デジタルマーケティングカンファレンス2023

デジタルマーケティングカンファレンス2023

視聴
無料

202327日(火) ~ 202328日(水)

オンライン配信にて開催

配信時間の変更のご案内

  1. 株式会社ユーザーローカル・株式会社森永乳業
    開始時間が早まり、2月8日(水)14:10~14:40 に変更となりました。
    「第2部 SNS」にお申込み済みの方は、再申込みなく視聴いただけます。
  2. アライドアーキテクツ株式会社
    日時が変更となり、2月7日(火)11:45~12:15 に配信いたします。
    2月8日(水)「第2部 SNS」にお申込み済みで本セミナーの視聴を希望される方は、
    お手数をおかけしますが、2月7日(火)「第1部 広告運用」にお申込みください。

セミナー主旨

人々の生活がますますデジタルシフトしていく中、企業はこれまで以上にマーケティング、デジタルに関する知識を深め、顧客へより深い提供価値を届けていく必要があります。
生活者の心理・行動やそこに付随してマーケティング手法も多くの選択肢が増える中で、どのような手法・パートナーが最適なのか。
「宣伝会議デジタルマーケティングカンファレンス2023」は、このような状況において、課題を解決するパートナーを紹介する場です。
デジタルマーケティングに携わる方々の指針をお伝えすべく開催いたします。

プログラム

参加希望のセミナーにチェックのうえ、「チェックを付けたセミナーに申込む」よりお申込み画面にお進みください。

本イベントへのお申込みには、「宣伝会議ID」への会員登録(無料) が事前に必要となります。

2月7日(火)

  1. 第1部 10:0012:15

    「広告運用」

    A11部-① 10:00~10:30

    「“アタマ”と“ココロ”にアプローチ。LTVを引き上げる、令和時代のマーケティングとは。」

    ファンケルは通信販売で創業し、これまでに40年余り取り組み続けてきました。デジタルの力もどんどん取り入れて、あくなきCX向上に向けて挑戦しています。近年、新型コロナウイルスの蔓延も相まって、これまでのマーケティング手法が陳腐化していっています。今の時代を生き抜くための、令和時代のマーケティングについてお話しします。

    【講演者】

    長谷川 敬晃 氏

    株式会社ファンケル
    通販営業本部 営業企画部 部長
    長谷川 敬晃 氏

    2003年ファンケル新卒入社。自社ECサイト運営やリニューアル、サービスのシステム開発、ツール導入のPMを担当。スマホアプリやマーケティングオートメーションの立ち上げ、外部ECモールへの公式店出店を主導。現在は業務をDX進化させ、あくなきCX向上のための取り組み、及び直営の通販・店舗のチャネルを融合させた、顧客体験価値の最大化に向けたOMO推進の業務に従事。

    A21部-② 10:35~11:05

    「1stPartyデータ×AIを活用したKGIベースの広告運用取り組み事例のご紹介」

    広告の効果を最適化するために重要なKPI。より高い成果を出すためにはなるべくKGIに近い指標で評価することが重要です。
    今回は1stPartyデータである広告主の基幹データを活用し、KGIをベースに広告運用に取り組んでいる事例をご紹介します。ウェブKPIだけの運用に限界を感じている方だけではなく、既に1stPartyデータで成果管理している方にも参考になるお話です。

    【講演者】

    原崎 弘規 氏

    株式会社メディックス
    コンシューマーマーケティングユニット 第3営業部1グループ チーフ
    原崎 弘規 氏

    株式会社メディックス入社後、メーカー、エンタメ、人材、不動産、教育などの複数業界のクライアントWebプロモーションを担当。広告を用いた集客領域に加え、サイト制作やそれに伴う SEO対策、Google Analyticsを用いた分析周りの整備等も経験。現在はデータ統合・活用プロジェクト、顧客データベースを起点としたプロモーションに従事している。

    A31部-③ 11:10~11:40

    「広告費1円の価値を高める!100億円の広告運用で培った売上に繋がる広告運用の秘訣」

    本セミナーでは、弊社が実際の支援やご提案の場で培った事例を元に、アカウント構造やキーワードの選定、広告クリエイティブの考え方など獲得効率の高い広告運用を実現する方法を再現性あるかたちでお伝えいたします。当日のセミナー参加者には「アカウント無料診断」も実施しています。
    Web広告のCPAが高騰している、広告予算を投下しても思うようにコンバージョンを獲得できない、適切に広告運用できているか不安といった課題を抱えていらっしゃる方は是非ご参加ください。

    【講演者】

    肥田 悟志 氏

    株式会社オーリーズ
    マネージャー
    肥田 悟志 氏

    動画広告推進と広告効果計測に関する社内プロジェクトを立ち上げ、YouTubeやLINE、TikTokを中心とした動画広告の責任者を担う。
    動画活用のフレームワーク開発やクリエイティブディレクションの体系化、マーケティングミックスモデリングによる効果計測を推進。
    21年よりマネージャーとしてオーリーズのマーケティング責任者を務める。

    A41部-④ 11:45~12:15

    「UGC2.0 ~UGC活用によるCVR向上はもう古い。新たなる可能性とは~」

    LPや広告クリエイティブ、キャンペーンなど至るところで、UGCは活用されておりもはや企業にとってなくてはならない施策の1つになりつつあります。
    そこで、今回はD2C領域で圧倒的な導入シェアを誇る運用型UGCソリューション「Letro」を展開する弊社から、これまでの活用の先にあるUGCの新たな可能性について具体的な事例を交えながらお話しします。

    【講演者】

    今崎 裕二 氏

    アライドアーキテクツ株式会社
    Letro事業部 セールスマネージャー
    今崎 裕二 氏

    2016年より広告事業部に参画。通販顧客を中心とした新規営業を担当。その後、アカウントプランナーとしてプロモーション~ダイレクトレスポンスの領域まで幅広く担当。2020年より現在の部署にて、ECの売上向上を支援するUGC活用ツール”Letro”のセールスマネージャーとしてD2Cブランドをはじめとする通販顧客のマーケティング支援業務に従事。

  1. 第2部 13:0014:05

    「データ利活用」

    B12部-① 13:00~13:30

    「Coming soon」

    【講演者】

    冨樫 幹子 氏

    USEN(USEN-NEXT GROUP)
    営業本部 マーケティング部長
    冨樫 幹子氏

    営業として求人広告代理店に新卒入社。営業MVPなどを受賞し、入社4年目で異例となる営業からクリエイティブ業務への異動を経験。会社の事業転換でインターネット広告事業へ。WEB制作、およびディレクター業へと転身を遂げる。2021年にUSENへWEBマーケティング部長として入社。2022年9月より営業本部にマーケティング部を発足。

    B22部-② 13:35~14:05

    「Cookieレスに対応するための1st Party Data活用に必要な準備」

    プライバシー保護の観点から3rd Party Cookieの廃止が進む中、デジタルマーケティングにおいて1st Party Dataの活用が注目されていますが、実際に活用できている企業はまだそれほど多くありません。本セッションでは1st Party Dataを有効活用するために必要な準備について、データの収集方法と統合の仕方についてお話しします。

    【講演者】

    小木曽 正佳 氏

    株式会社EVERRISE
    執行役員CMO / プラットフォーム事業部 部長
    小木曽 正佳 氏

    エンジニアとしてキャリアをスタート。マーケティング職に転向後は、さまざまな企業に対してwebを中心としたデジタルマーケティングの支援を実施。Repro株式会社時代は、セールスとして大手企業のサービスを中心にマーケティング施策およびそれを実現するアーキテクチャについて提案を実施。現在では、それらの経験をもとにデータ活用にフォーカスをあて、各社の課題に適したアーキテクチャ構築の提案・支援を実施。

2月8日(水)

  1. 第1部 10:0011:40

    「BtoBマーケティング」

    C11部-① 10:00~10:30

    「「誰のため、何のため」から始めるBtoBブランディング」

    BtoBマーケティングでよく課題に上がるのは、「企業や技術・製品・サービスが知られていないこと」です。この課題に対して自動車部品メーカー世界2位のデンソーは、自分たちの存在意義を様々な方法で発信してきました。なぜ企業はブランドを大切にし、自分達の存在意義を発信して行く必要があるのか。原点に立ち戻り、誰に何をどのように伝えるのか。デンソーのブランディング活動で活躍する武政氏にお話いただきます。

    【講演者】

    武政 智之 氏

    株式会社デンソー
    広報渉外部 担当課長
    武政 智之 氏

    2006年(株)デンソー入社後、デザイナーとして製品・UI・展示・グラフィック等のデザイン、製品・技術プロモーション業務を担当。
    ブランド推進組織を経て、2017年に広報渉外部へ異動。SNSの立ち上げ・運用や技術PRウェブサイトや動画企画、モーターショーなどの社外展示会プロデュースに従事。
    2021年よりウーブン・プラネット・ホールディングス(株)へ出向し、クリエイティブ制作を行なっている。

    C21部-② 10:35~11:05

    「Coming soon」

    C31部-③ 11:10~11:40

    「BtoBマーケティングの手法として“メタバース”は何を実現できるのか?」

    企業活動のオンライン化が進み、「場所」に縛られない働き方が定着し始めているなか、BtoBマーケティングの手法の1つとしてメタバースを活用した施策を行う企業が増えてきています。
    しかし、実情としてはまだまだ企業ブランディング施策の側面が強く、思うような成果に繋がっていないというケースも多く聞きます。
    BtoBマーケティングの施策としてメタバースをどのように活用していくべきか、またどのように成果に繋げていくのか。事例を踏まえながら企業のメタバース活用法について解説いたします。

    【講演者】

    新部 昌也 氏

    株式会社アイデアクラウド
    代表取締役CEO(DMM.comグループ)
    新部 昌也 氏

    2006年東京電力グループの人材会社に入社。人材コンサルティング営業を経験した後、2014年広告代理店に入社。CMなどマス媒体からWEB媒体まで幅広い領域で営業を経験。2018年(株)アイデアクラウド に入社。営業本部長 兼 新規事業開発室長として、企業ブランディング、AR・VRなどのXR技術活用したR&Dに携わる。2021年2月DMMグループにジョインし、代表取締役CEOに就任。

  1. 第2部 13:0014:40

    「SNS」

    D12部-① 13:00~13:30

    「これからの時代は社員が偏愛力を発信する時代!
    人中心マーケティングの最前線、社員インフルエンサーの今を語る!
    これまでの百貨店の枠を超える!大丸松坂屋の社員インフルエンサー大躍進の全貌とは」

    大丸松坂屋百貨店では「社員が持つ偏愛力により、発見に溢れる楽しい世界を創る」ことを目的に”人の力”を活用した社員インフルエンサー事業を立ち上げました。その大丸松坂屋の社員インフルエンサーは、TikTokが1.5億回再生を超えるなど大きな話題になり、コラボ商品も生まれました。
    人中心のマーケティングのなかでも、社員インフルエンサーに勝機を見出した大丸松坂屋。お客様と最前線で関わる大丸松坂屋だからこそできたこの取り組みの全貌を、プロジェクトを推進する岡崎氏にお話いただきます。

    【講演者】

    岡崎 路易 氏

    株式会社大丸松坂屋百貨店
    DX推進部 専任部長
    岡崎 路易 氏

    D22部-② 13:35~14:05

    「Z世代が求める「LINE公式アカウント」とは?調査結果からLINE社と徹底解説!」

    月間9,200万人以上のユーザーを保有するLINEは、今や広告の域を超えて、CRMやCXなど、企業と人とのコミュニケーション全体を支える存在となっています。
    一方、今回のキーワードである「Z世代」は、今後の消費活動の中心となる世代でもあるため、企業のマーケティングにおいて、いま最も注目されているターゲット層の1つです。
    本セミナーでは、そのようなLINEとZ世代をかけあわせ、「Z世代が求めるLINE公式アカウント」について、LINE社にもご登壇いただき、ご紹介します。

    山田 優馬 氏

    株式会社CARTA COMMUNICATIONS
    メディアソリューション・ディビジョン LINEプランナー
    山田 優馬 氏

    2020年 CCIに入社。LINEの広告プロダクト全般のメディアプランニングに従事。2021年よりLINE APIツール「KNOTBOX」開発のプロジェクトリーダーとしてプロダクト開発とLINE公式アカウントの提案・コンサルティングを担当。

    新津 祐季 氏

    株式会社CARTA COMMUNICATIONS
    メディアソリューション・ディビジョン TikTokコンサルタント
    新津 祐季 氏

    2021年にCCIへ新卒入社し、昨年末までTikTokの媒体担当として広告営業や案件のディレクションを担当。2023年1月からはSNSアカウント運用を担当。
    また、2021年にZ世代の実態やトレンドを独自調査し発信していくZ世代研究会(ゼトケン)をローンチし、Z世代調査やウェビナーなどの取り組みも実施中。

    香川 春菜 氏

    LINE株式会社
    マーケティングソリューションカンパニー パートナー営業本部
    パートナー営業第1部 パートナー営業第1チーム
    香川 春菜 氏

    2020年入社後、通販や消費財、金融、外食、小売など様々な業種の企業に対し、LINE公式アカウントをはじめとした広告プロダクト全般のコンサルティング業務に従事。現在は、広告代理店等のパートナー企業が販売しやすいような販促資料の提供やセミナーの実施を担当。

    D32部-③ 14:10~14:40

    「SNS施策の効果を広告費換算で可視化!森永製菓が実践するSNSデータの活用方法」

    SNSを使ったマーケティング施策に取り組んでいるものの、どのくらい広告・宣伝効果があったのか把握できていない、社内での成果報告に迷っているという方も多いのではないでしょうか。森永製菓様ではSNS運用における成果の金額価値を算出し、社内で成果の一つとして共有しています。またプロモーション施策の評価、キャンペーン企画資料などにもSNSデータを活用し、効果的な振り返りにつなげています。本セッションではSNS運用の価値換算方法、SNSデータの活用例について、森永製菓様よりお話しいただきます。

    【講演者】

    相澤 輝和 氏

    株式会社ユーザーローカル
    コーポレートセールス カスタマーサクセスチーム
    相澤 輝和 氏

    2014年4月ユーザーローカル入社。様々な企業のウェブマーケティング支援を行う傍ら、ソーシャルメディアやウェブサイトの解析データを中心とした顧客向けセミナー講師を担当。

    二宗 瑞季 氏

    森永製菓株式会社
    マーケティング本部 広告部
    二宗 瑞季 氏

    化粧品会社にて営業職とマーケティング職を経験後、2021年4月より現職。
    SNSなどデジタルメディアの運用管理、子供向けのサイト運用や菓子の広告戦略立案やクリエイティブ制作に従事。
    SNSにおいては、これまでの経験を活かしてマーケターや営業と連携したSNSの活性化を目指して取り組んでいる。

開催概要

overview

  • LINEで送る
  • Slack
開催日 【Day1】2023年2月7日(火) 10:00~14:05 Googleカレンダーに追加
【Day2】2023年2月8日(水) 10:00~14:40 Googleカレンダーに追加
受講形態 オンライン配信
視聴方法 開催日前日まで(2月7日(火)開催は2月6日(月)まで)を目途に、宣伝会議オンラインマイページ の『お知らせ』にて視聴ページを公開いたします。
申込み締切 【Day1:2月7日(火)開催】2023年2月6日(月) 18:00
【Day2:2月8日(水)開催】2023年2月7日(火) 18:00
※申込み締切日時を過ぎてからのお申込みはご遠慮いただいております。ご了承ください。
参加費 無料 (※事前登録制)
主催 株式会社宣伝会議
お問い合わせ 宣伝会議 セミナー事務局
TEL:03-3475-3010
Mail:event@sdkg-info.com
受付時間:平日10:00~18:00(土日祝日は除く)

お申込み

本イベントへのお申込みには、「宣伝会議ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方はログイン後、こちらのイベントお申込みページにて参加希望のセミナーにチェックのうえお申込みください。

未登録の方はお手数ですが「宣伝会議ID」への会員登録(無料) より会員登録を完了させてください。
会員登録完了後、こちらのイベントお申込みページにて申込みください。

※ 宣伝会議IDへの会員登録完了は本イベントのお申込み完了ではございませんのでご注意ください。

申込みの注意事項

  • プログラム内容、スケジュール、講演者はやむをえない事情で予告なく変更する場合がございます。
    あらかじめご了承ください。
  • 本セミナーはビジネスセミナーのため、学生の方のご参加はご遠慮いただいております。
  • 主催者・講演者の競合関係にあたる企業のご参加はお断りする場合がございます。
    あらかじめご了承ください。
  • 講演者ならびに参加者に対する一方的なセールス活動はご遠慮ください。
    セールス活動があった場合、以降の弊社セミナーではご参加をお断りいたします。
  • お申込み内容確認のため、フリーダイヤル(0120-679-272)よりご登録の連絡先に電話をさせていただくことがございます。

お申込みは締切りました。多数のお申込み、ありがとうございました。