新組織でFacebookの運営を任される方、Web担当、広報担当、宣伝担当の皆さまへ。
自己流でスタートしたものの、なかなか成果が上がらない…」という方も、主な対象です。

Facebook
スタートアップセミナー

2018年9月3日(月)1日集中

導入から規約、効果測定、運営まで。明日から使えるノウハウを学びます。
Facebookの全世界月間アクティブユーザーは20億人、日本だけでも2800万人へ。

  • レギュレーションに違反すると、
    ページが削除されると聞いたが本当か。
  • 反応の良い投稿内容や時間帯について
    経験に基づく確かな知見がほしい。
  • ネタがなくつい投稿が滞ってしまう。
    運営を続けるコツが知りたい。
  • 導入にあたり、どのように上司・上層部を
    説得しようか悩んでいる。

これから運営をスタートする組織に最適! 公式アカウント利用規約、開設設定書、
想定問答集、対応基準表…オリジナル作成シートがもらえます!

講義日程:2018年9月3日(月)13:00~18:00 (1日集中)受講定員:50名
受講料金:29,000円(税別・申込金5千円含む)講義会場:東京・南青山
受講対象:企業のソーシャルメディア担当(なりたて、もしくは、なる予定の方)、
Web担当、広報担当、宣伝担当 ※あまり詳しくない方々が対象です。

BACKGROUND、開講の背景

最高のスタートを切るために
知っておきたい成功のセオリー、
厳密なルールがあります。

余力ある大企業や、身軽な個人事業主の話題が多かったFacebookも、ここ数年で様変わりをしてきました。高齢者をはじめ大人のユーザーが増加する中で、若年層向けプロモーションツールとしてではなく、企業サイトに並ぶ顧客とのコミュニケーション手段として、欠かせない存在となりつつあります。今なお規模は膨張を続けており、月間のアクティブユーザーは全人口の7分の1となる13億人に達し、日本だけでも2300万人のユーザーを抱えます。

これまで二の足を踏んでいた企業・団体も、続々とFacebookの運営に踏み切るなか、共通の課題となりつつあるのが、運営体制と投稿のネタです。未だFacebookに詳しい組織人は多くなく、多少の個人アカウントでの経験があっても、あまり役には立ちません。

実際に組織で運営するとなると、どの部署が、どのような時間帯に、どのような投稿をすればいいのか、なかなか判断はつきません。また頻繁に更新され、アカウント停止にも繋がる規約の違反についても、炎上についても、正しい理解のないまま運営に踏み切り、問題となるケースが出てきています

そこで宣伝会議は、これらの問題にお困りの企業・団体を対象に、「Facebookスタートアップセミナー」を開催いたします。

POINT、本講座のポイント

Facebookの導入から規約、効果測定、運営まで。
明日から使えるノウハウを学びます。

  • POINT.01

    初心者でも、規約の理解から運営まで、
    無理なく学べるカリキュラム

    このセミナーでは、Facebookの運営を、
    安全で効果的に始めることを目的
    としています。

    そのため、これからFacebookの導入をご検討している
    企業·団体の方におすすめのセミナーです。

    また、その時々に合わせ、
    Facebookの最新情報と運営ノウハウが学べるカリキュラムなので、
    「自己流でスタートしたものの、なかなか成果が上がらない」という方も
    多く受講しています。

  • POINT.02

    明日から運営を始めるための社内ルール、
    組織づくり、想定問答までカバー

    セミナーでは、単なる成功事例は扱いません。
    実際に組織としてFacebookの運営を行うにあたって必要な、
    あらゆる範囲をカバーいたします。

    例えば社内の利用規定づくりから、想定問答集、対応基準表といった
    実用的なツールを完備しています。

    さらに、投稿に向けた組織づくり、目標や成果の策定、
    炎上への対処法といった、具体的なポイントをくまなく修得します。

  • POINT.03

    実際に反応が上がった投稿を時間帯、
    内容などから多面的に学ぶ

    講義では、担当者の悩みのタネとなる反応のよい投稿を続けるコツを、
    講師陣の経験から学びます。

    反応のよい時間帯や、画像による反応の変動、
    文体·漢字カナ使い、語尾の使い分けといった細かな点は基本です。

    加えて、具体的な投稿例や鉄板ネタ、担当者の心得まで。

    実際に運営に携わった者でなければ分からない投稿のキモを、
    具体例と体験談をもとにマスター
    します。

Webからのお申込みで、ポイントが加算されます。

講座に申込む

FAXでのお申込みはこちら

CONTENTS、講座詳細

learn 学べること

  • 01 まずはFacebookの構造を
    徹底マスター

    まずはそもそものFacebookの構造を把握する必要があります。
    セミナー前段では、まず運営を始める前に知っておくべき、
    Facebook の基本的なルールや機能をお伝えします。
    意外にも知っているようで実はよく知らないことも。

    他に、Facebookを取り巻く最新の情勢についてもマスターします。

  • 02 着実な運営のための
    組織づくりをフォロー

    続いて、効果的で無理のないFacebookの運営体制をつくる手順をご紹介します。

    必要な社内作業を理解するほか、利用規約や想定問答集、対応表など、
    便利なツール集もご提供します。

    継続が重要なFacebookだからこそ、
    着実に運営できるノウハウをおさえておくことが大切です。

  • 03 経験に基づく、
    生きた投稿ノウハウ

    さらに、Facebookをはじめとしたソーシャルメディアの
    多様な運用実績を持つ講師陣が試行錯誤を通じて会得した、
    反応のよい投稿を続けるノウハウを修得します。

    運用視点、マーケティング視点から
    実際の反応をもとにした、生きた知見を身に付けます。

※上記内容は、前回実績です。
Facebookの規約やアルゴリズム、システムの変更に応じて、講義内容は適宜アップデートしてまいります。あらかじめご了承ください。

多様な属性からなる受講生。これまで4年間で900名以上が受講。
導入企業は続々広がっています。

4年間で15回実施されたFacebookスタートアップセミナー。
修了生の数は、900名を数えます。

部署は様々で、広報、宣伝、販促、Webといったコミュニケーション部門が約半数。

一方で、営業、マーケティング、商品企画、事業部、総務部門などの参加も、
約半数に及びます。
Facebookの活用が、様々な部署・部門に広がりつつあることが見受けられます。

900名以上の受講実績

これから運営をスタートする組織に最適!

公式アカウント利用規約、開設設定書、想定問答集、対応基準表…
オリジナル作成シートがもらえます!

公式アカウント利用規約、開設設定書、想定問答集、対応基準表

program カリキュラム

時間 テーマ 講義内容
第一部 13:00~15:30 Facebookページを開設する際に
知っておきたい具体的実務
基礎知識·用語の整理と機能/Facebookページの管理人は個人アカウントを持つ必要がある/2種類のいいね!/話題にしている人の定義/反応率(エンゲージメント率)とは?/Facebookは公園/出来る事≠やっていい事/利用規約/ダミーアカウント、カバー写真で宣伝、プロモーションの規約違反/機能は「永久」でない/機能·規約は突然変更される/エッジランクを理解する/Facebookページの投稿は、ファン全員には届かない!/エッジランクの3要素を理解する/アルゴリズムの変更/どんなに慎重に運営しても炎上は起こりうる/炎上を引き起こす3要因/開設までの作業/マイルストーンを策定する/投稿カレンダーの作成方法/運営体制を作る際の留意事項/ファン数とエンゲージメント率の関係性/ファン獲得のステップ/広告出稿の検討/画像投稿だと、反応率は約5倍高い/共感を生む語、やわらかい印象=高反応、宣伝·告知系の語、硬い印象=低反応/ひらがなの割合と反応率/投稿時間による反応率
第二部 15:45~16:45 企業事例①
「成功企業での取り組み」
ブランディングの中でのFacebook/投稿への反応と分かってきたこと/運用体制と基本ルール/指標・価値測定について/気を付けていることと失敗談/お客様との距離感/店頭での接客とソーシャルメディア/反応が良いネタ、悪いネタ
第三部 17:00~18:00 企業事例②
「成功企業での取り組み」
デジタルコミュニケーションとは?/社内調整と運営体制/投稿タイミングとコンテンツ/KPIと効果測定/ブランド(社内)へのフィードバック方法

※日程・カリキュラム・講師は都合により変更となる場合がございます。

講師紹介

多様な運用実績を持つソーシャルメディアの専門家と、
投稿の現場と社内調整の経験豊富な企業担当者による講義

  • 大手企業のFacebookページの運用戦略を企画

    本門 功一郎氏
    株式会社コムニコ マーケティングプランナー

    1983年生まれ。立命館大学国際関係学部卒。2010年コムニコ入社。
    アカウントマネージャーとして自社サービスの提案やソーシャルメディアを活用した企画·運営·コンサルティングを経験。現在はコムニコのグローバルマーケティングチーム所属し、戦略策定から各施策の企画·実施までマーケティング活動全般を担当。ソーシャルメディアに関するあらゆる情報を発信するブログ「We Love Social」の編集長。共著に「ファンを獲得!Facebook投稿ノウハウ(翔泳社)」がある。

  • 共感・拡散を生み出すコンテンツに精通

    小野寺 翼氏
    ソーシャルメディア・コンサルタント

    複数のWeb制作会社経験を経て2011年より、企業様向けの「ソーシャルメディア」を 中心とした各種提案やご支援を担当。また、ソーシャルメディアマーケティング専門の研究業務に従事。現在はソーシャルメディアマーケティング研究会(主催ウェブ解析士協会)などさまざまな活動に参加をしている。著書に「エンゲージメント・マーケティングFacebookが生み出す企業と生活者の絆」、「Facebook プロフェッショナルガイド(マーケティング編、デザイン編)」(いずれも共著、マイナビ)、「Web担当者Forum」での連載や各種講演実績多数。趣味は料理とトライアスロン。

  • 企業Facebookページでエンゲージメントランキング上位の運用事例

    春花 祐太氏
    日本航空株式会社 コーポレートブランド推進部 Webコミュニケーショングループ 

    新卒で素材メーカーに入社。2014年よりJALグループに入社し、JALホームページのWebディレクション、Twitterの企画・運営を担当。16年4月より現職であるJAL公式Facebookページの企画・運営に従事。SNSに関連したイベント企画にも取り組む。

voice 修了生の声

  • 実際の運用で気をつけること
    がわかって良かったです。

    生の声が聴けて大変学ぶことが多かったです。実際の運用で気を付けるべきこと(特に、現在FBの利用検討段階なので、「ビジネスに使え」という声があり…)ユーザー目線で投稿していくという話を聴けて良かったです。自身が感覚で思っていたことが、講師のノウハウでも結果が出ていると理解でき良かったです。

    携帯電話キャリア
    法人営業部

  • 自分の立場に置き換えて
    考えやすかったです。

    今後職場でFacebookページを導入する際に必要不可欠な、具体的なデータ、事例がたくさんあった。

    一年前に始めた一企業としての取り組みには、等身大の姿が見えた。自分の立場に置き換えて考えやすかった。

    個人受講者

  • 使えるところはすぐ使いたい
    と思いました。

    現在スタートしたばかりで、悩むところ、現場での実際の動きが、講演企業と似ていたので、有意義でした。どうやって解決していったかが分かりやすく説明されていて、よかったです。
    ちょうど悩んでいたところだったので、使えるところはすぐ使いたいなあと思いました。特に、指標のところと運用部分です。

    製菓メーカー
    マーケット·コミュニケーションG

  • 反応のよい投稿内容、時間
    のお話は本当に役立ちます。

    とても分かりやすくお話ししていただけました。現在課題となっていることも、これで解決できると思います。大変貴重なことも教えていただき、ありがとうございました。反応のよい投稿内容、時間は一番お伺いしたかった点だったので、本当に役立ちました。
    社内の姿勢についても、とても参考になりました。

    商業施設
    ウェディング事業部

  • 裏の仕掛けを意識して
    運営を進めたいきたい。

    ただ漫然と運営していたので、裏の仕掛けを知らなかった。
    これからは、意識して運営を進めていきたい。

    論理的に説明をしていただいたので、分かりやすかった。

    鉄道運営
    営業統括部

  • よくあるバグに気をつけて
    運用していこうと思います。

    Facebookの運用を始めましたが、誰一人として詳しいものがおらず、場当たり的にしか使っていませんでした。とりあえず投稿しているだけの状態だったので、まずはガイドラインをよく読み、よくあるバグに注意するなど、Facebookの特性に気を付けつつ運用していこうと思いました。

    地方自治体
    市長室

detail 講座概要

開催日 2018年9月3日(月)
講義時間 13:00~18:00
定員 50名
講義回数 1日集中
受講価格(税別) 29,000円(税別・申込金5,000円含む)

Webからのお申込みで、ポイントが加算されます。

講座に申込む

FAXでのお申込みはこちら