ホーム > 雑誌・書籍を読む > 企画・アイデア/コピーライティング > 広告は、社会を揺さぶった ボーヴォワールの娘たち

広告は、社会を揺さぶった ボーヴォワールの娘たち

いま、どのくらい「女の時代」なのかな。

¥ 2,160(税込)

カートに入れる アマゾンで買う

広告は、社会を揺さぶった ボーヴォワールの娘たち

商品の説明

『いま、どのくらい「女の時代」なのかな。』これは糸井重里氏が35年前に書いた西武のコピー。女性の活躍推進が声高に叫ばれる中、この言葉はいまなお通用する強い響きを持っているのではないか。広告のたった一行のキャッチコピーが大鉈を振るうような切れ味で時代や世相を斬り、人の心を揺さぶり動かす。その結果、女性の生き方やライフスタイルを変えてきた。時代を牽引車としての広告、女性たちの変遷と時代の変化をコピーライター脇田直枝氏が読み解く。

特別寄稿:糸井重里、渡邉嘉子、日暮真三ほか

著者紹介

脇田直枝

コピーライター。元電通EYE社長。早稲田大学卒業後、フリーを経て電通入社。男社会の牙城だった広告業界で女性だけの広告代理店(株)電通EYE を設立、代表取締役を務めた。集英社『COSMOPOLITAN』創刊時、「この雑誌には、エクスタシーがある」という広告コピーをはじめ、国鉄、サントリー、松下電器、など数多くのキャンペーンを手がけ、時代時代で女性たちを鼓舞し、牽引してきた。

2000年東京都「第2回男女労働者に優しい職場推進企業 能力活用特別賞」、2001年モンブラン社「第1回ビジネス・ウーマン・オブ・ザ・イヤー賞」、2003年「第43回日本宣伝賞吉田賞」など受賞。

目次

20世紀、戦後70年の間に、女性の地殻変動が3回あった

Ⅰ ベアテ・シロタ ショック
ベアテ・シロタの「婦人参政権という大波」

  • 昔のお母さんたちの仕事
  • 女性の仕事は、家では内助の功、外でも内助の功

Ⅱ ウーマン・リブ ショック
太平洋からウーマン・リブは漣となってマスコミを揺さぶった

日本にも「飛んでる女」は飛んできて草の根に広がった
  • 女性への援護射撃はこの広告から始まった
  • 独り立ちへの援護となったディスカバー・ジャパン
  • おだてられながら、買いながら、女性は考えた
  • キミの心を代弁します1
  • 浮かれた女性に苦言の一撃!
  • キミの心を代弁します2
  • 鏡の中の自分を見つめなさい

均等法前夜 地盤変化を皮膚感覚で感じ出した80年代初頭
  • ウーマン・リブは化粧品広告の表情にも影響した
  • 世界の女性たちは仕事も結婚も立派に両立していますよ
  • 男を誘惑するぐらいになりたいね
  • 国際婦人年、私たちの発言も聞いてください

Ⅲ 男女雇用機会均等法 ショック

男女雇用機会均等法の成立は男性主体社会の基盤を揺るがした
  • 言いたいこと言わせていただきます
  • 上手に夫を掌に載せていけばいいんじゃない
  • 心とカラダに筋肉をつけました
  • 自前の財布を持てば女も強くなれる
  • 仕事の楽しさ、厳しさを知りました
  • 諸君、社会に出たら勉強だ
日本人の平均寿命が伸び、 少子高齢社会に突入という報道が盛んであった
  • 男性らしさ、女性らしさって何だろう?
  • 男女格差はなお残る
  • なぜ男性には一般職採用がないのでしょう?
  • 心に筋肉をつけました、私たち
  • 女は一筋縄では計れない
  • ギャップを埋めていきたいです
  • 日本の男たちはどこへ
  • アラフォーは上手に生きている
  • 政治家に見て欲しいCM
広告が先を行っているのか、現実がこうなってきたのか、 やっぱり広告は時代の牽引車なのだと思う

まとめ

大波・小波・漣の戦後ウーマン史

登録情報

238ページ
出版社: 株式会社宣伝会議
ISBN/JANコード: ISBN978-4-88335-345-3
発売日: 2015/12/10
商品の寸法: A5判

広告は、社会を揺さぶった ボーヴォワールの娘たち

いま、どのくらい「女の時代」なのかな。

¥ 2,160(税込)

カートに入れる アマゾンで買う
広告は、社会を揺さぶった ボーヴォワールの娘たち

クチコミ・コメント

宣伝会議