングコミュニケーション(調査・企画・宣伝・販促など)・新規開拓営業を実践。直近では自社の教育研修プログラム策定、新規リードマネジメントを担当。

江草 香苗 氏

  • 株式会社電通デジタル
    エクスペリエンス部門ソーシャルメディア事業部
    クリエイティブプランナー
    江草 香苗 氏

2017年、電通デジタル入社。インスタグラムやツイッターなどのソーシャルメディアを起点としたマーケティング業務に従事。前職では大手制作会社にて、コスメ/ファッション/食品飲料/家電/金融など、幅広い業種クライアントのWeb-CMを中心としたコンテンツの企画制作を担当。多摩美術大学絵画学科卒。

閉じる

お申し込み

本イベントへのお申し込みには、「宣伝会議ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方はログイン後、こちらのイベントお申し込みページにて参加希望のセミナーにチェックのうえお申し込みください。

未登録の方はお手数ですが 「宣伝会議ID」への会員登録(無料) より会員登録を完了させます。
会員登録完了後、こちらのイベントお申し込みページにて参加希望のセミナーにチェックのうえお申し込みください。

※ 宣伝会議IDへの会員登録完了は本イベントのお申し込み完了ではございませんのでご注意ください。

お申し込みは締切りました。多数のお申し込み、ありがとうございました。

PAGE TOP