宣伝会議リージョナルサミット2021

宣伝会議リージョナルサミット2021

参加
無料

2021128日(水) ~ 20211210日(金)

セミナー主旨

【強い「意思」が、未来をつくる。-VUCAの時代に必要な決断する力-】
マーケティングの顧客起点の発想が、企業全体に必要とされている今、いかにして顧客に寄り添うか?というテーマは経営課題と言えます。しかし、単にテクノロジーを活用し、顧客体験を向上するだけでは、ブランド体験のコモディティ化を引き起こしかねません。自分たちは、顧客や社会に、どのような価値を提供する存在でありたいのか? 社会において、どのように一翼を担いたいのか? 企業そしてマーケターの強い「意志」があるからこそ、体験価値に独自性が生まれます。「自分たちはどうありたいのか?」意思をもって選び取る。その意思にテクノロジーが掛け合わさることで、これまでにないブランド体験が育まれるのではないでしょうか。
今年の宣伝会議サミットは、テクノロジーが進化を遂げる時代に顧客や社会と向き合う「意思」を持ち、最前線で活躍するマーケターと共に開催します。
「宣伝会議リージョナルサミット」は、Withコロナ時代を見据えて地域からブランドや事業を展開するマーケターたちが“クリエイティビティの創発への気づき”を会場・オンラインを併用して発信いたします。

スケジュール

  1. 名古屋

    2021128日(水)

    宣伝会議 中部本部セミナールーム

    愛知県名古屋市東区東桜1-13-3 NHK名古屋放送センタービル6F

  2. 大阪

    2021129日(木)

    宣伝会議 関西本部セミナールーム

    大阪府大阪市北区堂島2-1-31 京阪堂島ビル5F

  3. 福岡

    20211210日(金)

    宣伝会議 九州本部セミナールーム

    福岡県福岡市中央区天神2-14-8 福岡天神センタービル7F

※全日程LIVE配信を行います。LIVE配信は、全国どちらからでもご視聴いただけます。

※本セミナーは新型コロナウイルス感染症対策のため、各会場での受講人数を制限のうえ実施いたします。
会場での受講お申込は抽選を行い、開催1週間前を目途に「抽選通過」の方のみご連絡いたします。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。
【新型コロナウイルスへの対応方針】

プログラム

参加希望のセミナーにチェックのうえ、「チェックを付けたセミナーに申込む」よりお申込み画面にお進みください。

本イベントへのお申込みには、「宣伝会議ID」への会員登録(無料) が事前に必要となります。

名古屋 2021年12月8日(水)

  1. 【A1】9:3010:10

    企業理念を実現し続ける「やまちゃん」の意思決定プロセス

    「リピーター」→「リテーバ」など社内で言葉を変換し、スタッフの共通語とすることで、一つ一つの会話から顧客視点への意識をより強くしてきた、エスワイフ―ド。「やまちゃん」を筆頭に飲食サービスを展開しつつ、コロナ禍においても新しい店舗を展開してきたほか、自宅でも楽しめる商品も発売。企業理念を落とし込み、社員とともに体現していく山本代表に、これからの企業の在り方のヒントをお聞きします。

    【講演者】

    山本 久美 氏

    株式会社エスワイフード
    代表取締役
    山本 久美 氏

    1980年 名古屋市立守山中学校 入学 バスケットボール部に所属し、3年間全国大会優勝を果たす
    1986年 愛知教育大学入学
    1990年 名古屋市内小学校教諭となる 小学校男子バスケクラブチームの監督として全国で3度優勝
    2000年 結婚を機に退職 株式会社エスワイフード入社、役員となる
    2016年 8月に夫である前会長山本重雄の急逝により、株式会社エスワイフード代表取締役となり、現在に至る

  2. 【A2】10:2511:05

    ~コメ兵の事例から学ぶ~新規顧客獲得に貢献するオウンドメディア戦略

    D2Cが急速に広まり、誰でもブランドを作ってモノを売れる時代に突入しました。熾烈な顧客獲得競争が繰り広げられる中、SEOやSNSでブランドのストーリーを伝えて新規顧客を獲得できるオウンドメディア施策の重要性が高まっています。本ウェビナーでは、弊社制作支援のもと株式会社コメ兵が3年間運営しているオウンドメディア『KOMERU』の事例を交えて、新規顧客獲得につながったオウンドメディア施策の秘訣を紹介します。

    【講演者】

    品原 由衣 氏

    株式会社スマートメディア
    デジタルマーケティングDiv.
    事業本部長
    品原 由衣 氏

    2011年 トレンダーズ株式会社入社。インフルエンサーマーケティングのディレクターを担当。2018年9月 スマートメディアに入社。コンテンツマーケティング事業部の事業責任者として多種多様な業界の企業オウンドメディアにおける戦略策定・運営・コンテンツ制作に携わる。現在ではEC事業者向けのSaaS型CMS「Clipkit for EC」のサービス開発・マーケティング・営業を統括。

    成井 五久実 氏

    株式会社スマートメディア
    代表取締役
    成井 五久実 氏

    新卒で株式会社ディー・エヌ・エーに入社しデジタル広告営業を経験。その後トレンダーズ株式会社に転職、100社以上のPR・女性マーケティングを担当する。2016年、28歳で株式会社JIONを設立し男性向けの情報サイト運営を通し1年で事業売却。現在は大手PR会社の株式会社ベクトルの戦略子会社「スマートメディア」の代表としてCMS事業・オウンドメディア事業を中心としたコンテンツマーケティングの領域を担当。

    株式会社スマートメディア

  3. 【A3】11:2012:00

    マーケターの視点の違い。メーカーからサービス企業へ。~ブランド訴求の重要性~

    製菓メーカーでのマーケティングの経験を経て、サービス業へと踏み込んだ伊藤氏。経験を活かした商品開発を軸に業務を進める中で、見えてきたブランドの在り方。お客様は何をもってそのサービスの開始を決めるのか、商品を購入するのか。または、サービス業の顧客接点として重要なスタッフはどういった思いで接客に向き合い、お客様にはどれだけそれが伝わるのか。社会、生活者の大きな変化の中で、会社、ブランドは、生活者とどう向き合うのか。メーカーとサービス業とでマーケティング活動を進めてきた中で、何が異なり、どんな共通点があるのか、そしてそれぞれのポイントを踏まえて、自社のマーケティングに何を活かすのか、お時間の限り伺っていきます。

    【講演者】

    伊藤 大介 氏

    株式会社バイオテック
    マーケティンググループ
    グループリーダー
    伊藤 大介 氏

    1977年、静岡県生まれ。
    2000年、大学卒業後、製菓メーカーへ入社 企画開発、マーケティングを担当
    2018年 育毛サロン、株式会社バイオテックへ入社 商品企画を経て、2019年よりマーケティンググループを担当

  4. 12:0012:30

    ネットワーキングタイム
    【広告主限定 完全招待制】

  5. 【A4】12:3013:10

    成果があがるWebサービスに育てるための5つのステップ 課題の発見から新規施策の実施、リアルとの統合まで

    「今のWebサイトが思うように改善できない」、「サービス運用チームが機能しない」など運用・グロースでお悩みのご担当者も多いかと思います。本プログラムでは、クライアントと共に考えて創り上げる「伴走型のグロースデザイン」を牽引するプロジェクトマネージャーから、プロセスデザイン、組織デザインについて、生活者の情報取得が紙からデジタルに移行した不動産業のプロジェクトを例に、”ビジネス成果を高めるグロース戦略”をお伝えします。

    【講演者】

    片山 高之介 氏

    株式会社アクアリング
    PDグループ
    プロジェクトマネージャー
    片山 高之介 氏

    Web制作会社においてディレクター、IRサービス会社にてコンサルタントを経て、2017年アクアリング入社。アクアリングでは主にWebサービスをグロースさせる中長期の伴走プロジェクトにて、PMとしてKPI・戦略策定といった上流から、構築・効果測定・改善といった制作・運用業務までの全体指揮を担当するグロースデザインのエキスパート。担当クライアントとしては、MTG、ニッショー、ノリタケ、矢作地所など。

    藤井 英一 氏

    株式会社アクアリング
    取締役副社長
    藤井 英一 氏

    Web制作会社にてデザイン、フロントエンド、システム開発といった一連の制作工程を経験。2011年アクアリング入社。2019年8月より取締役副社長に就任。アクアリングでは、中部国際空港セントレア、名古屋グランパス、ブラザー、ファッションウィーク東京などのWebサイトの戦略立案から設計、構築までを幅広く実施。

    株式会社アクアリング

  6. 【A5】13:2514:05

    「ジムテリア」のメーカーが取り入れる、ヒット商品を生み出すコピーライティングの視点

    SNSの普及、デジタル化が加速していく時代。モノが売れるためには「明確なコンセプト」や「一言でいうと〇〇です」など1秒で伝わるコミュニケーションが大きな強みとなります。500以上の商品企画、広告制作に携わった経験談をもとにビジネスパーソンが実務に取り入れられるようなお話しをします。

    【講演者】

    山本 良磨 氏

    株式会社アメイズプラス
    代表取締役
    山本 良磨 氏

    2008年(株)アメイズプラスを創業。ヘルスケア商品を企画開発する傍ら、グラフィック・WEB広告制作にも携わる。楽天にて、枕が年間総合ランキング1位を獲得。(インテリア、寝具の部門)その後、自社ECを強化しD2Cを開始。2020年フィットネスブランド「ジムテリア」を立ち上げ、グッドデザイン賞を受賞。通算で300商品以上をプロデュースし、商品企画~広告クリエイティブ全般のコミュニケーション設計を行う。

  7. 【A6】14:2015:00

    中部インフルエンサーマーケティングのケーススタディ ~インサイトとUGC施策~

    緊急事態宣言が明け、国民のワクチン接種率も60%を超え、各自治体や企業がワクチン接種者向けの特典を提供することを契機に「リベンジ消費」が期待される。この消費拡大のタイミングでより収益をあげるには、コロナ禍で閲覧時間が増加した追い風のSNSを活用することが不可欠。本講演では、SNSマーケティング事例をもとにKPIとして重要なインサイトやUGCについて解説し、初めてSNSマーケティングやアカウント運用を実施する方や自社の施策を更にブラッシュアップしたい方に当社のノウハウをお伝えしていきます。

    【講演者】

    請井 佑香

    ソーシャルワイヤー株式会社
    法人営業部セールスGr.
    請井 佑香 氏

    2018年ソーシャルワイヤーに入社、名古屋支社の責任者として従事し、約200社以上にインフルエンサーマーケティングを中心としたSNSを活用したマーケティングPR業務の企画立案から提案、運用、分析レポーティングまで行う。主なクライアントは美容、観光、食品、アパレルなど。 愛知県出身、趣味は野球観戦・ゴルフ、座右の銘は何事もなんとかなるさ。

  8. 【A7】15:1515:55

    医師のお墨付きが、お客様の「買いたい」気持ちをつくる 新しいヘルスケアマーケティングの可能性

    ヘルスケア市場においては、如何にして機能性を伝え、競合商品との差別化を図るかが重要です。しかし、広告表現の制限や、次々と投入される競合商品など、企業のマーケティング担当者の課題は尽きません。本講演では、医師のネットワークとデータを活用して『医療×IT』に特化させたマーケティング支援を行うエムスリーがヘルスケアマーケティング市場の動向と、医師と連携したマーケティング手法に関してご説明します。

    【講演者】

    津田 宗利 氏

    エムスリー株式会社
    AskDoctors総研所長
    兼ヘルスケアマーケティンググループ
    グループリーダー
    津田 宗利 氏

    1977年、大阪府生まれ。2002年5月、関西大学卒業後、広告会社を経て、株式会社ぐるなびに入社。
    会員サービス、ECモール事業、モバイル戦略、外部アライアンス、広報等の担当を歴任。2015年3月、エムスリー株式会社に入社。
    ヘルスケア商材のマーケティング支援事業(AskDoctors評価サービス等)を主導。

  9. 【A8】16:1016:50

    企業の存在意義を再構築し、企業と商品のあるべき姿を共有する方法~パーパスにフォーカスしたブランディング戦略術~

    「ユーザーや市場、さらには社会にどんな価値を提供しているのか?」。企業にとって、今ほどその存在意義が問われることはなかったと言えます。独自価値を打ち出し、市場での競争優位を獲得していく。そうした事業活動の中、「会社の存在意義」を再確認していく企業が増えています。サスティナブルな社会の実現、SDGsへの取組みなど、企業に求められる社会的責任が増すなか、企業や商品の存在意義を再構築していく動きは今後ますます加速していくことが予想されます。本講演では企業や商品の独自価値から存在意義を定義し、社内で共有していく方法を、成功事例を交えてお伝えします。

    【講演者】

    井尻 雄久 氏

    株式会社B&C Lab 代表
    ブランディングディレクター
    井尻 雄久 氏

    インナーからエクスターナルまで、ブランディングを一貫して支援。企業の独自価値を発見し、ビジョンに落とし込むワークショップ、従業員のモチベーションを引き出すインターナル施策に定評がある。企業のみならず、地域行政、医療機関などの支援に幅広く活動。JR東日本企画、電通を経て、2013年株式会社B&C Labを設立。著書:売れる商品の原動力 ~インナーブランディングの思想

  10. 【A9】17:0517:45

    生活者の行動が激変したコロナ禍
    KDDIの持つ人流データを活用した新しいマーケティングの構想とは?【中部篇】

    withコロナの時代となり、人流をはじめ社会は大きく変化しました。そういった時代においては、データを活用して、顧客の変化、社会の変化を読み解き、それを実際に活用していく、いわゆるDXの取り組みを進めることが重要だと考えています。本プログラムでは、位置情報ビッグデータなどKDDIのアセットを活用した企業様、自治体様での顧客接点のDX事例をお伝えいたします。また、講演内で当社位置情報ビッグデータを用い、名古屋エリアにおけるコロナ禍での人流動向を簡単な分析を交えてご紹介いたします。

    【講演者】

    山本 隆広 氏

    KDDI株式会社
    サービス統括本部
    データマネジメント部長
    山本 隆広 氏

    モバイルインターネット事業における認証・課金PFの企画
    開発やスマートフォン向け商品サービスの企画、開発を経て、2015年からKDDI、auのデータ利活用推進を担当
    2021年から現職に就き、データ活用による企業とのアライアンスを推進

  11. 17:5018:20

    ネットワーキングタイム
    【広告主限定 完全招待制】

大阪 2021年12月9日(木)

  1. 【B1】9:3010:10

    ロングセラーブランドのコミュニケーション戦略

    【講演者】

    塚田 歩 氏

    ロート製薬株式会社
    プロダクトマーケティング部 部長
    塚田 歩 氏

    1971年生まれ。1996年ロート製薬入社、マーケティング・ロジスティクス・広告・D2C・営業など広く多様な職務を経験。
    マーケティング時代には大ヒットブランド「肌ラボ」ブランドの立ち上げに関わる。
    全社横断プロジェクトに参加しコーポレートスローガンの制定に関わり2004年「よろこビックリ誓約会社」、2016年「NEVER SAY NEVER」の制定をリード。
    2020年より現職。

    黒田 浄治 氏

    六甲バター株式会社
    マーケティング部 部長
    黒田 浄治 氏

    1985年六甲バター株式会社に入社。
    東京での営業職を経て、2004年から本社営業本部の営業企画や新事業開発を担当。
    2018年からは開発本部マーケティング部にて主に家庭用商品の商品企画やブランドコミュニケーションなどに従事。

  2. 【B2】10:2511:05

    ~メガネの愛眼の事例から学ぶ~新規顧客獲得に貢献するオウンドメディア戦略

    D2Cが急速に広まり、誰でもブランドを作ってモノを売れる時代に突入しました。熾烈な顧客獲得競争が繰り広げられる中、SEOやSNSでブランドのストーリーを伝えて新規顧客を獲得できるオウンドメディア施策の重要性が高まっています。本ウェビナーでは、弊社制作支援のもと株式会社愛眼が3年間運営しているオウンドメディア『Aigan STYLE』の事例を交えて、新規顧客獲得につながったオウンドメディア施策の秘訣を紹介します。

    【講演者】

    品原 由衣 氏

    株式会社スマートメディア
    デジタルマーケティングDiv.
    事業本部長
    品原 由衣 氏

    2011年 トレンダーズ株式会社入社。インフルエンサーマーケティングのディレクターを担当。2018年9月 スマートメディアに入社。コンテンツマーケティング事業部の事業責任者として多種多様な業界の企業オウンドメディアにおける戦略策定・運営・コンテンツ制作に携わる。現在ではEC事業者向けのSaaS型CMS「Clipkit for EC」のサービス開発・マーケティング・営業を統括。

    成井 五久実 氏

    株式会社スマートメディア
    代表取締役
    成井 五久実 氏

    新卒で株式会社ディー・エヌ・エーに入社しデジタル広告営業を経験。その後トレンダーズ株式会社に転職、100社以上のPR・女性マーケティングを担当する。2016年、28歳で株式会社JIONを設立し男性向けの情報サイト運営を通し1年で事業売却。現在は大手PR会社の株式会社ベクトルの戦略子会社「スマートメディア」の代表としてCMS事業・オウンドメディア事業を中心としたコンテンツマーケティングの領域を担当。

    株式会社スマートメディア

  3. 【B3】11:2012:00

    周年イヤーの迎え方

    【講演者】

    味志 太郎 氏

    株式会社 赤ちゃん本舗
    代表取締役社長
    味志 謙司 氏

    1970年12月生まれ。1993年3月法政大学経営学部卒業。
    株式会社イトーヨーカ堂入社。2007年株式会社赤ちゃん本舗出向。
    2010年黒字化の一翼を担った。2014年に始めたリ・ブランディングの指揮をとり、コーポレートメッセージをはじめ企業理念を刷新し、社内の意識改革にも注力。
    その後販売、営業を歴任し、販売本部長だった15年度に売上高1000億円を突破。2021年3月1日より代表取締役社長に就任。

    今川 清隆 氏

    株式会社サクラクレパス
    マーケティング部 部長
    今川 清隆 氏

    1961年生まれ。大阪府立大学工学部応用化学科卒業。1985年、株式会社サクラクレパス入社。中央研究所に勤務、樹脂膜の剥離技術を担当。1992年、学芸員資格取得し、サクラアートミュージアム勤務。その後、サクラクレパスが展開する文化事業であるアートサロン事業部へ。アートサロン事業部を兼務として、2016年より現職。

  4. 12:0012:30

    ネットワーキングタイム
    【広告主限定 完全招待制】

  5. 【B4】12:3013:10

    アプリを基軸にした次世代のCRM~10,000社の支援から見えてきた3つのトレンド~

    消費者の多様化やデジタルシフトの加速、コロナウイルス感染拡大などの影響により、マーケティングを取り巻く環境は過渡期を迎えています。その中で注目されているのがアプリを基軸にした次世代CRMです。本講演では、約10,000社のマーケティングを支援してきたエンバーポイントが、なぜ今アプリが注目されているのか、また顧客データを活用してエンゲージメント構築を行う手法について実践例を交えご紹介します。

    【講演者】

    西本 慎太郎 氏

    エンバーポイント株式会社
    CMO
    西本 慎太郎 氏

    京都大学工学部卒、同大学院工学系研究科修了。
    野村證券でM&Aアドバイザリー業務に従事した後、Bain&Companyでは、小売・メーカー・金融等の企業に対し、マーケティングや経営のコンサルティングサービスを提供。
    主に、マーケティング戦略立案・実行支援、顧客満足度(NPS)の向上支援等。
    その後、様々な課題が山積している国内CRM業界を変革することをビジョンに掲げるエンバーポイントへの転職を決意し、現在はCMOとして従事している。

  6. 【B5】13:2514:05

    Coming Soon

  7. 【B6】14:2015:00

    医師のお墨付きが、お客様の「買いたい」気持ちをつくる 新しいヘルスケアマーケティングの可能性

    ヘルスケア市場においては、如何にして機能性を伝え、競合商品との差別化を図るかが重要です。しかし、広告表現の制限や、次々と投入される競合商品など、企業のマーケティング担当者の課題は尽きません。本講演では、医師のネットワークとデータを活用して『医療×IT』に特化させたマーケティング支援を行うエムスリーがヘルスケアマーケティング市場の動向と、医師と連携したマーケティング手法に関してご説明します。

    【講演者】

    津田 宗利 氏

    エムスリー株式会社
    AskDoctors総研所長
    兼ヘルスケアマーケティンググループ
    グループリーダー
    津田 宗利 氏

    1977年、大阪府生まれ。2002年5月、関西大学卒業後、広告会社を経て、株式会社ぐるなびに入社。
    会員サービス、ECモール事業、モバイル戦略、外部アライアンス、広報等の担当を歴任。2015年3月、エムスリー株式会社に入社。
    ヘルスケア商材のマーケティング支援事業(AskDoctors評価サービス等)を主導。

  8. 【B7】15:1515:55

    リベンジ消費!SNSマーケ最新ケーススタディ~インフルエンサーUGC施策~

    緊急事態宣言が明け、国民のワクチン接種率も60%を超え、各自治体や企業がワクチン接種者向けの特典を提供することを契機に「リベンジ消費」が期待される。この消費拡大のタイミングでより収益をあげるには、コロナ禍で閲覧時間が増加した追い風のSNSを活用することが不可欠。本講演では、SNSマーケティング事例をもとにKPIとして重要なインサイトやUGCについて解説し、初めてSNSマーケティングやアカウント運用を実施する方や自社の施策を更にブラッシュアップしたい方に当社のノウハウをお伝えしていきます。

    【講演者】

    庄子 素史 氏

    ソーシャルワイヤー株式会社
    取締役副社長
    庄子 素史 氏

    大学卒業後、東京ディズニーリゾートを経営する(株)オリエンタルランドにてテーマパーク・リゾートのPR・マーケティングを担当。
    2006年にソーシャルワイヤー(株)を共同創業(東証マザーズ3929)。
    現在は同社取締役としてデジタルPR及びインフルエンサーマーケティングの顧客課題の解決に従事。
    主な登壇実績:ad:tech tokyo 2019、ネット&スマートフォン・コマース 2020、宣伝会議サミット 2020

  9. 【B8】16:1016:50

    愛される動画クリエイティブ

    【講演者】

    吉本 正樹 氏

    一般財団法人 関西電気保安協会
    企画部 担当部長
    吉本 正樹 氏

    2016年から、関西電気保安協会の媒体広報を担当。昭和の時代から、関西で愛されているテレビCMだけでなく、WEB動画や新聞広告の発信を、新たに開始。保安協会の制作責任者として、広告代理店・クリエーターと、作品の詳細設計に携わる傍ら、自身も、協会職員として、作品に出演している。

    西脇 淳 氏

    株式会社タイガータイガークリエイティブ
    クリエイティブディレクター
    西脇 淳 氏

    クリエイティブエージェンシー Tiger Tiger Creative代表。SUZUKI「SOLIO5」・西松屋「ちょうどいいふく」・関西電気保安協会「ある日突然関西人になってしまった男の物語」・NTT西日本「トモロー」などを担当。「論理的な考察、無邪気なアウトプット」を信条に骨太なクリエイティブを目指す。ACCグランプリ・読売広告賞グランプリ・毎日広告賞最高賞・佐治敬三賞・TCC新人賞ほか受賞。

    【モデレーター】

    上野 妃都美 氏

    大広WEDO
    CMプランナー/コピーライター
    大阪コピーライターズ・クラブ 会員
    上野 妃都美 氏

    大阪芸術大学卒、株式会社ポニック→レイにてCM企画演出を経験後、2017年大広に入社。
    CM・ラジオ・WEB動画などあらゆる媒体でクリエイティブを担当。
    製薬や食品、日用品、美容系や啓発コピーに至るまで日々、物事の新しい見方を探し続けています。

  10. 【B9】17:0517:45

    生活者の行動が激変したコロナ禍
    KDDIの持つ人流データを活用した新しいマーケティングの構想とは?【関西篇】

    withコロナの時代となり、人流をはじめ社会は大きく変化しました。そういった時代においては、データを活用して、顧客の変化、社会の変化を読み解き、それを実際に活用していく、いわゆるDXの取り組みを進めることが重要だと考えています。本プログラムでは、位置情報ビッグデータなどKDDIのアセットを活用した企業様、自治体様での顧客接点のDX事例をお伝えいたします。また、講演内で当社位置情報ビッグデータを用い、大阪エリアにおけるコロナ禍での人流動向を簡単な分析を交えてご紹介いたします。

    【講演者】

    山本 隆広 氏

    KDDI株式会社
    サービス統括本部
    データマネジメント部長
    山本 隆広 氏

    モバイルインターネット事業における認証・課金PFの企画
    開発やスマートフォン向け商品サービスの企画、開発を経て、2015年からKDDI、auのデータ利活用推進を担当
    2021年から現職に就き、データ活用による企業とのアライアンスを推進

  11. 17:5018:20

    ネットワーキングタイム
    【広告主限定 完全招待制】

福岡 2021年12月10日(金)

  1. 【C1】9:3010:10

    公式アプリで実現する「ピエトロ」のファンコミュニケーション

    「はじまりは、一軒のレストラン。」現在はドレッシングやパスタソースの製造販売、レストランの運営をするピエトロ。2020年の創業40周年を機に、全社で「ファンベース経営」を推進しています。ファンサイト、そして公式アプリを通じてピエトロが目指すファンコミュニケーションとは。同社ファンコミュニケーション室長の松田氏をゲストに迎え、お話を伺います。

    【講演者】

    金子 洋平 氏

    株式会社ヤプリ
    執行役員 CCO
    金子 洋平 氏

    1979年生まれ。大学卒業後、GMOインターネットにてマーケティング、新規事業立ち上げを経験後、起業。「ファッションメディア」、「ファッションEC」の会社を11年経営し、 2016年よりアプリ運営プラットフォーム「Yappli」の株式会社ヤプリに参画。文化服装学院・非常勤講師/ネットショップ能力認定機構・認定講師。

    
株式会社ヤプリ

    松田 詩織 氏

    株式会社ピエトロ
    ファンコミュニケーション室
    室長 兼 広報室 係長
    松田 詩織 氏

    2011年、株式会社ピエトロに新卒入社。社長室や営業企画を経て、広報業務を担当。2020年の創業40周年を機に、全社で『ファンベース経営』を進めるにあたり、同年新設の「ファンコミュニケーション室」の立ち上げに参画。ファンサイトやアプリのローンチと企画・運営、SNSやHPなど自社デバイスの管理を担当。2021年3月より同室長。目標は「自らが一番のピエトロファンとして、社内外に熱いファンを増やすこと」。

  2. 【C2】10:2511:05

    ~事例から学ぶ~ECでの購買促進に貢献するオウンドメディア戦略

    D2Cが急速に広まり、誰でもブランドを作ってモノを売れる時代に突入しました。熾烈な顧客獲得競争が繰り広げられる中、SEOやSNSでブランドのストーリーを伝えて新規顧客を獲得し、ECや店舗へ誘導する仕組みまで設計したオウンドメディア施策の重要性が高まっています。本ウェビナーでは、弊社が制作するオウンドメディア事例からストーリーを伝えて購買につなげる秘訣を紹介します。

    【講演者】

    品原 由衣 氏

    株式会社スマートメディア
    デジタルマーケティングDiv.
    事業本部長
    品原 由衣 氏

    2011年 トレンダーズ株式会社入社。インフルエンサーマーケティングのディレクターを担当。2018年9月 スマートメディアに入社。コンテンツマーケティング事業部の事業責任者として多種多様な業界の企業オウンドメディアにおける戦略策定・運営・コンテンツ制作に携わる。現在ではEC事業者向けのSaaS型CMS「Clipkit for EC」のサービス開発・マーケティング・営業を統括。

    成井 五久実 氏

    株式会社スマートメディア
    代表取締役
    成井 五久実 氏

    新卒で株式会社ディー・エヌ・エーに入社しデジタル広告営業を経験。その後トレンダーズ株式会社に転職、100社以上のPR・女性マーケティングを担当する。2016年、28歳で株式会社JIONを設立し男性向けの情報サイト運営を通し1年で事業売却。現在は大手PR会社の株式会社ベクトルの戦略子会社「スマートメディア」の代表としてCMS事業・オウンドメディア事業を中心としたコンテンツマーケティングの領域を担当。

    株式会社スマートメディア

  3. 【C3】11:2012:00

    事業を進化させる、リブランディングの可能性

    事業成長を加速させるためには、一定の段階でブランドを変化させる試みも重要になります。その際、既存事業の資産を活用しながら、ブランドを拡張するには、何がポイントになるのでしょうか。Will Aging(ウィルエイジング)の方針の基、ケール事業への転換やスキンケア事業への展開を図る「キューサイ」と、国内初のデジタルバンクで、社会のルール転換に合わせた新事業を展開している「みんなの銀行」の代表の対談から、ブランド拡張の可能性をお伝えいたします。

    【講演者】

    神戸 聡 氏

    キューサイ株式会社
    代表取締役社長
    神戸 聡 氏

    1969年愛知県生まれ。広告会社、化粧品会社を経て2015年キューサイ株式会社入社。
    2017年代表取締役に就任。青汁の原料であるケールの魅力を伝えるために、イベント実施、ポップアップショップ展開等、認知普及に力を入れる。
    2019年青汁事業からケール事業への転換を図るとともに、ケールを原料としたスキンケアブランドを立ち上げ。さらに2020年には医薬品事業開始等、提供商品やサービスの拡大にも取り組む。

    永吉 健一 氏

    株式会社みんなの銀行
    取締役副頭取
    永吉 健一 氏

    1995年、(株)福岡銀行入行。経営企画部門に在籍し、経営統合からふくおかフィナンシャルグループ設立、その後のPMI業務に注力。2016年、企業内ベンチャーとして、新しい金融プラットフォームを提供するiBankマーケティング㈱を起業。また、国内初のデジタルバンク『みんなの銀行』の立上げをリードし、2021年にサービス開始、取締役副頭取に就任。

  4. 12:0012:30

    ネットワーキングタイム
    【広告主限定 完全招待制】

  5. 【C4】12:3013:10

    医師のお墨付きが、お客様の「買いたい」気持ちをつくる 新しいヘルスケアマーケティングの可能性

    ヘルスケア市場においては、如何にして機能性を伝え、競合商品との差別化を図るかが重要です。しかし、広告表現の制限や、次々と投入される競合商品など、企業のマーケティング担当者の課題は尽きません。本講演では、医師のネットワークとデータを活用して『医療×IT』に特化させたマーケティング支援を行うエムスリーがヘルスケアマーケティング市場の動向と、医師と連携したマーケティング手法に関してご説明します。

    【講演者】

    津田 宗利 氏

    エムスリー株式会社
    AskDoctors総研所長
    兼ヘルスケアマーケティンググループ
    グループリーダー
    津田 宗利 氏

    1977年、大阪府生まれ。2002年5月、関西大学卒業後、広告会社を経て、株式会社ぐるなびに入社。
    会員サービス、ECモール事業、モバイル戦略、外部アライアンス、広報等の担当を歴任。2015年3月、エムスリー株式会社に入社。
    ヘルスケア商材のマーケティング支援事業(AskDoctors評価サービス等)を主導。

  6. 【C5】13:2514:05

    これからのクリエイターのワークスタイル ~都市に縛られない、現代へのアップデート~

    リモートワーク環境が急速に普及したことに伴い、クリエイターやプランナーの働く意識も変化し、地域への移住や二拠点間の働き方を視野に入れる動きもあります。しかし、一朝一夕にビジネスが成立するかというわけではなく、そこで働くスキルやノウハウ、人脈などを踏まえ、自身の強みをどのように活かすかという視座が大切になっています。本セッションでは、九州エリアを基盤に働く3名から、クリエイターやプランナーとして地域で働く魅力や、働く上で必要な要素など、自身の体験も踏まえお伝えいたします。

    【講演者】

    中村 圭 氏

    株式会社九州博報堂
    クリエイティブ局
    中村 圭 氏

    コピーライター。2007年博報堂入社。2016年から九州支社(2020年に九州博報堂)へ。
    九州の熱い人たちと、おいしいご飯と、自然が近い環境に惚れ込んで6年目。
    著書に『説明は速さで決まる』(きずな出版)がある。

    澤田 健太 氏

    株式会社九州博報堂
    九州しあわせ共創ラボ
    澤田 健太 氏

    1997年博報堂に入社。唐津市在住。 メディア部門を経て、大手製薬メーカー、大手日用品メーカーの営業を担当後、中国上海に営業本部長として赴任。現在は九州博報堂九州しあわせ共創ラボ所長として、ベンチャー企業との連携や九州大学とのSDGsの取組みやSDGs視点での新規事業開発に従事。 唐津市での地域生活と都市部での仕事を両立させるワークアズライフを送る。

    中川 淳一郎 氏

    編集者/PRプランナー
    中川 淳一郎 氏

    一橋大学商学部卒業後、博報堂に入社。コーポレートコミュニケーション局に配属され、企業のPR業務を担当。
    2001年に退社し、『日経エンタテインメント!』のライター、『テレビブロス』編集者を経て、2006年からネットニュースサイトの編集者に。
    2020年8月31日に「セミリタイア」を宣言し、ネットニュース編集およびPRプランニングの第一線から退く。以来、著述を中心にマイペースで活動中。
    著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットは基本、クソメディア』『電通と博報堂は何をしているのか』『恥ずかしい人たち』など多数。

  7. 【C6】14:2015:00

    生活者の行動が激変したコロナ禍
    KDDIの持つ人流データを活用した新しいマーケティングの構想とは?【九州篇】

    withコロナの時代となり、人流をはじめ社会は大きく変化しました。そういった時代においては、データを活用して、顧客の変化、社会の変化を読み解き、それを実際に活用していく、いわゆるDXの取り組みを進めることが重要だと考えています。本プログラムでは、位置情報ビッグデータなどKDDIのアセットを活用した企業様、自治体様での顧客接点のDX事例をお伝えいたします。また、講演内で当社位置情報ビッグデータを用い、福岡エリアにおけるコロナ禍での人流動向を簡単な分析を交えてご紹介いたします。

    【講演者】

    山本 隆広 氏

    KDDI株式会社
    サービス統括本部
    データマネジメント部長
    山本 隆広 氏

    モバイルインターネット事業における認証・課金PFの企画
    開発やスマートフォン向け商品サービスの企画、開発を経て、2015年からKDDI、auのデータ利活用推進を担当
    2021年から現職に就き、データ活用による企業とのアライアンスを推進

  8. 【C7】15:1515:55

    リベンジ消費!SNSマーケ最新ケーススタディ~インフルエンサーUGC施策~

    緊急事態宣言が明け、国民のワクチン接種率も60%を超え、各自治体や企業がワクチン接種者向けの特典を提供することを契機に「リベンジ消費」が期待される。この消費拡大のタイミングでより収益をあげるには、コロナ禍で閲覧時間が増加した追い風のSNSを活用することが不可欠。本講演では、SNSマーケティング事例をもとにKPIとして重要なインサイトやUGCについて解説し、初めてSNSマーケティングやアカウント運用を実施する方や自社の施策を更にブラッシュアップしたい方に当社のノウハウをお伝えしていきます。

    【講演者】

    庄子 素史 氏

    ソーシャルワイヤー株式会社
    取締役副社長
    庄子 素史 氏

    大学卒業後、東京ディズニーリゾートを経営する(株)オリエンタルランドにてテーマパーク・リゾートのPR・マーケティングを担当。
    2006年にソーシャルワイヤー(株)を共同創業(東証マザーズ3929)。
    現在は同社取締役としてデジタルPR及びインフルエンサーマーケティングの顧客課題の解決に従事。
    主な登壇実績:ad:tech tokyo 2019、ネット&スマートフォン・コマース 2020、宣伝会議サミット 2020

  9. 【C8】16:1016:50

    生活者インサイトを掴み、事業・ブランドをアップデートし続ける

    事業やブランドを成長させるためには、既存事業の延長ではなく、新規顧客への「提案」が重要です。そのためには時代に応じて変化する「生活者」のインサイトを掴み、自社の価値をどう伝えていけば効果的なのかを検討することが大切です。本セッションでは、ToCへの事業転換を遂げ、更なる事業拡大を図るcottaと、ロングセラーブランドの市場拡大を図る竹下製菓の両社長から、事業やブランドをアップデートし続けるポイントをお伝えいたします。

    【講演者】

    黒須 綾希子 氏

    株式会社cotta
    代表取締役社長
    黒須 綾希子 氏

    1984年 大分県津久見市生まれ 明治大卒
    2007年 株式会社インテリジェンス入社
    2010年 株式会社タイセイ入社
    2013年 東証マザーズ上場
    2014年 同社のECサイト運営会社TUKURUを設立
    2020年 株式会社TUKURU 代表取締役就任
    2020年 タイセイの商号を株式会社cottaに変更、 代表取締役社長就任
    3児の母であり、大分と東京を往復しながら会社経営、家庭、子育てに奮闘

    竹下 真由 氏

    竹下製菓株式会社
    代表取締役社長
    竹下 真由 氏

    1981年佐賀県生まれ。東京工業大学大学院社会理工学研究科卒業後、2007年アクセンチュア(株)戦略グループに入社。結婚後、2011年に竹下製菓㈱に入社、経営企画室で製造ラインの改善などに取り組む。その後、商品開発室長を経て、2016年、同社代表取締役社長に就任。私生活では娘2人、息子1人のママ。

  10. 【C9】17:0517:45

    購買促進に繋がるブランディング 事例で見るコンテンツと動画マーケティングの活用術

    世の中に発信される情報が増え続ける中、多くの情報に囲まれた顧客は情報を「受け流す」ようになりました。それに伴い、企業が伝えたい情報をターゲットに届けること、そしてそれを記憶してもらうことは益々難しくなっています。ブランドの魅力を伝え、『"心"を動かすことができるコンテンツ』はどのように創ればよいのでしょうか。そこで今回は今注目の動画マーケティングの視点から、企業が伝えたい情報をターゲットに届け『"心"を動かす』マーケティング施策について、事例とともにご紹介します。

    【講演者】

    大寺 高義 氏

    株式会社NewsTV
    取締役
    大寺 高義 氏

    2003年株式会社リクルート入社後、8年間で複数のウェブサイトの立ち上げ・運営に携わる。その後4年間、広告最適化によるリードジェネレーションサービスの立ち上げを始め、アドテク事業立ち上げに従事。サービス開発責任者、セールス責任者、開発責任者を歴任。
    2015年より株式会社ベクトルへ入社後、NewsTV立ち上げに参画。

  11. 17:5018:20

    ネットワーキングタイム
    【広告主限定 完全招待制】

開催概要

overview

  • LINEで送る
  • Slack
開催日 【名古屋会場】
2021年12月8日(水) 9:30~18:20(開場9:15~) Googleカレンダーに追加

【大阪会場】
2021年12月9日(木) 9:30~18:20(開場9:15~) Googleカレンダーに追加

【福岡会場】
2021年12月10日(金) 9:30~18:20(開場9:15~) Googleカレンダーに追加

※各会場から全国に向けたオフラインとオンラインLIVE配信を行います。
会場 【名古屋会場】
宣伝会議 中部本部セミナールーム
愛知県名古屋市東区東桜1-13-3 NHK名古屋放送センタービル6F

【大阪会場】
宣伝会議 関西本部セミナールーム
大阪府大阪市北区堂島2-1-31 京阪堂島ビル5F

【福岡会場】
宣伝会議 九州本部セミナールーム
福岡県福岡市中央区天神2-14-8 福岡天神センタービル7F
申込み締切 【名古屋会場】
2021年12月7日(火) 17:00

【大阪会場】
2021年12月8日(水) 17:00

【福岡会場】
2021年12月9日(木) 17:00

※申込み締切日時を過ぎてからのお申込みはご遠慮いただいております。ご了承ください。
参加費 無料 (※事前登録制)
主催 株式会社宣伝会議
お問い合わせ 宣伝会議リージョナルサミット2021事務局
TEL:03-3475-7666
Mail:regional-summit@sendenkaigi.co.jp
受付時間:平日9:00~18:00(土日祝日は除く)

お申込み

本イベントへのお申込みには、「宣伝会議ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方はログイン後、こちらのイベントお申込みページにて参加希望のセミナーにチェックのうえお申込みください。

未登録の方はお手数ですが「宣伝会議ID」への会員登録(無料) より会員登録を完了させてください。
会員登録完了後、こちらのイベントお申込みページにて申込みください。

※ 宣伝会議IDへの会員登録完了は本イベントのお申込み完了ではございませんのでご注意ください。

申込みの注意事項

  • 参加希望者多数の場合は抽選とさせていただきます。
  • プログラム内容、スケジュール、講演者はやむをえない事情で予告なく変更する場合がございます。
    あらかじめご了承ください。
  • 本セミナーはビジネスセミナーのため、学生の方のご参加はご遠慮いただいております。
  • 主催者・講演者の競合関係にあたる企業のご参加はお断りする場合がございます。
    あらかじめご了承ください。
  • 講演者ならびに参加者に対する一方的なセールス活動はご遠慮ください。
    セールス活動があった場合、以降の弊社セミナーではご参加をお断りいたします。

お申込みは締切りました。多数のお申込み、ありがとうございました。