ホーム > 雑誌・書籍を読む > ビジネス/働き方/その他 > 次世代郊外まちづくり 産学公民によるまちのデザイン

次世代郊外まちづくり 産学公民によるまちのデザイン

¥ 2,052(税込)

カートに入れる アマゾンで買う

住民の高齢化、若い世代の減少、コミュニティの希薄化、インフラの老朽化。郊外住宅地の多くが課題を抱えています。ベッドタウンから脱却し、多世代が暮らしやすいまちへとどのように転換してくか。郊外住宅地の再構築を目指し、東京急行電鉄株式会社が、住民、行政、専門家と共に取り組んでいるプロジェクト「次世代郊外まちづくり」は、多くの視察やヒアリング、取材を受け入れている先駆的な事例です。本書では、その6年にわたる取り組みを追い、郊外住宅地における、まちづくりの未来図を描いています。行政、まちづくり関係者、学生、エリアマネジメントに関心のある方におすすめの1冊です。

1章 郊外が抱える課題と「次世代郊外まちづくり」への道すじ
2章 「次世代郊外まちづくり」第1フェーズの取り組み
3章 「コミュニティ・リビング」実現に向けた取り組み
4章 郊外におけるまちづくりのこれから

【特別寄稿】
東京急行電鉄株式会社 取締役会長 野本弘文
 プレイヤーの一人として、まちを経営する企業でありたい

次世代郊外まちづくり 産学公民によるまちのデザイン

商品の説明

登録情報

出版社: 株式会社宣伝会議
ISBN/JANコード: 978-4-88335-436-8
発売日: 2018/04/10
商品の寸法: 四六判

次世代郊外まちづくり 産学公民によるまちのデザイン

¥ 2,052(税込)

カートに入れる アマゾンで買う
次世代郊外まちづくり 産学公民によるまちのデザイン

クチコミ・コメント

宣伝会議