月刊広報会議2011年6月号

企業ブランドを再定義 社会と企業を結ぶ言葉

¥ 1,257(税込)

アマゾンで買う

月刊広報会議2011年6月号

※ すでに定期購読中の方がデジタル版をご利用いただくには、利用申請が必要です。
こちらの案内に従い、お手続きください。

特集:企業ブランドを再定義 社会と企業を結ぶ言葉

近年、金融、保険、医療などを中心に、企業の合併・統合が続いている。新しい名前で、新しい企業として、どのように社会に認知をしてもらうか。また、社内でどのように意志統一を図り、新たな戦略を打ち出していくのか。

そのビジョンやメッセージをどのように発信していくべきなのか。また、新しい企業として社名のみならず、そこにおいて大きな要となるビジョンやスローガンを社内でどのようにつくりあげていくべきか。

そのプロセスを見直すと同時に、企業の中枢としての広報が、ブランド価値に果たす役割を考える。

この特集の目次

  • 企業がブランディングを進める上で考えておくべきこと
  • 活動の起点となる企業のメッセージ
  • 社内を巻き込む仕組みをどうつくるか
  • 長年親しまれた商品名に新しい価値を付加した社名
  • 新ブランドは、グループの活動を推進する旗頭
  • すべての活動のベースとなる経営理念の在り方
  • 言葉のマネジメントなくして企業スローガンはつくれない
  • 「すでにある価値」を掘り起こした企業メッセージ
  • M&Aブランディングの肝となる「未来視点」の考え方
  • 社会と企業を結ぶ言葉

最前線レポート: ソーシャルメディアの広報効果測定

ソーシャルメディアが一般に広がり、新デバイスも次々と登場。広報担当者は従来のマスメディアのみならず、新しいメディアへの対応も求められている。それに伴い、効果測定の方法も複雑化している。

従来のように各メディアでの露出量を測るだけではなく、メディアとメディアがどのように絡み合い、情報が拡散されていったのか。その経路をたどり、その先にある効果を見ていくことも求められる。

本特集では、いま急務となっているソーシャルメディアの効果測定について、現状で一番よい方法を考えていきたい。

この特集の目次

  • 目的が定まれば効果を測れるトライバルメディアハウス 池田紀行
  • 試行錯誤続ける先進企業 アメリカンファミリー生命保険/ニコンイメージングジャパン/バンダイナムコゲームス/インテル/沖電気工業
  • 目的に応じた指標設定 アジャイルメディア・ネットワーク 徳力基彦 /ループス・コミュニケーションズ 斉藤徹

広報パーソンのための基礎講座 :社員の気持ちを一つにする 未来視点のインナーコミュニケーション

インナーコミュニケーションが重視される背景は、より経営戦略と密着になってきた。

元気のない社員を活性化する、のではない。より強い組織になるため、第2創業期など事業変革期に自社の将来ビジョンを改めて定義し、社員に示す。

そのためのスローガンや言葉をどのようにつくり、伝えていけば、より社員に浸透し、実行されるのか。 そのヒントを探っていきたい。

この特集の目次

  • 社員共通の価値観を議論を通じて“言葉化”するノバレーゼ
  • 仕事への思いとスキルを高める社員の分科会活動らでぃっしゅぼーや
  • 社会との約束とそれを実行する組織づくり キッコーマン
  • いかに社員の一体感をつくるか森平幹男(野村総合研究所)/金井壽宏
  • 前向きに未来を考えるフューチャーセンター 東京海上日動システムズ
  • 400人収容の大コラボレーションスペースミクシィ
  • これからのオフィスに求められる 多様な知を活性化する場紺野登

青山広報会議:企業はこれから何をすればよいのか 「CSR」の新しい定義と内容

東日本大震災を受け、CSR(企業の社会的責任)が問い直されている。

従来のように、環境活動に力を入れている、地域活動に参加している……ということではなく、企業が本業として何に取り組むべきか。その本質が問われ始めている。

コーズマーケティングやCSV(共有価値の創造)という新しい考え方とともに、これから企業が取り組むべきことを考える。

  • 大畑智美(イケア・ジャパン)
  • 笹野ゆかり(野村ホールディングス)
  • ルディー和子(マーケティング評論家)

特集:企業ブランドを再定義 社会と企業を結ぶ言葉

  • 企業がブランディングを進める上で考えておくべきこと
  • 活動の起点となる企業のメッセージ
  • 社内を巻き込む仕組みをどうつくるか
  • 長年親しまれた商品名に新しい価値を付加した社名
  • 新ブランドは、グループの活動を推進する旗頭
  • すべての活動のベースとなる経営理念の在り方
  • 言葉のマネジメントなくして企業スローガンはつくれない
  • 「すでにある価値」を掘り起こした企業メッセージ
  • M&Aブランディングの肝となる「未来視点」の考え方
  • 社会と企業を結ぶ言葉

最前線レポート: ソーシャルメディアの広報効果測定

  • 目的が定まれば効果を測れるトライバルメディアハウス 池田紀行
  • 試行錯誤続ける先進企業 アメリカンファミリー生命保険/ニコンイメージングジャパン/バンダイナムコゲームス/インテル/沖電気工業
  • 目的に応じた指標設定 アジャイルメディア・ネットワーク 徳力基彦 /ループス・コミュニケーションズ 斉藤徹

広報パーソンのための基礎講座 :社員の気持ちを一つにする 未来視点のインナーコミュニケーション

  • 社員共通の価値観を議論を通じて“言葉化”するノバレーゼ
  • 仕事への思いとスキルを高める社員の分科会活動らでぃっしゅぼーや
  • 社会との約束とそれを実行する組織づくり キッコーマン
  • いかに社員の一体感をつくるか森平幹男(野村総合研究所)/金井壽宏
  • 前向きに未来を考えるフューチャーセンター 東京海上日動システムズ
  • 400人収容の大コラボレーションスペースミクシィ
  • これからのオフィスに求められる 多様な知を活性化する場紺野登

青山広報会議:企業はこれから何をすればよいのか 「CSR」の新しい定義と内容

  • 大畑智美(イケア・ジャパン)
  • 笹野ゆかり(野村ホールディングス)
  • ルディー和子(マーケティング評論家)

連載

【PR】

  • [PRJOURNAL]
    広報の才媛良品計画赤峰貴子 広報“私”流亀田製菓吉田琢弥
  • [経営を変える広報]
    タビオ越智勝寛
  • [広報部をつくろう!]
    ジェイアイエヌ情報の一斉解禁でネット上の話題をつくる
  • [新任広報のためのプレスリリース道場井上岳久]
    [実例編] 公募コンクールのリリース第一生命保険「サラリーマン川柳コンクール」
  • [小さなお店を流行らせる広報術]
    吉野信吾 “こんな時”のお客さんの心情
  • [地域における広報の重要性 河井孝仁]
    行政広報に求められる想像力と市民への信頼
  • 広報最前線経済広報センター/日本広報学会

【メディア】

  • [テレビ・雑誌の人気コーナーの裏側]
    フジテレビ「めざにゅ~」「ココ行こ」
  • [広報サポート企業一覧]

【リスク】

  • [社員教育に役立つ法律講座]
    TIM総合法律事務所中村勝彦 独占禁止法
  • [失敗実例・不祥事の想定被害]
    白井邦芳 突然の大規模停電想定は最悪のシナリオで
  • [不祥事を防止する社員教育]
    有賀正彦 緊急事態の妥当性確認ができる人
  • [謝罪会見の手際]
    川野憲一 められるのは正確な途中経過の公表
  • [デジタルコンテンツの著作権Q&A]
    アナログとの違いは?デジタル著作権の基礎

【IR】

  • [谷本有香キャスターのIR観]
    谷本有香 会社の将来を伝えるのは、トップの“声“
  • [海外のIR最新事情]
    米山徹幸 ~増大する外国人株主・投資家を知る~海外ロードショーに向かう米企業

【Column】

  • [データ分析・外から見た大学]
    今後は就職に強い分野への進学率が高まる?
  • [グローバルスタンダードのヒロイン分析] 心の不安を抱えるエリート・ヒロイン
  • Books
  • Information
  • 今知っておきたい広報の基礎講座

登録情報

出版社:
ISBN/JANコード:
発売日: 2011/05/01
商品の寸法:

月刊広報会議2011年6月号

企業ブランドを再定義 社会と企業を結ぶ言葉

¥ 1,257(税込)

月刊広報会議2011年6月号

クチコミ・コメント

宣伝会議