コピーライター養成講座 60周年 のべ5万人以上の修了生を輩出。記念事業を多数実施します!

詳細はこちら
ホーム > 雑誌・書籍を読む > メディア/広報・PR > PR 視点 のインバウンド戦略―訪日中国人の興味は「爆買い」から「体験」、「都市」から「地方」へ

PR 視点 のインバウンド戦略―訪日中国人の興味は「爆買い」から「体験」、「都市」から「地方」へ

訪日中国人観光客は、買い物だけでなく、文化や精神的な癒しを享受する体験型の観光を楽しんでいます。体験型観光を促すために欠かせないのが、日中間のコミュニケーションを円滑にするPR視点。中国におけるコミュニケーションの専門家が、インバウンド・ビジネスを成功に導くヒントをお伝えします。

¥ 1,900(税別)

カートに入れる アマゾンで買う

PR 視点 のインバウンド戦略―訪日中国人の興味は「爆買い」から「体験」、「都市」から「地方」へ

商品の説明

◎いま、日本のインバウンド市場に何が起きているのか?
年間500万人はまだ序の口! 訪日中国人は増え続ける

◎インバウンド事業、成功と失敗の分かれ道はどこに?
地方へ広がるインバウンド。「モノ消費」から「コト消費」へ

◎中国の社会とヒトを読み解く
インバウンド誘致のための対中国情報戦略

◎地方創生の切り札は「インバウンド」だ!!
「何もない」ところから「ストーリー」を探し出す

ほか

著者プロフィール

株式会社電通パブリックリレーションズ
マーケティング・コミュニケーションおよびコーポレート・コミュニケーションの領域で、戦略提案から専門的なソリューションまでフルラインで提供する。「PR アワードグランプリ」「IPRA ゴールデン・ワールド・アワード」など国内外でのアワード受賞実績多数。電通公共関係顧問(北京)有限公司に合同出資。社内シンクタンク「企業広報戦略研究所」を設立。

鄭 燕(てい・えん)
電通公共関係顧問(北京)総経理。一橋大学卒業後、アクセンチュア日本法人を皮切りに、電通本社を経て、電通パブリックリレーションズに入社。外国人初の日本パブリックリレーションズ協会認定PR プランナー資格を保有。日系およびグローバル企業の戦略・コミュニケーションコンサル歴16 年。2011 年電通パブリックリレーションズの中国現地代表として、現地PR 会社の代表に就任。2015 年より現職。

可 越(か・えつ)
日中コミュニケーション取締役。電通公共関係顧問(北京)顧問。桜美林大学東亜研究所 客員研究員。1973 年生まれ。東京大学大学院修士。国土交通省「ビジット・ジャパン・キャンペーン」中国部会メンバー、観光庁「魅力ある日本のおみやげコンテスト」審査委員、観光庁「観光おもてなし研究会」委員などを歴任、日本の大手企業の中国向けPR コンサルティング、各地方の観光コンサルティングを行う。2012 年雑誌『AERA』の「アエラが選ぶ 日本を立て直す100人」に選ばれた。

登録情報

単行本: 256ページ
出版社: 宣伝会議
ISBN/JANコード: 9784883353767
発売日: 2016/11/01
商品の寸法: 四六判

PR 視点 のインバウンド戦略―訪日中国人の興味は「爆買い」から「体験」、「都市」から「地方」へ

訪日中国人観光客は、買い物だけでなく、文化や精神的な癒しを享受する体験型の観光を楽しんでいます。体験型観光を促すために欠かせないのが、日中間のコミュニケーションを円滑にするPR視点。中国におけるコミュニケーションの専門家が、インバウンド・ビジネスを成功に導くヒントをお伝えします。

¥ 1,900(税別)

カートに入れる アマゾンで買う
PR 視点 のインバウンド戦略―訪日中国人の興味は「爆買い」から「体験」、「都市」から「地方」へ

クチコミ・コメント

宣伝会議