ENTRYエントリーする
MENU
project
PROJECT1

人を育て、
地域の課題を解決!
九十九島 旅クリプロジェクト

長崎県 佐世保市

地域の課題を解決するためのプロジェクト

企業の課題から国の課題へ 企業の課題から国の課題へ

宣伝会議には、ここ数年で自治体や地域の協会団体からのお問い合わせや相談が増えています。「予算に左右される単発のプロモーションではなく、地域に根付くプロジェクトができないか」、「プロに依頼するにしても、それに対応できる人材がいないため、マーケティング活動を実務に生かせる人材育成ができないか」といった内容が中心です。メディア事業と教育事業を展開している宣伝会議だからこそのサポートを求められています。

そのひとつ、クリエイター参画で地域の活性化に取り組む、クリエイティブ専門誌『ブレーン』のプロジェクト。「旅」+「クリエイティブ」で「旅クリ」。クリエイターと地元のメンバーでチームを組み、ワークショップ形式で新しい旅や遊びのかたちを作り上げ、地域の魅力を発信していきました。

第一弾は、長崎県佐世保市の九十九島(くじゅうくしま)が舞台。“地域活性クリエイター”養成のための特別講座「九十九島大学」を開講し、全国から集まった受講生と、九十九島の魅力をよく知る地元メンバーが、九十九島ならではの99の体験コンテンツとそれを広く伝えるコミュニケーションプランを共に創りあげました。

人を育て、地域の魅力発信力を高める

人を育て、地域の魅力発信力を高める

自然、歴史、食、文化など多様な魅力がありながら、全国での認知度が低いことが課題でした。同じ佐世保市の観光といえば「ハウステンボス」や「佐世保バーガー」が全国的にもよく知られ、佐世保市を訪れる人は増えつつありますが、それらの地からもほど近く、自然豊かな国定公園である九十九島の認知、またその魅力を知る人はまだ多くありません。
情報発信にとって重要なことに、"伝える人たちにとっての魅力"を発見し、"その魅力を伝える人たちにわかる形"で提供することがあります。そのためには、発信すべき情報が何かを見つけ、今のメディア事情を知ることが必要です。

実践しながら定着させ、継続する事業にする

地元の人々と協力し、魅力を広める 地元の人々と協力し、魅力を広める

第一線で活躍するクリエイターを講師に、コンテンツの作り方や発信の仕方といった技術を学び、同時に九十九島を舞台に実践します。地元の人にとっては当たり前のことも、外部からの参加者にとっては面白いコンテンツが沢山ありました。また、その情報発信も地元の方々が実際に行い、反応を感じながら進めることでプロジェクト自体が継続し、自走することを目指しています。

「人を育てる」宣伝会議だからこそできる、地域活性のカタチ。九十九島をはじめ、全国各地で今後も展開していく予定です。 なお本プロジェクトは、人材を育成し、継続する仕組み自体を評価され、2015年にグッドデザイン賞を受賞しています。

宣伝会議では、グループや全国各地域に展開する本部のネットワークを活用し、広告会社やコンサルティングとは違う形での地域活性をサポートします。メディアとして中立な立場だからこそできる協業や共創を実現し、「自走し持続する、地域の活性化の新しい形」を提案していきます。

  • 本プロジェクトは2015年にグッドデザイン賞を受賞しました
  • 本プロジェクトは2015年にグッドデザイン賞を受賞しました
プロジェクトトップ